ブログ 業界雑誌に紹介が 理容よもやま話

業界雑誌に紹介が

2008/01/12 Sat 19:00

クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



会社のデスクで出かける準備をしていたら
理美容教育出版から何やら本が届いている。
さっそく開封してみると「プロフ 2月号」が・・・

そう言えば、12月の半ば頃にエロ侍さんから
雑誌にブログの紹介を載せたいとメールが届いていたっけな~



もしかして贈呈本? ( ̄ー+ ̄)キラン★



20080112.jpg



ほら、道具屋ブログもこんな感じに出てましたよ (*≧m≦*)ププッ

紹介記事も入っていて、なんだか恥ずかしいですね~
それに「主婦層に人気を博しており」なんて書かれています。

さすがに「エロ主婦に人気」とは書けなかったか ( ̄m ̄*)ププッ


でも、最後のまとめ文章はググッと来るものがありました。
無断ですけど、紹介しておきますね。


人は、売り手やお店を信頼するからこそ、
商品やサービスを買うと言います。
それが、ブランド、もしくはブランディングの考え方ですが、
ブログでもブランディング化はできるのです。

ブログという媒体を通じて情報を発信し続け、
顧客との距離感を縮め、そしてファンになってもらう。
そしてコミュニティが形成される。

たかがブログ。されどブログ。
誰に・何を伝えたいのか。そして伝え続ける。
このポイントが定まっているブログこそ、
サロンの経営を強力にバックアップしてくれると考えます。



どうです?

ブログを活用することによって
現在、ご来店いただいているお客様だけでなく
まだ来られていない潜在的なお客様にも
効果的な働きかけができるということですよね~

確かに、ブログはひな形があるから
ホームページよりも簡単に始めることはできます。

ただ・・・

簡単に作れても、続けなければダメなんです。

お仕事ブログだからと「仕方なく」「たまに」記事を上げていると
顧客との距離感を縮めるどころか
かえってお店のマイナスイメージ (*≧m≦*)ププッ


お仕事ブログだから仕事しか書かない!


なんて決めると、あっという間にネタ切れします Σ(¬_¬;)

自分の人柄を知ってもらえればいいかな~くらいに
仕事のこと、お休みのお出かけのこと、遊びのことを書いていると
気楽に続けていけますよ♪


人はまったく知らない人に会うよりは
人柄が分かるようなブログを書いている人に会う方が
ずっと安心していられるんです。


ほら、道具屋ブログの読者さんなら
もし万が一にも道具屋とお会いする機会があっても
そんなに怖くないでしょ? (*≧m≦*)ププッ

これがブログの効果なんですね♪



クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます

日々のこと | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
気楽に書き続けるのが一番なんでしょうね♪
ブログだって、ホスピタリティ???ですよね(笑)
がんばります♪
ブログも続ければ多少効果はある!と思って続けてます!
この間、どのページ見たかは知りませんが、
ウチのHP見て来ましたって人いたしv-398

しかし、雑誌に載るとはさすがですね・・v-424

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

すごいですね~雑誌に紹介されちゃうなんて!
やっぱり書き続けることが大事ですね。
>tomokoさん

そうですよね。
ブログを書きつづることもおもてなし、
ホスピタリティなんですね♪


>かずさん

実際に新規のお客様になることは少なくても
顧客の囲い込みにもつながっているんですよ。

うちもブログからお取引が始まったお店が
やっぱり何軒かだけありますね~(汗)


>鍵コメさん

無事に届いてなによりです。

ブログの文章って難しいですよね。
会話と違ってコメントしか反応がないから
読者がどう感じているかって読み取りにくいしね。


>哉沙さん

明けましておめでとうございます♪
こちらこそ、よろしくお願いします。

ブログも全国の人が見てくれていると思っていても
やっぱり雑誌に掲載されるって違います (*´д`*)

お礼の書き込みが遅くなりました。

過日の折りには、ご協力いただきまして有り難う御座いました。

また掲載誌のご紹介までいただき、恐悦至極であります。

話は変わりますが、本日、面識のない読者の方からメールが届き、

サロンの内外装のアドバイスをして欲しい旨が書かれていたのですが、

残念だなぁと思ったのは、この一文です。

「多くの人に、親しみやすく、喜ばれるサロンを目指していきます」

そりゃ、気持ちは充分過ぎる程理解できますが、どうなんでしょう?

もっと、対象者を絞らないと厳しいかなぁ、などと思ったのですが、

まぁ、面識がないので、そのようなアドバイスはしませんが、

まだまだ雑誌を通じて情報を発信しきれていないな、などと思いました。

では来週楽しみにしています。
>エロ侍さん

本当にその通りだと思いますよ!

ということで、コメレスではなく
この文章を貸していただいて記事にまとめましたので
またご意見をくださいね♪

来週、楽しみにしています!

管理者のみに表示