ブログ 理容よもやま話
FC2ブログ
去年の秋から、一般へ向けた広告に力を入れいている白髪ぼかし!
最初に見かけたのが、スポーツ新聞に出ていたこんな広告!


20190417_3.jpg


続いて、首都圏で実施されていないせいか、実際に目にすることはないけど、
電車のつり革を使った広告がスタートしています。


20190417_4.jpg


20190417_5.jpg


そして、ここに来て用意されたのが、電車のつり革と同じイメージPOP。
大きさは、A4コピー用紙を縦に2枚繋げたような感じで、
考えてみれば、つり革広告をそのまま大きくした形状なのかも?


20190417_1.jpg


新聞や電車のつり革で見かけたのと同じデザインで広告を用意すれば、
お客様の目にも触れやすくなります。


出来ることなら、地元を走る中央線や総武線、山手線など、
都内近郊のJR路線で広告を入れてくれると嬉しいけど、
多分、とんでもない広告費がかかるんだろうな(汗)


なお、こちらのPOPをご希望の方は、白髪ぼかし取扱いディーラーに、
「電車のつり革広告風POPをください」とお声掛けくださいね♪


20190417_6.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
リビックのFacebookに、F22シェービングスクールの案内が出ていたので、
こちらで詳しくご紹介しておきますね!


「女性お顔そりは出来ますか?」とお客様から聞かれれば、
全国、どこの理容室でも受けることは出来るし、昔からあるメニューなのに、
一般女性に認知され、本当に盛り上がってきたのは、ここ数年のことです。


理容学校では男性シェービングを習うことは出来るけど、
女性お顔そりの特化した技術や経営専門の授業というものもないし、
多くの女性理容師さんは、自分の母親や、ご主人のお義母さん、または、
先輩から習ってきたというのが、ほとんどではないでしょうか?


そんな中、自分が今やっているお顔そり技術で良いのだろうか?
もっとお客様に喜ばれる、レベルの高い技術を身に付けたいけどどうしたらいい?
また、女性お顔そり集客はどうするの?サロン経営は?といった、
多くの女性理容師さんのお悩みを解消するのが、F22シェービングスクールです。


今まで行われていたお顔そりセミナーと言うと、
どちらかというと、化粧品の使い方を習うメーカー講習であったり、
お顔そりの機材やエステ機器を販売するための講習がほとんどで、
お顔そり技術そのものを教えてくれるセミナーはほとんどありませんでした。


どんなに良いお顔そり専用化粧品を使っていても、
どんなに良いお顔そり道具を購入していても、
お客様が再来店するかどうかを決めるのは、お顔そり技術そのものです。


女性お顔そりで「気持ち良かったわぁ~」と言いながらお帰りになっても、
次回来店しなければ、それは、お客様が満足しなかったということです。
あなたの技術が上手か上手でないかを判断しているのは、
同業者ではなく、毎月多くの女性お顔そり客が来店しているかどうかです。


そのためには、男の髭剃りとは違う、女性お顔そりを基本からを学び、
技術を磨き上げていくことで、お顔そり技術を極めていく。
それが、シェービングスクールになります。


シェービングスクール講師は全員、月間お顔そり客数が100名以上です。
お顔そりメニューだけの年間売り上げも、最低でも400万円以上の方ばかり。
中には、年間1,200万円を超えている女性理容師さんが何人もいます。
自分のやりたいことは、実際にやっている人に教えてもらうことが大事です。


スクールは、一人の講師に対して最大2名の生徒募集枠になっていて、
生徒さんが相モデルになるので、ほぼマンツーマンでの指導スタイルになります。
学校のように、一人の先生で何人もの生徒を担当するわけではないので、
33時間の授業時間すべてが、あなたに関わる時間になります。


20190416_2.jpg


20190415_19.jpg


20190415_20.jpg


女性お顔そりで頑張りたい方は、このチャンスをぜひご利用ください。
チャンスの女神には前髪しかありません。
後で振り向いて掴もうとしても、後ろ髪は無いかも知れません(笑)


20190416_1.jpg


日程:5/14(火)、6/18(火)、7/16(火)、9/17(火)、10/15(火)、11/19(火)
時間:10:00~17:00
場所:リビック東京支店3F(田園都市線 桜新町下車7分)
受講料:194,400円(税込) ※テキスト代、ディプロマ発行代を含む。
募集人員:6名
講師:お顔そり美容法認定講師 佐藤まどか、宇野紀代実、和田聡美



このブログを公開する時点で、2名のお申し込みがありましたので、
残り枠4名の募集となります。


参加希望の方は、申込書にご記入の上、FAXでお申込みをいただくか、
FacebookメッセージかLINEトークからで構いませんので、
タイトルに「F22シェービングスクール東京校申し込み」と書き、
サロン名、氏名、ご住所、電話番号をお知らせくだされば、
私から連絡を入れておきます。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
毎月1回、田園調布線の桜新町駅から徒歩7分ほどにある、
理美容商社リビック3Fにあるセミナー会場で行われているのが、
シェービングアカデミーやスクール卒業生によるお顔そり美容法東京練習会。


今回のテーマは、張り手の正確さとカミソリに付いた泡をしっかりとることへの意識。
男性シェービングでの張り手は、2本の指で皮膚を貼ることを意識しているけど、
お顔そり美容法では、どの筋肉に沿ってカミソリを走行するかを考えた上で、
どの筋肉に対して張り手をすれば良いのかを考える独自の考え方。
そのため、ほとんどが指一本で、張り手をしていくことに。


そしてもう一つが、お顔そり走行の際にカミソリに付いてくる、
お顔そりの泡を、紙ペーパーで確実に拭きとっていくことへの意識の持ち方。


カミソリに付いた泡はペーパーで拭き取るけど、
その泡が十分に拭き取れていないと、それがまた顔に付着してしまい、
それを取るために指で肌をぬぐうことで、摩擦と言う肌ストレスになることから、
意識して、カミソリに付いた泡をキレイに拭っていきます。


相モデルで施術を受けていても、モデルさんも鏡で施術をしっかり確認。


20190415_11.jpg


今日のセミナーの中で印象的だった言葉は、
「カミソリを肌に置き、重さを感じて、その重さで剃っていく」ということ。
その一言で、モデルさんがビックリするほどにカミソリの当たり方が変わる。


20190415_12.jpg


20190415_13.jpg


20190415_14.jpg


施術者は、モデルさんに持ってもらった鏡を見ながら、
自分の指が正確にリンパを流していくのかを目で確認していく。


20190415_15.jpg


また時には、見えにくいあご下への施術をモデルさんの足元側からも確認。


20190415_16.jpg


ここの練習会に参加出来る資格を持つのは、
過去に、シェービングアカデミーかシェービングスクール卒業した人だけど、
卒業したから終わりでなく、こうしてフォローが行われているのも重要。
というのも、技術は気を付けていても自己流になって行くので、
時おり、講師の目でチェックしてもらい、修正していくことが大切です。


20190415_18.jpg


20190415_19.jpg


20190415_20.jpg


こちらは、シェービングアカデミーを卒業して5年目になる女性理容師さん。
さすがに、流れるような施術で、安心して見ていられます(笑)


20190415_21.jpg


20190415_22.jpg


皆様、お休みのところ、お疲れさまでした!
身に付けた技術や練習で学んだことは、あなたを裏切りません。
必ず、大きな集客として帰ってきます。


女性お顔そりで、本気で集客したい!本気で稼ぎたい!とお思いなら、
お顔そり技術を徹底的に極めていくことが一番です。
この中にも、月間100名オーバーサロンが何人もいるけど、
来年には、もっと増えているんだろうな!


20190415_23.jpg


女性お顔そり、ますます楽しみです♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
マーケティングの世界で言われている言葉です。


お客さまはたくさん似たような店があって、どこから買ってもいい、
あるいはどこからも買わないという選択肢がありながら、
どうしてあなたのところで買わなければならないのか?



お顔そり美容法という価値の高い技術商品があったとしても、
その価値が伝わっていなければ、メニューとして存在していないのと一緒だし、
仮に、その価値がお客様に伝わっていたとしても、どこのお店でも良いのではなく、
あなたのお店でやりたいと思っていただけないと、意味がありません。


そのために、製作のお手伝いをしているのが、
お顔そり美容法の流れと施術してくださる方を紹介するお顔そりスライドショー。


お客様がお顔そりに、そしてお顔そり美容法に興味を持ってくださっても、
初めてのお顔そりには不安があります。
一番は、どんな人が自分を担当してくれるんだろう?ということ。


こうした不安を解消するために、スライドショーの最後の部分で、
施術してくださる技術者のこんな感じの立ちポーズを入れていました。


20190415_1.jpg


こうしたスライドショーを見て、自分も作りたい!という方も多いのですが、
中には「顔出しするのはちょっと…」という方もいらっしゃったので、
こんなご提案をさせていただきました。


お顔そり施術中はマスクをしているでしょうから、
マスクをして、施術しているシーンを写真に撮ってもらい、
それをいれてみたらいかがですか?ということ。


例えば、こんな写真があったと仮定します。
あっ、こちらは、東京で行われたお顔そり体験会の時の1シーンです。


20190415_3.jpg


これをスライドショーの最後に入れて、後半部分20秒のスライドに切り出したがこちらです。





名前もフルネームを載せるのには抵抗があるなら、
名字は入れずにお名前だけの掲載でも良いと思いますよ!


技術される方の横顔からも自信が伝わってくるし、
ぜひ、やってもらいたい!という気持ちにもなっていただけます。


顔出しは抵抗があるけど、スライドショーで宣伝したいという方は、
こうした写真の利用方法もいかがでしょうか?


なお、スライドショー製作依頼については、
こちらの記事でご紹介しているので、参考にしてくださいね!


お顔そり美容法の価値を伝えるスライドショーを作りませんか?



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
一昨年の11月末ころだったかな?
F22女性お顔そり専用化粧品シリーズをお使いに方に向け、
「花柄の可愛いシェービングカッププレゼント」という企画が行われ、
こんな感じのカップがプレゼントされたをのを覚えてますか?!


20190413_9.jpg


手作りと言うこともあり、当初は50コだけという話だったものが、
追加で50コ作られることになり、合計で100コだけのプレゼントでした。


その後も「ブログの過去記事に出ていた花柄カップはありませんか?」と、
ご質問をいただくことも多かったけど、すでに完売だったんです。


そして、ここに来て発売元のRIBICからFAXが送られてきて、
どうやら、可愛い花柄シェービングカップを再発売するらしい!


ところが!
よく見てみると、カップの形が微妙に違うような…


20190413_10.jpg


前回のカップは「パーフェクトシェービングカップ」といって、
柔らかい曲線タイプだけど、今回は「ラスティクシェービングカップ」で、
スタンダードな角型をしているカップです。


どうなんだろう?と気になったけど、こういう時は現品を見るのが一番!
ということで、発売されたばかりの2色を取り寄せてみた。


20190413_1.jpg


カタログで見るよりも、可愛いし、角型であることも気にならない。
ということで、せっかく取り寄せたのだから、
カタログでは見えない向きの写真もお見せしておきますね!


まずはロゼピンクから。


20190413_2.jpg


20190413_3.jpg


20190413_4.jpg


続いて、こちらはロゼブルー。


20190413_5.jpg


20190413_6.jpg


20190413_7.jpg


実は、シェービングカップの形状の違い以上に差を感じるのが、
泡を立てるスペースの広さの違い。


下側がすぼまった曲線タイプだと、泡立てスペースが狭くなるのに対し、
こちらの角型は、十分な空間があるのが分かります。
F22レディースフォームをしっかりと泡立てすると、
まるでホワホワのホイップクリームのようになりますが、
そうすると、カップの淵からあふれてしまこともあったけど、
今回のものは、たっぷりしているから大丈夫そうです!


20190413_8.jpg


なお、今回のカップも1コ1コ手作りされたもので、
聞くところによると、発売元となるリビックの社長さんの身内の方で、
こうしたデザインをされている方がいらっしゃるのだとか。


ちなみに、今回も限定販売で数量は全部で216コ。
そのうちの6割がロゼピンク、4割がロゼブルーと言う割合で、
サロン価格は税別3,600円となります。


ご希望の方は、RIBICレディースシェービングカップと指定の上、
ロゼピンクかロゼブルーの希望色をお伝えくださいね!


また、先日もこんなお話がありました。


来週になったら化粧品を注文するので、
それまで、シェービングカップのお取り置き出来ますか?



もちろん、大丈夫です♪
ご希望のお色をお知らせいただけば、私が責任をもって確保します(笑)


なお、数量限定品につき、売り切れの節はご容赦くださいい (m´・ω・`)m



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
« Prev | HOME | Next »