ブログ 米アマゾンに続き、アマゾンジャパンでも理美容専売品の販売へ! 理容よもやま話
FC2ブログ
ディーラー業界では、昨年から話題になっていたことだけど、
アマゾンジャパンによる理美容室向けの理美容専売品販売として、
シャンプーなどの理美容室向け専用商品を扱う通販サイトを始めると、
2020年10月19日に発表されてましたね!


今回の仕組みは、通常のアマゾンアカウントでの買い物とは違い、
アマゾンの認証を受けた理美容室だけが購入できるクローズド型になり、
業務用のトリートメント、スタイリング剤やヘアカラー剤、パーマ剤などを
認証を受けた理美容室にディーラーが発送するという仕組みになり、
その商品の一部にはアマゾン直販の商品もあるとなっています。


20201020_1.jpg


具体的には、理美容業界に特化した「プロフェッショナル・ビューティーストア」を
利用する前に、理・美容師免許や保健所の検査確認済証などを提出し、
申請後にアマゾン側から承認されるとストアを利用できるしくみになるんですね!


今までのアマゾンの動きを見る限り考えられるのは、
理美容専売品取り扱い開始直後は、メーカーとの直取引が難しいことから、
それぞれのメーカーを取り扱うディーラーを経由するけど、
足場が出来てしまえば、各メーカーとの直接取引に切り替えてしまうこと。


皆さんは、アマゾンのスタートが書籍の通信販売だったことはご存知ですよね?
当初、既存の書籍取次店を経由して書籍を取っていたが、
自らが取次店になることで、出版社との直接取引を始めたことから見れば、
「プロフェッショナル・ビューティーストア」の先行きにも、
こうした流れがおきることは、十分に考えられることなんでしょうね!


いずれにしても、商品を届けるだけ、頼まれたことをするだけでは、
個人でやっている理容ディーラーであっても、大手美容ディーラーであっても、
これからの時代の中で、必要とされなくなるかも?!ということです。


それじゃ、何をすれば、サロンから必要とされるディーラーになれるのか?
それは、それぞれのディーラー、営業担当が、
自分がすべきこと、自分がやりたいこと、自分が出来ることを考え、
目の前にいるお客様に提供していくことで、見つけ出していくことなのかな。


このブログの読者さんは、理容サロンのオーナー、スタッフさんを始め、
全国のディーラーのオーナー、営業さんも読んでいるようだから、
今日の記事を書くために参考にした記事のURLを記載しておくので、
ぜひ、ご自身の目で読み、ご自身で考えてみることをお勧めします。


もちろん、自分もこのことはずっと考え続けていることです。
キーワードは、「自分がすべきこと」、「自分がやりたいこと」、
そして、「自分が出来ること」の重なった部分の中に、
その答えはあるのだと考えています。


その一つが、15年以上続けているブログであり、
FacebookやTwitterといったSNSでの発信や交流であり、
先月から取り組みを始めているYoutubeへとつながってきているし、
もちろん、これから先にも新しいことがあるのでしょう。


それでは、こちらの記事を参考にされてください♪


アマゾン、理美容室専用通販サイト 効率化後押し
日本経済新聞



アマゾン、サロン専売品を少量から買える承認制の理美容業界専用ストアを展開
CNET Japan



Amazonが理美容プロユース参入
「プロフェッショナル・ビューティーストア」近日オープン
ビュートピア



「本を買うならアマゾン」はなぜ危ないか
PRESIDENT Online




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



Youtube動画関係