ブログ 店販成功サロンが急増?ギュープレミアムオイルを改めて勉強し直してみる 理容よもやま話
FC2ブログ
理美容チャネルでの取扱いが始まってから1年半。
とある理美容サロンで、店販が大ヒットしている商品があるというので、
メーカーの商品に詳しい方をお招きして、大和理器社員向けの勉強会を実施しました。


その売れている商品というのが、全身に使える美容オイル「ギュープレミアムオイル」。


20210407_0.jpg


この成分の中で特に注目されているのが、3種類のガンマリノレン酸。
治療用として、接骨院、整形外科、リハビリセンターで使用されていた素材を、
実用性や皮膚吸収性の高さを追求し、手軽に使えるようにしたものですが、
ヨーロッパではアトピー性皮膚炎などの医薬品としても使われています。


医薬品としての効果は、血流の改善であったり、深い部分の炎症や痛みを抑える、
また、ガチガチの筋肉をほぐして、柔らかくして動きを改善することから、
弱っている筋肉、ケアしたい部分、痛めた部分、動きを良くしたいなど、
細胞レベルからコンディションを整えていくものと言われています。

20210407_1.jpg



なんだかちょっと難しいけど、もともとはリウマチの痛みを止めるためのオイルだから、
凝り固まった筋肉のほぐしや関節の痛みにも使えるということなので、
肩が痛い、腰が痛い、膝が痛いという方にも良さそうな感じ♪


そして、メーカーさんの説明の中で興味を持ったのが、お顔への使用例。


一般的に、お肌のホームケアと言えば、化粧水や乳液、美容液が使われます。
肌表面にある0.02mmというラップ1枚程度の厚さの角質層ヘの働きかけ、
潤いを保ち、ハリを与えるという表現をしています。


これは、化粧品では、角質層までの効果しか表現してはいけないので、
肌の奥まで…と書いてありながら、注意書きとして「角質層まで」とあるわけです。


それに対して、オイルは毛穴から真皮まで入っていくことで、
深い部分の表情筋にまで働きかけるので、ハリやリフトアップを実感しやすいのだとか!
つまりは、お肌表面のお手入れは化粧水、乳液、美容液で行い、
お肌深くのケアは、ギュープレミアムオイルで行っていくという、
お互いを否定するのではなく、美容液とオイルが両立する考え方になってきます♪


20210407_4.jpg


自分も腰痛持ちなので、自分でも継続テストしていきたいと思ってます。
また日を改めて、継続した使用感や痛みの感じなどをリポートしていきますね!


なお、使い方ですが、オイルの塗布は、お風呂上りに1日1回塗布するだけです。
1プッシュで0.2mlですが、この量でA4コピー用紙サイズにまで伸ばせるので、
お顔の場合は、1プッシュで十分です。


ということで、皆さまにもぜひお試しいただきたいのは、
痛みのある部分、ケアしたい部分、動きの悪くなっている筋肉や関節、
ハリが欲しいお肌、ニキビや菌による肌荒れの部分、保湿、ほうれい線対策など、
肌表面だけでなく、深い部分のケアにご利用いただければ思います。


また、ギュープレミアムオイルは契約ディーラー制、サロン制となっていて、
ネット販売は控えていただけるようお願いしていますので、
お取り扱いの理美容サロン様につきましては、ご協力をよろしくお願いします♪


20210407_3.jpg


ちなみに、もしかして、店販用POPを作ることになるかもしれないので、
POPに載せる際の切り抜き画像用に、シンプルに商品だけも撮影しておきました♪


20210407_2.jpg


ご自身で使ってみたい…とか、施術の中に入れてプレミアムメニューを考えたいなど、
お取り扱いご希望がありましたら、FacebookメッセージやLINEトークから、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品