ブログ 赤みと濁りのないエドルカラーにグレーカバーライン『エドルクオン』登場! 理容よもやま話
FC2ブログ
今までファッションカラーで髪色を楽しんできたけど、最近は、チラホラと白いものが。
いつものヘアカラーだと、白髪はそのまま残ってしまうから、
透明感の高いキレイな色はあきらめて、そろそろグレーカバーカラーに?


諦めないでください!エドルクオンがグレーカラーの限界を超えていきます!


20210313_1.jpg


年齢にも、性別にも、既存の価値にもとらわれない。
かつてない自由を、サロンカラーでかなえるために。
赤みと濁りのない透明感が生む、エイジレスな鮮やかさ、エドルクオン。


20210313_2.jpg


エドルクオンの大きな特徴の一つが、シナジーオイル処方による赤み漂白。
日本人の髪は、明度アップやブリーチをしたときに、赤みが残りやすい特性を持ちます。
そこで、この残りやすい赤み色素を狙って特異的に分解するのが、
エドルカラー、エドルクオンの明度アップ、ブリーチ成分。


20210313_3.jpg


髪の毛の赤い色素と同じフェオメラニンのみで構成された、
名古屋コーチンの羽をブリーチすると、今までのブリーチ剤との違いが一目瞭然!


20210313_4.jpg


また、キレート作用による高染着が特徴であることから、
ファッションカラーのGr-7であっても、白髪に入ることを実験した記事を上げたように、
今までのヘアカラーと比較すると、色味の強さが印象的!


それは、従来のグレーカバー商品の染料構成との違いでも分かります。
例えば、今までであれば、ブラウンが80%、色味が20%程度であったのに対し、
エドルクオンは、これが逆転して、色味が多くを占めていることから、
透明感や彩度感が大幅にアップし、また、次回カラー時まで残る濁りが減ることで、
赤みや濁りのない透明感、高明度でもカバー、次回カラーの邪魔をしないという、
プロユースに適したグレーカバーラインとなってきています。


20210313_6.jpg


グレーカラーは、ファッションカラー同等の色表現、透明度は出ない…
退色してくると赤くなるし、繰り返すと毛先が濁る…
ブリーチしたときにオレンジが残り、デザインカラーの邪魔になる…


そんなお悩みの理美容師さんに、白髪もカバーするファッションカラーとして、
エドルクオンをぜひお試しください♪


20210313_8.jpg
20210313_9.jpg


なお、ルベルで発売しているヘアカラーラインナップの位置づけでは、
このような配置となりますので、今まではファッションカラーを楽しまれていて、
今回、初めてのグレーカバーにされるというお客様に、特にオススメになるかと思います。


また、白髪量は30%までが対応範囲となりますので、
それ以上の白髪があり、また、しっかりと染め切りたいという場合には、
マテリアGインテグラル、ルビオナシリーズなどをご利用ください♪


20210313_7.jpg


発売は、2021年4月21日の予定となりますので、
詳しくは、ルベル製品取扱いディーラーまでお問い合わせください。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品