ブログ 商品説明ミーティング 理容よもやま話
FC2ブログ

商品説明ミーティング

2007/03/13 Tue 20:03

今日は第2週目の火曜日。

2週目と3週目の月・火曜日を連休にしている理容室も多いので
道具屋の会社では2週目の火曜日は営業勉強会に
そして3週目の火曜日はお休みにしていたりします。

こちらの商品は1ヶ月前の勉強会で取扱いを決めたもので
タカラベルモントの発売する「シャンプーレボリューションEXE」

おかげさまで、たくさんのご注文をいただくことが出来ました。

20070313_1.jpg


シャンプークッションと呼ばれるもので
お客様が仰向けになってシャンプーするバックシャンプーの時に
首が痛くないように流しにセットするものなんです。

あっ、この流しは写真に撮るのも恥ずかしいほど古いものです。
道具屋の会社に取り付けてあるもので
ヘアカラーなどの商品テストの時に使うものなんです ヾ(;´▽`A``アセアセ

話が脱線しました ブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン

こうしたクッションは今までも色々なものが発売されています。
ウレタンゴムで出来たもの、シリコンジェル内蔵のもの
それぞれメリットやデメリットがあるんですね。

今回のこちらの商品は材質を改善したのではなくて
クッションの形状を大きく変化させたものです。

今まではお客様の首の痛みを抑えると言うことで
首にだけ当たるようになっていました。

ところが、首を圧迫するものだから
長い時間寝ていると頭が疲れてきて頭痛が出たり
やっと終わった~って思うお客様も多かったんです ( ̄з ̄;)

今回のクッションはこの点を大幅に改善したもの。

こちらの写真を見てもらえますか?
えっと、これはシャンプーボール右側から撮影した写真です。

20070313_2.jpg


首だけを支えるのではなくて、首から襟足付近までを支え
今までのように頭の重さを首だけではなくて
頭の一部でも支えるようにしたものなんですね。

計ってみると、この幅11.5cm。
今、お店で使っているものを計ってみてもらうと分かるけど
2倍近い幅になっていますね。

実際に寝てみると、とっても楽チン (*≧m≦*)ププッ
これならば何分でも洗っていて欲しいと思ってしまうし
うっかりするとそのまま寝てしまいそうです (´-ω-`)ZZzz....

ただ、ここで問題になってくるのが襟元の洗いにくさ。

襟元を洗う時は、少しだけ頭を持ち上げながら手を入れるけど
今までよりも少し早めに持ち上げないとダメなんです。

この辺りは作業のしやすさを優先するのか
お客様の寝心地の良さを優先するのかが微妙ですね~ ( ´ー`)フゥー...

道具屋としては、工夫することで洗い方は対応できるから
お客様優先で考えた方がいいと思うんですけどね ヾ(;´▽`A``アセアセ


書く励みにしています♪
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking
↑↑↑ランキング応援をお願いできますか?


あっ、ブログを書くようになってから何度か出てきた質問で
一般の方がとっても気にしていることだと思うのが

バックシャンプーで技術者が頭を持ち上げようとした時には
自分も協力して上げた方がいいの?


ということ。

これは「力を抜いて技術者に任せっきりにする」が正解です。
だって、技術者が考えている以上に襟元に余裕が出来たら
お湯が首から背中まで流れ込んじゃいますから ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡☆

スポンサーサイト



日々のこと | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
美容室はこんな感じですよね(たぶん
頭を持ち上げようとした時についつい協力しちゃいます(笑)
重いんじゃないかって気になっちゃって(*≧m≦*)ププッ
シャンプーは疲れないで快適に寝ちゃいそうなのが
やっぱいいです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!欲張りですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
至れり尽くせりですね
ほんとに、こういうの見るたびに日本人っていつも何か考えてるなぁって感心します。
シャンプーのときにどうやったらお客様が気持ちよくいられるか、なんて こっちではありえない!
いかに美容師が楽チンでとっとと洗えるか、洗いやすいか、ってことは 首には何のまくらもありません。
陶器のシャンプー台のふちが痛くてたまりません。
が、アメリカ人は まくらや ケープのようなものを、他人と共有することを嫌がります。
だから やっぱり 我慢するんですね。
もしくはタオルをひいとくとか・・

私は、日本とアメリカの中間くらいでやってます!
協力しない方がイイんですね♪ φ(.. )メモメモ
私ゎ協力しておりました…。 (^^;)
でも、お湯がうなぢゃ背中にって事ゎありませんでした♪ (^o^)
洗ってもらってる間も、気持ちイイし♪( ´艸`)
やっぱり…プロですね~♪(゚-゚*)(。。*)
私も協力してました(^^;
今までのシャンプーでも充分ウトウトしていたのに、
これを使われたら爆睡しちゃうかも(笑

あはは、私もついついシャンプーのときは力が入って協力しがちになってました^^;
でもあの大きいクッション。気持ちイイ分、やる方は大変なんですね><;
何だかそういう事が分かると今度行ったらきっと見ちゃいますね( ´艸`)
これ1回使用してみました。

通常のバックシャンプーであれば最高の寝心地ですよね!

リアではチョッときつかったですが・・・。

実家の美容室に納入してますよ!
>mirireさん

うんうん、頭はかなりの重さがあるけれど
美容師さんは慣れているからそのままがいいんですって。
自分で動かれると怖いって言いますよね。
バックシャンプーの練習会ではスタッフがよく寝ています (*≧m≦*)ププッ

>鍵コメさん

ご連絡ありがとうございます。
近いうちにお邪魔させていただきますね♪

>鍵コメさん

そうなんですか。
残念ですけど、ご自身のそしてご家族との時間を大切にしてくださいね。
いつでも結構ですので、ブログを覗くことがあったら
お気軽に遊びに来てくださいね♪

>みほねぇさん

やっぱり民族性の違いがはっきりと出るみたいですね。
お客様の快適性を重視するか技術者側か・・・
これを見ればトヨタが成功しているわけも見えてきそうです。
でも、シャンプー台にそのまま首を乗せたら
頸椎損傷にでもなってしまいそうで怖いなぁ・・・

>りなさん

自分でも出来るシャンプーでお代をいただくのですから
気持ちが良くてリラックスできるものでないとダメなんです。
ただ、上手、下手の差は歴然としていますよ~

>enemoさん

うんうん、ついつい寝てしまいそうになります。
というか、放っておかれたら気が付かないかも ヾ(;´▽`A``アセアセ
寝てもいびきだけは注意しましょうね♪

>美沙さん

バックシャンプーの時にはついつい手に力が入ってしまうんです。
なんだか落ち着けないんですよね~
本当ならリラックスしたい時間のはずなのにね ヾ(;´▽`A``アセアセ
ぜひ、美容室でじっくりと観察してください♪

>nap hirakuさん

リアシャンプーは首の部分の角度が違うから
このクッションは合わないんです。
専用のものが出ているので、そちらを利用していただいています。
ただ、寝心地はこっちの方が良かったような気が(笑)

管理者のみに表示