ブログ 日々のこと 理容よもやま話
いつもは、LINEトークでやり取りをしながら、ご注文は宅配で送るという、
そんなお取引をしているお顔そり専門店の方から珍しいお誘い。


江沢さん、来週26日はこちら方面の予定はありますか?
江沢さんに一度〇〇〇〇に来ていただき、アドバイスが欲しいなぁなんて、
思っていますが、30〜40分くらい時間ありますか?



はい、お伺いできます。
そちらに着くのが16:30前後かと思いますので、よろしくお願いします♩



ありがとうございます🤗
そうしたら、こちらの予約も調整しますね。



ということで、こんな感じに細かな時間をお約束してお伺いしてきました。
お顔そり専門店って、基本的には男子禁制じゃないですか?
万が一にも、お顔そりを終えたお客様と顔を合わせることのないように、
訪問時間は細かく約束して、サロンでも予約を開けてくれるんです。


今は知らない場所でもカーナビがあるからどこのサロンに行くのも安心!
目的地にサロン住所を入力しておけば、あとは指示通りにすればいいからね!
そうこうするうちに「目的地に到着しました♪」なんていうから、
近くのコインパーキングに車を止め、お店を探してみるけど見当たらない…


住所だとテナントビルの3階らしい。
このあたりの建物の3階壁面に看板でも出ているかと思って見渡すけど、
それらしい看板は見当たらないし、どのビルの階段入り口にのぼり旗がないし、
A型看板も置いていない。。。


と思ったら、手書きチラシが階段横に貼り付けられているのを発見!!
お店に伺った時に、思わず言ってしまいました。


これじゃ、お店がどこにあるのか全然わかりません(汗)


お顔そりサロンからの情報発信の基本は店頭情報。
まずは、入り口そばにお顔そりのぼり旗や、ポスターを貼ったA型看板を置いて、
ここにお顔そりサロンがありますよ!とお伝えするのが大切です♪


20170927_1.jpg


20170927_2.jpg


20170927_3.jpg


こちらは、駅が近いこともあり、駅前でチラシを手渡ししているらしい。
お客様は、そこに書いてある地図を見ながら来店されるから、
迷子になることもなる来店されているけど、
せっかくだから、店頭はもっと目立つようにしたいよね♪


さてさて、相談というのは「お店のこれからのこと」。
客数もある程度確保できているし、売上金額も一つの目標には届いている。
その上で、これからどうしたら良いのか?ということなんですね!


細かなことはプライバシーでもあるので端折りますが、
私が提案した一つは、毎月通ってくれて、高いメニューをお求めいただける方と、
そうでないお客様の予約の取り方、時間配分の仕方のアドバイスなど、
お店にとって大切なお客様の「えこひいき」の仕方。


えこひいきは金銭面でのメリットはもちろん大切なんだけど、
もっと大切なのが心のえこひいき。
例えば、特別なメンバーズカードをある一定条件のお客様だけに発行し、
それをお持ちの方だけに特別な何かを用意すること。


このあたりのことを知りたい方は、この本がおススメです。
ぜひ、繰り返しお読みになると良いと思います。


20170927_4.jpg


えこひいきに関しては、サロンごとにアドバイス内容も変わってくるので、
それこそ、個別相談のおりにお話しさせていただくようにしますが、
今より、サロンをより良い方向に持っていくためには、
より良質のお客様でサロンをいっぱいにすることが大切になります。


どんな商売でも、集客のない商売はありません。
皆さんの理容室経営はもちろん、自分のような理容ディーラーだって同じ。
ただ、新規客を集めるにしても、良質なお客様を集めることが大切になります。


新規なら、良質なお客様に限らず色々な人が来てしまうでしょ?と思いがちだけど、
実は、良質であなたのお店に合ったお客様を狙って集めることも可能です。


それには、あなたがどんな人で、どんな仕事をしているのか、
あなたのお店ではどんなものが提供できるのかといったお店の持つ価値を、
あなたから発信し続けていくということです。


あなたがどんな人柄で、あなたのお店がどんな価値を提供するのか分からないから、
お客様は、試しに入ってみてみるけど、リピート率は上がりにくくなります。
その点、あなたの人柄やあなたのお店が発信する価値を知ってご来店される方は、
最初から、あなたのことを好きに、そしてリピーターになりやすいお客様です。


だからこそ、発信力が大切になってきます。


ま、こんなことをお話しして、予定の30~40分を大幅に超えてしまい、
あっという間に60分オーバー(汗)


うちも相談したいんです…という方は、とりあえずお声掛けください。
地域によってはお店にお伺いできることもあるだろうけど、
また、自分も毎月第1火曜日と第2火曜日は社内にいることが多いので、
ご相談いただければ、事務所でお話しすることもできますしね♪


それではまた!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
江沢さん、今度時間のある時に施術風景の写真を撮ってもらえませんか?


と、ご依頼をいただいたのが、1か月半ほど前のこと。
最近は、何かと用事が詰まり気味でスケジュールを合わせにくいのがお悩みです。
ということで、お取引サロンへGo!


20170926_1.jpg


今日の撮影テーマはメンズシェービングとヘッドスパ、女性お顔そり、
その他、サロン紹介に使えるような写真全般。
ということで、まずはメンズシェービングから。


20170926_2.jpg


20170926_3.jpg


20170926_4.jpg


20170926_5.jpg


続けて、ヘッドスパシーンも同じポジションだから撮影。


20170926_6.jpg


20170926_7.jpg


20170926_8.jpg


看板犬の「さくら」もふわふわに撮影♪


20170926_9.jpg


耳つぼジュエリーもオシャレに仕上げてみた!


20170926_10.jpg


20170926_11.jpg


20170926_12.jpg


レジでのやり取りとお見送りシーン。


20170926_13.jpg


20170926_14.jpg


20170926_15.jpg


カウンセリングもしっかりと撮っておかないとね!


20170926_16.jpg


20170926_17.jpg


20170926_18.jpg


いよいよ、女性お顔そりの撮影。

20170926_21.jpg



20170926_22.jpg


20170926_23.jpg


20170926_24.jpg


20170926_25.jpg


20170926_26.jpg


20170926_27.jpg


20170926_29.jpg


お顔そりを終えたときの感動シーンもこんな感じに♪


20170926_30.jpg


20170926_31.jpg


最後にプロフィール写真。


20170926_32.jpg


20170926_33.jpg


20170926_34.jpg


ふ~っ!かなりのボリュームでした(笑)
でも、お店の楽しさが伝わる写真が撮れたかな?
「このお店に行ってみようかな!」とか「あのメニューやってみようかな?」と、
たった一人でもイイから、お客様が感じてくれたらいいな~♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
前々から気になっていたのに、なかなか行く機会がなかったのが、
東京丸の内は三菱一号館美術館で行われている、レオナルド×ミケランジェロ展。
閉会まであと1週間となったので、慌ててお出かけ(汗)


20170917_1.jpg


15世紀イタリアで画家として才能を発揮し、建築、科学、そして、
解剖学の分野にまで関心を広げ「万能人」と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチ。
10代から頭角を現し「神のごとき」と称された、
レオナルドより23才年下の天才彫刻家ミケランジェロ・ブオナローティ。


今回は500年前に生きた2人の天才を対比させる日本初の展覧会で、
人や動物など自然のものを見ててデッサンした素描が注目されています。


美術展なので展示室内は撮影出来ないけど、
三菱一号美術館という建物そのものも素敵な建築です。
今までも何度か夜景撮影したことがあるんですよ。
こんな素敵な写真も撮れるんです♪


20170917_8.jpg


20170917_9.jpg


20170917_10.jpg


今日は美術館の中からiPhoneでパシャっと!


20170917_2.jpg


20170917_3.jpg


展示室内は撮影禁止になっているけど、ここは撮影用スポット。
さてさて、皆さん、こちらの素描に見覚えがありませんか?


20170917_4.jpg


左はレオナルド・ダ・ヴィンチによる素描で、
左利きのレオナルドは左上から右下へのハッチングが特徴的で、
斜線の重なりによって濃淡を表現して、陰影が生まれているんですね!


それに対して右はミケランジェロ・ブオナローティで、
クロスハッチングと呼ばれる、斜線を交差させる描き方をしています。


どちらも線だけで陰影と立体感を表現しているから、すごいですよね!


20170917_5.jpg


そして、こちらも撮影用に展示されていたもので、
ミケランジェロ・ブオナローティが手掛けた十字架を持つキリスト。
製作途中に顔に黒い線が現れたために、未完成のまま放棄されていたものを、
17世紀の初めにミケランジェロ以外の彫刻家の手で仕上げられたものです。


20170917_6.jpg


この写真の左奥に書かれている言葉を読むとゾクッとしますよ。


余分なものを取り除くことによって
荒々しく硬い石から生命ある像が得られ、
石が減るに従って像が大きくなるように…

by ミケランジェロ



高さ2.5mの荒々しい1つの大理石の塊から、命あるものを生み出していく姿が、
ひしひしと伝わってくるような文章ですよね♪


歩き疲れたので、東京駅前にあるKITTEのビアレストランへ行き、
TOKYO隅田川ブルーイング「ケルシュスタイル」という地ビールをオーダー。
フルーティで華やかな味わいとスキッとした後味が飲みやすいね!


20170917_7.jpg


TOKYO隅田川ブルーイングは限られたお店だけの提供のようだけど、
飲んでみたい!という方はお近くのお店を探してみてくださいね!


アサヒビール クラフトビール取扱店



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
100社ほどの理容ディーラーが集まる理美容商社代理店総会へ出席してきました。
ホテルに一泊することもあり、部屋は同業の社長さんと二人部屋になるけど、
そんな中で、色々と話して改めて思ったのが、ブログの重要性。


今はSNSの時代と言われているように、Facebook、Twitter、Instagramなど、
個人が発信し、お互いが交流するスタイルがweb活用法になっていますよね?


ところが、商品を紹介するために自分のFacebook記事を見せようとしても、
自分が書いた記事なのに、見つけきれないことが多いという言うんですね!
確かに、Facebookでは記事内容で文字検索することが出来ないし、
記事そのものも、時間とともに流れて行ってしまうから、
蓄積して活用するという使い方が難しい。


Twitterは検索が出来るけど、1投稿の文字数制限が140文字だから、
あまり詳しい商品紹介をすることは出来ない。


あと、Instagramはどうなんだろう?
アカウントは持っているけど、使ったことがないから分からない(汗)


そう考えると、記事を蓄積することや文字検索することが出来るブログって、
やっぱり、重要な情報発信ツールだと思うんですよね!
これは、ディーラーという仕事に限らず、多くの読者の皆さんのように、
理容室やお顔そりサロンという業態でも一緒です。


これは繰り返しお伝えしていることだけど、
どんなに良いメニューであっても、伝わらなければやっていないのと一緒だし、
どんなに良いお店であっても、伝えていなければ存在しないのと一緒なんです。
だからこそ、伝わる形でしっかりとお伝えすることが大切です。


ブログを書くのは大変で…という方も多いけど、
それは、文章を書くことに慣れていないからだと思うんです。


髪の毛をカットすることも、女性のお顔そりもそうだけど、
練習する人数が少なければ上達にも時間がかかります。
だから、上手な文章を書こう!と思って、たま~に記事を書くよりも、
自分の言葉で自分の考え方であったり、自分の思いであったりを、
短い文章でも、つたない言葉でも構わないから、まめに書くことが大切です。


そうそう!
伝えていないという点でこんなことがありました。


代理店総会では約1時間の商談コーナーという時間が設けられていて、
数十社のメーカーが自慢の商品を出品してディーラー社長にアピールするけど、
そんな中、当社でも大人気商品となっているホットブローブラシを見かけたので、
話を聞いてみることにしました。


20170912_1.jpg


20170912_2.jpg


20170912_3.jpg


今もまたメーカー欠品になっていて、次の入荷は9月末と聞いていたけど、
どうやら、来週早々には間に合うようになったらしい。
あと、ネットではあまり見かけないことを何となく聞いてみたところ…


なんと!


この商品は出荷時にナンバーリングして、単品管理を行っているので、
ネットで販売されている場合はそれを実際に買い上げるという手法で、
サロンからの流通中心に戻せるよう配慮しているのだとか!


本来は、こうしたことをしっかりと伝えてくれると、
サロンの皆さんも安心してお客様にお勧めできるようになるのにね♪
これも、しっかりと伝えていないから、伝わっていないことの一例です。


また、お客様からはこんなお声をいただいたこともありました。


こんにちは!注文お願いします。ホットブローブラシ1個。
お顔そりのお客様が江沢さんのPOPを見てブラシを注文されました。
よろしくお願いします♪



これもブラシを自由に使えるように置いておくだけでは、
ホットブローブラシの本当の良さは、お客様に伝わりません。


ホットブローブラシを使うと、あなたの生活がどれだけ快適になるのかを、
伝えるべき人に伝えることが大切です。


お顔そりのお客様は、ブラシなんて買うつもりはなかったのに、
自分にとって役立つ情報を知ることで約1万円のお買い物をされました。
これも伝えることの大切さです♪


ちなみに、こちらのPOPをご希望の方には無料で差し上げますので、
ご注文の際にでも、お気軽にお声掛けくださいね!


20170912_4.jpg


なお、ご質問やサロン価格は、Facebookメッセージ、LINE@トークから
お気軽にお問い合わせくださいね!


あっ!スマホでこのブログ記事をお読みになっている方で、
まだLINE@に登録していない場合は、下の友だち追加ボタンから登録が可能です。
自動返信メールが届いたら、サロン名とお名前を教えて下さいね♪
よろしくお願いします。


友だち追加



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
アド街ック天国で江戸川区船堀が紹介されていた中で気になったのが、
田島硝子で作っている富士山ロックグラス。
この会社は江戸硝子や江戸切子を製造している硝子工場らしいけど、
最近では、硝子を特殊な金型に入れて形成する「富士山グラス」が、
人気になっているというので早速お取り寄せ(笑)


伝統の材料や技術を使いながらも、見た目の楽しさを大切にしている点が、
今の時代に喜ばれるんじゃないかな~?


それに、珍しいものをFacebookなどのSNSにアップしたいから購入するという、
SNS消費という文化も生まれているそうですよ!


消費者庁が行った意識調査によると、
写真や動画をFacebookやTwitter、Instagramにアップしている人は、
4人のうちの1人はいるというから、仲間内の飲み会が開かれたら、
その中の誰か一人は写真をアップしているってことですよね!


その人たちに、撮影のために何をしたかをと聞くと、
「旅行」、「外食」、「友達と集まる」が上位三位だとか。


若い人はお顔を使わないという話をよく聞くけど、
そうじゃなくて、SNSにアップしたいものにはお金を使うってことなんでしょうね!
よく「インスタ映え」っていうしね(汗)


ということで、富士山ロックグラスを撮影してみました。


20170910_1.jpg


20170910_2.jpg


20170910_3.jpg


さて、ここからが本領発揮です!
赤ワインやサングリアを入れれば、赤富士が浮かび上がる!


20170910_4.jpg


ビールやウィスキーを入れてみれば黄金の富士山に!


20170910_5.jpg


なお、ガラス製のコップということもあり、
男性の誕生日や記念日に、名前やメッセージを彫り込んで、
プレゼントする例も増えているようで、人気になっているそうですよ!


確かに、こんなグラスにお祝いの言葉や名前が彫ってあったら嬉しいよね!
気になる人は、「田島硝子 富士山ロックグラス」で検索してみてくださいね♪


ちなみに、撮影はこんな感じでやってます(笑)


20170910_6.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »