ブログ ヘッドスパ講習会はないの? 理容よもやま話
FC2ブログ
クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



こちらは30代後半のご夫婦お二人の理容室。

この辺りではご年配のお店が多いせいなのか、
こちらのお店にはお顔剃り、まつげカールをされる女性のお客様が
ずいぶんと多く集まって来ているみたい。


道具屋さん、最近、女性のお客様から言われるんだけど
ヘッドスパを受けてみたいってお声が多いの。
これって、どこかで講習とかやってないかな?



う~ん、"ヘッドスパ"って雑誌や広告で見かけることが多いけど
お客様がやってみたいと言っているヘッドスパって
どんなものなんでしょうね? ヾ(;´▽`A``アセアセ


メニューとして考えてみると


頭皮のクレンジング → 頭皮の保湿 → 頭皮の清涼


という流れが基本になるのかな?


クレンジング一つを取ってみても
頭皮専用クレンジング剤、クリーム、オイルを使うものなんかがあるし
色々なものが色々なメーカーから発売されています。


ただ、雑誌などから受けるイメージで考えてみると・・・


ゆったりとしたリラクゼーションチェアに身体を預け
女性の技術者がゆったりとしたリズムで
頭皮をマッサージしてくれたり、スチームを当ててくれたり。


実際の頭皮への効果はもちろんなんだろうけど
それ以上に、心のリラクゼーションを重視しているのが
ヘッドスパの特徴なんでしょうね~


技術者がメニューを考える時、
どうしても技術内容と効果という部分を一番に考えるけど
それだけだと、お客様の求めているもの、期待しているものとの
ズレが出やすいんですよね。


お客様の欲しがっている「価値」は何なのか?

お客様の期待している「イメージ」はどうなのか?


お客様に求められているものが"リラクゼーション"なら
技術を勉強することは、もちろん大切なことだけど
それと同じくらいに大切なことがあります。


それは・・・


心を癒すための空間作りと雰囲気作り (*´д`*)



お店に置いていある電話の着信音を鳥のさえずりに替えることだって
サロンの空間作り、雰囲気作りの第一歩ですよ ( ̄ー+ ̄)キラン


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
最高の講習会は、専門店に赴き、

自ら新規客となってみる体験かな、などと思います。

売り手側の情報を集める事と、買い手になって情報を得る事。

これを並行して取り組むと、色んな気付きがあるのかな、などと思います。
>エロ侍さん

潜入取材ですね!
専門店ならではの気づきも心配りもあるでしょうし
足りない点も気づくのでしょうね。
友人のお店であっても、自店であっても
お金を払ってメニューを買ってみることが大切ですね♪

管理者のみに表示