ブログ 選ばれるって大事だな~と思いながら、古い本を読み返してみた 理容よもやま話
FC2ブログ
例年なら、毎週続く新年会から始まり、新製品発表会であったり、
お顔そりセミナーや理美容器具アウトレットセールなど、
多くのイベントが次々と入ってくる時期だけど、
緊急事態宣言中ということもあり、意外にも予定の入らない月曜日が多い。


こんな時は、自分のための時間がとりやすいので、
ビジネス系ブログを読んだり、Youtubeを見たりして見聞を広めてます。


以前は、ビジネス系の知識を得るために勉強すると言えば、
本を読むとか、ビジネスセミナーへ参加するといった方法が多かったけど、
最近では、ネットニュースやビジネス系ブログなどからであったり、
Youtubeなどの動画で情報を得ることも多くなりましたよね!


あと、駅までの歩く道すがらとか、電車やバスでの移動中は、
オーディブルと言う、聞く読書も活用しています♪


左右の耳に入ってしまう完全独立型Bluetoothイヤホンのおかげで、
洗顔やシェービング、身支度などしながらであったり、
風呂に入るときでも、オーディブルやYoutubeが楽しめるのというのも便利!
それでも、読書することが好きだから、本も読んでます。


このお休みは、お出かけや打ち合わせの予定も入らなかったので、
最近、改めてに気になっていることの確認のためにと、
以前読んで、勉強になったな!という記憶のある本を読み返していました。


20210201_1.jpg


20210201_2.jpg


「あなたのところから買いたい」とお客様に言われる小さな会社


amazonでの紹介文をお借りして、中身をご案内しますね!


●お客が途切れることのない仕組みとは

商品に差がない、価格も底をついている、
いつでも買える、消費に貪欲ではない……。
お客様は、昔カラーテレビを買い求めたように
ニーズで消費しなくなっています。
つまり、いくら商品に自信を持っていても、
どこよりも安く売っていようと、
お客様にとっての購買意欲にはならないのです。
では、どうすればいいのか?
それは、お客様が商品を必要とした瞬間に、
あなたの会社の商品やサービスを
「選んでもらえるか」しかありません。
しかし、小さな会社ほど、
お客様にとって忘れ去られやすいのに
選んでもらうための努力をしていません。
どうすればお客様は、あなたの会社を選んでくれるのか?
実はこれ、お金もかからず、誰にでも簡単に、
今すぐできる手法なのです。



このブログの中でも同じような話を何度もしているけど、
どんなに良いお店があっても、どんなに良いメニューがあっても、
それらを必要としている人に、「ここでやっているよ!」と伝わらなければ、
そこにお店が存在していないのと一緒だし、メニューがないのと一緒です。


だからこそ、「ここでやっているよ!」と旗を振り続けていないと、
誰もあなたのことを見つけてくれないのです。


そうした事例として


◆住所も連絡先もないチラシで集客を60倍にした工務店(福井県)
◆商品も地域も限定されていても部数を伸ばし続ける新聞販売店(大阪府)
◆新人女性が月に40件も契約を取る不動産管理会社(東京都)
◆ホームページの動画で日本一ボルボを売る中古車販売店(神奈川県)
◆社長の思いを乗せて全国にプリンを販売する洋菓子店(宮城県)
◆「シマウマを見た! 」でお客を喜ばせ集客するエクステリア店(茨城県)
◆フェイスブックを使って日本一タキシードを売る洋品店(大阪府・東京都)
◆思いを綴ったハガキで売上を過去最高に導いた造園業(新潟県)


など、業績を伸ばした「小さな会社」が紹介されています。


この本が発売されたのは、2012年の夏のことでした。
思い起こしてみれば、2011年は東日本大震災が起こった年だったから、
今のコロナ禍と変わらないような時期だったのかも知れません。


先日、とある女性理容師さんからご相談をいただきました。
女性お顔そりの良さをもっと多くの方に知っていただき、
地元で、女性お顔そりが出来ることを伝えていきたいということだったので、
お顔そり美容法セミオーダーチラシに入れるメッセージについて、
お店から伝えたいことを、女性理容師さんに書き出してもらい、
それを、お客様の知りたいことや、お客様のお困りごとの解消につながるようにと、
頭をひねって、二人で考えてみました。


20210201_3.jpg


20210201_4.jpg


20210201_5.jpg


お顔そりに興味はあるけど、ちょっと不安という女性もいるので、
どんな人が自分の顔そりをしてくれるのかを人柄として伝え、
お顔そりをされた女性は、自分のお肌がどれほど変わったと感じたのかなど、
短い文章の中にも、お客様の感性に伝わるよう工夫しています♪


女性お顔そりを増やしたいと思うだけでは何も変わりません。
お顔そりを続けると、どんな良いことがあるかが分かるような言葉を選び、
それを、発信し続けていくことが大切になってきます。


女性お顔そりをもっと多くの方に知ってほしい!
もっと多くの方に伝えたい!肌の変化を感じてほしいなどありましたら、
「お顔そり集客のことで…」と、お気軽にご相談いただければと思います。


ご相談は、FacebookメッセージやLINEトークからどうぞ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



お顔そり美容法