ブログ 日々のこと 理容よもやま話
FC2ブログ
年をとってきたせいなのか、それとも御朱印ブームで気になるのか、
去年から七福神巡りをするようになっています。


去年は「七福神巡りに行きたい!」と思い立ったのが、1月20日のこと。
ところが、七福神巡りは正月の間だけというところも多く、
自分が知っているだけでも、東京には25ヶ所の七福神めぐりがあるけど、
そのほとんどが、1月1日から1月7日までとか、1月15日までとなっていて、
通年で七福神巡りが出来るのは、浅草名所七福神、雑司ヶ谷七福神、
そして、去年出かけた、新宿山ノ手七福神の3つくらいじゃないかな?


ということで、今回は東京で一番古くから七福神巡りが行われているという、
元祖山手七福神へお出かけ!


元祖と付くとおり、江戸で初めての七福神巡りといわれていたほど歴史が古く、
コースは目黒区の下目黒からJR目黒駅を挟んで、港区の白金台までを、
歩くようになっています。ちなみに、去年出かけた山手七福神も、
名前は似ているけど、まったくの別コースなのでお気を付けくださいね♪


スタートは、JR目黒駅から徒歩15分ほどにある、
目黒不動境内にある滝泉寺(恵比寿様)から。
ここで七福神巡りの色紙を購入して、御朱印をいただきます。


20190102_1.jpg


そうそう!元祖山手七福神は廻り方でご利益が変わると言われてます。
目黒区の寺院から港区の寺院を巡るコースだと「商売繁盛祈願」、
港区の寺院から目黒区の寺院を巡るコースだと「無病息災・長寿祈願」なので、
今回は、皆さんの商売繁盛を祈願して目黒からのスタートです♪


20190102_0.jpg


JR目黒駅に戻るように蟠竜寺(弁財天様)へ行き、
目黒川の最後は、JR目黒駅からほど近い大円寺(大黒天様)へ。


20190102_2.jpg


20190102_3.jpg


ここで駅前のコーヒーショップで休憩(汗)


この先は港区側に行くので、JR目黒駅を超えて反対側へ。
さらにJR目黒駅からほど近い妙円寺(福禄寿様、寿老人様)へ行き、


瑞聖寺(布袋尊様)は社務所を建て替えたばかりなのか、近代的な建物(驚)


20190102_4.jpg


いよいよラストは覚林寺(毘沙門天様)。


20190102_5.jpg


そして、七福神巡りで行く先々で御朱印をいただいたので、
全部廻り切り、元祖山手七福神巡りの色紙が完成!


20190102_6.jpg


iPhoneの万歩計によると、自宅のある高円寺から出て目黒に行き、
元祖山手七福神を廻って帰ってきて、15,300歩。
コーヒーショップで休憩時間を入れて、約3時間と言うコースでしょうか?


こちらは、1月1日から1月7日までとなっているので、
商売繁盛祈願でぜひ出かけたい!と言う方は、
正月休みの間か、1月7日(月)の定休日にお出かけになってくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
20190101_1.jpg


昨年は、平成最後の〇〇〇〇!と騒がれる1年となりましたが、
一つの時代が終わり、次の時代に移っていくという意味で考えると、
理容業界でも大きな変動を感じる1年となりました。


わずか5年前、女性お顔そりで来店されるお客様は多くは無く、
月に10名のお顔そりがあると頑張っているサロンという言い方をされましたが、
その後、女性お顔そり技術を学ぶ場が提供され、集客の仕組みが出来たこともあり、
多くの女性客をお迎えする理容室、お顔そり専門店が増え続け、
今年は、月間100名を超える女性客をお迎えするサロンが、続々誕生しました!


今までも、過去に何度か「お顔そりブーム」というものが訪れ、
美顔術、お顔そりでエステなどで理容室が盛り上がることはありましたが、
それでも、女性お顔そり人数が大きく増えることも少なく、
そして、いつかブームは終わっていきました。


でも、今回のお顔そりは一過性のブームではなく、
理容室の新しい業態として、多くのサロンで定着しつつあります。
それは、女性がご主人と同等以上に売上を伸ばすことが出来ていることからも、
単なるブームではないことが実感されます。


営業の世界で言われていることですが、
去年と同じ営業マンが、去年と同じお客様に対して、
去年と同じ商品を去年と同じ売り方で売っていると、売上は下がります。
そして、それを続けていると、売上は下がり続けます。


だからこそ、新しい価値を持ったお客様、新しい価値を持った商品、
新しい価値を持った売り方を常に模索し続けていくことが大切になって行きます。


今年、考えていることの一つに訪問理容と言うものがあります。
今現在、理容室にご来店いただいているお客様の中にも、
足が不自由になってきた…などで、訪問理容を望まれる声が増えつつあります。


この声は、今後増えることあっても、減ることは無いと考えられます。
また、こうしたお客様が増えるという事は、来店されるお客様が減るという意味で、
今後の理容ビジネスを考えて行く上でも、大切なポイントでしょう。


今までご来店いただいていたお客様に向けた新しいサービスとして、
または、そうしたサービスを求めていらっしゃる富裕層に向けたものとして、
今後の理容ビジネスの一つとして、考えることもしていきたいと思っています。


なお今年は、訪問理容ビジネスセミナー開催も企画検討しているので、
今後の理容ビジネスを占う意味でも、参加されることお勧めいたします。


講師には、30年前から訪問理容に本格的に取り組み、
現在は50ヶ所以上の施設と契約することで、大きなビジネスにしている方を、
お迎えする予定なので、訪問理容ビジネスの可能性も実感できるかも?!


詳しくは、年明けの営業でご案内しますね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
毎年、激動の一年だと思いながら過ごしているけど、
今年もまた、理容業界が大きく様変わりする激動の一年でした!


つい先日のことですが、朝の7時過ぎだったかな?
お取引先の女性理容師さんから、1通のLINEトークが送られてきました。


おはようございます😃
昨日、今月100人目の女性お顔そりのお客様にご来店をいただきました。

東京勉強会に参加し、仲間たちのすすめでお顔そり美容法スクールへ。
途中、人と比べて落ち込んだ事もありましたが、
周りの方々に支えられながら沢山のお客様を迎えることができました。
江沢さんありがとうございました🙏



嬉しいですよね!先月に続き、月間100名達成サロンの誕生です。
というか、ここ数ヶ月、連続で誕生しているような気がします♪


女性お顔そりで100人というと、とてつもない数字に思えるけど、
実際には、月間に25日の営業日数で計算して、1日に4人。
決して、忙しすぎてどうにもならないという人数ではないでしょ?


実際、月に100人以上の女性お顔そりをしながらも、
100人のご主人のヘルプに入っているという女性理容師さんもいます(笑)
それでも本人は、そんなに忙しくないけど、去年より数字がいいのよ~と、
楽しそうにお話ししてくれます。


そうそう!仕事は真面目に頑張って働かないといけないと思っている人と、
仕事は趣味と同じくらいに楽しいと思って働いている人では、
忙しさの受け止め方も違ってきます。


自分の好きなことなら、何時間やっても楽しくいられるし、
休憩時間であっても、休みの日でも、楽しんで仕事をすることが出来ます。


今の時代、24時間365日、インターネットにつながっているので、
以前のように、仕事の日は仕事、休みの日は休みと、
ハッキリ区分けする必要もなくなりました。


仕事と遊びを区別するのではなく、遊ぶように楽しく仕事をし、
仕事をするように真剣に遊ぶ時代なのだと思っています。
遊ぶように仕事と言うと不謹慎に思われるかも知れないけど、
こんな格言もあります。


之れを知る者は之れを好む者にしかず。
之れを好む者は之れを楽しむものにしかず



孔子の論語に出てくる一説ですが、こんな意味です。


あることを理解している人は知識があるけれど、
そのことを好きな人にはかなわない。
あることを好きな人は、それを楽しんでいる人に及ばないものである


つまり、楽しむように仕事をする人が一番強いってことですね(笑)
そうした意味も込め、2019年が皆様にとって、
楽しく仕事の出来る一年になるよう、心からお祈り申し上げます。


なお、新年は2019年1月5日(土)より、通常営業とさせていただきます♪


20181229_1.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
理容ディーラーと言えば、営業担当者が一定期間ごとに取引サロンを訪問し、
新製品の紹介、お買い得情報、お役立ち情報などをお届けしながら、
不足している化粧品や消耗品の補充をしていくという、
どちらかと言えば、昔ながらの御用聞きスタイルのお仕事だけど、
私が担当すさせていただいている取引先のうち半数以上のサロン様は、
ほとんどというか、まったく訪問することのないサロン様(汗)


遠方のお客様で宅配便でのお届けだけしか出来ないサロンもあるし、
それほど遠くはないけど、女性お顔そり専門店なので、
営業時間中は男子禁制というお店だってある。


それでも、何かのきっかけで、このブログを見つけてくれて読み始めたり、
お顔そりを頑張る友だちに紹介されたことで、このブログを知り、
その後、Facebookで友達申請、LINE@での友だち追加などをいただき、
うっかりすると、実際に訪問しているお取引先以上に、
頻繁にメッセージのやり取りを行うほどになっていたりして(笑)


そんなこともあり、定期的な訪問はまったく出来ていない上に、
顔を合わせるのも、たまのセミナーやイベントの時くらいという方を始め、
中には、一度も会ったことのないお取引先だっている状態。


そこで、普段、お会いできないお取引先だけにプレゼントと思い、
レジ横で使えるような、卓上カレンダーを作ってみたのが先月のこと。


20181227_1.jpg


20181227_2.jpg


20181227_3.jpg


ご注文があった時に、宅配便の荷物に入れてお送りしてきました。
そして、1週間ほど前のことだったかな~。余ることはないかと思い、
「卓上カレンダーの残りはいくつある?」と物流担当に問い合わせたら、
「あと20枚ほどで終了です!」と連絡があったんですね!


それなら、年末までにちょうど無くなるくらいかと思い、
今朝になって「あといくつある?」と聞いたら「残り58枚です」って…
え~、前より増えてるじゃないか! (/・ω・)/


どうやら、最初の問い合わせの時に、パッと見た目だけで判断したようで、
きちんとは数えてくれなかったらしい。


ところが、今日からでは年内営業日もあと3日しか無いし、
地方向けの宅配便受付も昨日の最終便で終了しているから、
このままでは、そっくり余ってしまう(涙)
う~ん、報告が間違うと、経営判断も間違ってしまうな~


ということで、年末年始にあいさつに来られるメーカーや商社さん向けに、
こんなPOP付きで卓上カレンダーを置いてみました!


20181227_4.jpg


こんな卓上カレンダーなら、営業デスクに置く人もいるかも知れないしね!
また、このブログ記事ををお読みいただいているお客様の中でも、
この卓上カレンダーが欲しい!という方がいらしたらお分けしますので、
FacebookメッセージかLINEトークでお気軽にお声掛けください。


お届けは年明けになるかも知れませんが、
カレンダー残数がある限り、ご用意させていただきますね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
ここ数年、ご夫婦サロン様が積極的に活用しているのが、
商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者を対象とした、
「小規模事業者持続化補助金」という制度で、
経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、
原則50万円を上限にして補助金(補助率2/3)が出る仕組みです。


20181222_1_1.jpg


ま~、最初の書き出しを読んだだけで頭が痛くなるけど、
実は、とってもお得な制度なので、しっかりと理解していきましょう!


まず、小規模事業者の定義についてご説明しますね!
理容室はサービス業(宿泊業・娯楽業以外)という分類に入るので、
常時使用する従業員の数が5人以下のお店が対象になります。
つまり、ご夫婦サロンや、ご家族経営サロンが対象になるということです。


次に、「小規模事業者持続化補助金」制度を分かりやすく言うと、
家族経営のような小さなお店が、今の商売を続け発展させていたくために、
商工会・商工会議所のお手伝いを受けながら今後の経営を考え、
新規集客方法や客単価アップなど販路拡大などを行えば、
そこにかかる費用の2/3、金額にして50万円まで出しますよ!という、
とってもお得な仕組みです。


ここで言う、費用の2/3、金額にして50万円というのは、
新規集客方法や客単価アップなど販路拡大のために75万円投資するなら、
その中の2/3、50万円は出してあげますという意味になり、
サロン側の自己負担は、75万円の中の25万円だけになります。


ここまでで、何となく得だな!というのが見えてきましたか?(笑)


それじゃ、理容室の方がどんな利用方法を今までにしてきたのか、
ご相談のあったものから拾ってみますね!


女性お顔そり集客のために、お顔そりチラシを制作、新聞折込をする。

お顔そり客の客単価を上げるために、美容機器のコアデザインを導入する。

女性お顔そり用に、フルフラットになる理容椅子を導入する。

女性お顔そり用に、サロンの一角を仕切るカーテン取付工事を行う。

子供客を増やすために、キッズカーの付いた理容椅子を導入する。

疲れの溜まっている男性客のために、リンパマッサージスクールに通う。

自店のウェブサイト作りをプロの専門業者に発注する

集客のために、店頭に看板を新しく設置する

ヘッドスパを始めるため、シャンプーブースを改装する



つまり、お客様を増やすためであったり、客単価を上げていくため、
そこに必要な費用であれば、補助金の対象になります。


商売の持続発展に必要なのは、客数を増やすことと客単価を上げること。
客数は、新規客数を増やすのとリピーター数を増やす二つがあるし、
客単価を上げるためには、メニューの見直しや新規導入も考えられる。
つまり、理容師が考える「売上をもっと伸ばしたい!」と思った時に、
色々な投資が考えられるわけで、そのほとんどに当てはまるのが、
「小規模事業者持続化補助金」ということになります。


ただ、ここまでの説明は、あくまでも前回の公募であった、
「平成30年度補正予算小規模事業者持続化補助金」のものなので、
果たして、平成31年にも行われるのかどうかは、まだわかっていません。


ただ過去の実績では、平成27年度以降、3年連続で実施されているので、
来年度においても、実施の可能性は高いと見て良いかと思っています。
実施時期も、今年と変わらなければ、3月上旬の公募開始になるかな?


それじゃ、まだ時間があるよね?!と思うかもしれないけど、
公募が開始されたときは、必要な書類をすぐに提出出来ることが肝心!


なので、経営計画書、補助事業計画書などの必要書類を作るために、
前もって、地域の商工会議所に相談し、書類作成をすることになるので、
来年度もこの補助金が実施される!という情報を掴んだ時点で、
書類作成が始められるよう準備してくださいね♪


ちなみに、今年のスケジュールはこんな感じでした。


申し込み受付開始 平成30年3月9日
日本商工会議所への書類送付締め切り 平成30年5月18日
採択結果発表 平成30年7月19日
補助事業実施期間 交付決定日~平成30年12月31日


なお、この補助金は申請すれば誰でも受けられるというものではなくて、
事業の有効性などの観点から審査が行われ、
採択されるものもあれば、否決されるものもあり、
今まで聞いたお話では、採択率は3割以下という言い方が多いようです。


それでも、申請する人が少ない地域は審査が緩かったり、
申請する人が多い地域は、厳しくなるなど、色々な要素があるので、
まずは、商工会や商工会議所の方と相談しながら、
書式にしたがって必要な提出用書類をお作りになってくださいね!


ちなみに、こちらは某理容師さんが作られたものだけど、
全体で20ページほどで、現状の経営分析から、今後の事業計画など、
非常に分かりやすくまとまった作り方になっています。


20181222_3.jpg


なお、自分も小規模事業持続化補助金を申請してみたい!という方は、
地元の商工会や商工会議所に問い合わせてみてください♪


また、小規模事業持続化補助金採択後に実際に行われる、
新聞折込チラシ作りやエステ機器や理容椅子、シャンプー機材の導入などには、
見積書、納品書、請求書が必要であったり、
代金の支払いは現金払いでなく、振込でないといけないなど、
色々な決まり事があるので、その際は、個別にご相談くださいね!


20181222_2.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
« Prev | HOME | Next »