ブログ オンラインサポート(前編) 理容よもやま話
FC2ブログ

オンラインサポート(前編)

2008/05/10 Sat 19:00

クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



道具屋が高速道路を快適に走っていると
携帯電話にメールが着信 (・∀・)ユーゴッタメール!!


うん?会社からの連絡か?高速を降りたら返事をしよ♪


なんて思いながら、気持ちよく走り続ける ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

インターチェンジを降りたところでメールを開いてみると
道具屋ブログの読者さんから問い合わせのメール(汗)


(注1)メールの文脈は変えていませんが、文章はアレンジしてます。
(注2)ネタとしてメールを掲載させていただくことを了解いただいています。


-----------

最近お店の方向性に悩んでます。。

開店当初はユニセックスを目指しましたが
最近はお客さんの年齢層が上がって来ています。
恐らく40~60代の男性が圧倒的に多いかと。

取引ディーラーさんに相談すると

隠れ家的サロンだから、
意外と年齢が高い男性に好まれるのかも?って。

お店は独特な雰囲気の個室で
お店の中でも他の人から見えません。

僕は理容師です。出来れば床屋で行きたいって願望はあります。
でもやっぱり、お客様の年齢層を下げるのも
大切なんではないか?って葛藤しています。

何か道具屋さんが思ってることってありますか??


-----------


う~ん、彼は確か30才になったかならないかで
若いご夫婦でお店を経営していたんじゃなかったっけ。。。

40~60代のお客様が多いって不思議だな~

普通は経営者の年齢の上下10才ゾーンに70%のお客様が入るのに。


返事は夜にでもするつもりでいたけど
これだけの内容だとアドバイスをするにも完全に情報不足 _| ̄|○

だって

メールの送信者に会ったこともなければお店も見たことがない。
どんな場所にお店があるのか、どんな人が住んでいる町なのか
道具屋にはさっぱり分からないし (*≧m≦*)ププッ

とりあえず、情報収集のメールを送信する。


-----------

お店の内外装やコンセプトを知りたいので、
紹介してあるHPアドレスをお知らせいただけますか?


-----------

しばらくすると、メールが送られてきて


-----------

コンセプトは「理容のイメージを変える」で店づくりをしました。
切る・剃る・洗うからの脱却を目指しています


-----------

う~ん、このコンセプトというか、営業方針だと
ちょっと難しい感じですよね~ ブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン

だって、お客様のお店ではなくて自分の為になっちゃうでしょ?


会社に戻ってから、早速メールを φ(`д´)カキカキ


-----------

確かに落ち着いた雰囲気の隠れ家サロンですね♪
これはこれでお好きな方も多いと思いますよ。

ただ、コンセプトがちょっと中途半端かも知れません。

通常、コンセプトというのは

どんなお客様に来て欲しいのか?
そのためには、どんな内外装が好まれるのか?
どんなメニューが喜ばれるのか?

ということをポイントにします。

「切る・剃る・洗うからの脱却」

というコンセプトにはお客様の姿が見えません。
自分のためにコンセプトがあって
お客様のためではないように見えてしまいます。


もし、もう少し若いお客様に来て欲しいと望まれるなら
この雰囲気とマッチする年代としては30~40才くらいでしょうか。
そして、理容として男性客をしっかりと確保。。。


道具屋だったら、どうするか・・・


まず、顧客ターゲットを団塊ジュニア世代とします。
30~35才がその年代ですね。

この世代が過ごしたのは雑誌「Hanako」であり
ディズニーランドであったりします。

そして、男は美容室に行き始めた頃です。

であれば、美容室に行っていた男性客を引き込むことを
一番のターゲットと考えて店頭告知方法を検討します。

イーゼルスタンドや三角スタンドを使って
お店に来て欲しい人をはっきりと書き出します。





例えば・・・






長くなりすぎたので、次の記事にしますね♪


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます


スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示