ブログ 意外と知られていない?理容用品の商品と情報の流れについて 理容よもやま話
FC2ブログ
流通業に関わっている方なら、知っていることだけど、
女性理容師さんとお話しして、意外と知らないんだな~と感じたのが、
自分たちの使っている化粧品や器具などの流通について。


たまには、流通業の流れを知っていただいて、
その中で、なるほどな~とか、もっと変えた方が良いな!とか、
それぞれで感じていただければと思っています♪


日本の流通業は、その役割ごとにいくつかの分類されています。
これは、理容業についての流れをイラストにしたものです。
イチから作ったから、これだけで1時間かかってしまった(笑)


20200819_1.jpg


化粧品や器具・小物は、メーカーの方が商品を企画・生産しています。
出来上がった化粧品は、どんな商品であるのかといった情報を添え、
甲(こおり)と呼ばれる単位で取引がされます。
例えば、1甲は「ひとっこおり」と呼ばれ、2甲は「ふたっこおり」(笑)


この単位は、一般の方にはあまり知られていない言葉だけど、
1回の取引最低単位だと思ってくれれば良いかな?
メーカーで化粧品などを作り、24本とか36本入りの箱に梱包し、
10甲(じゅっこおり)とかの単位で、理美容商社に納入します。


この時、一つのメーカーが一つの理美容商社にだけ商品を出すケースと、
一つのメーカーが二社以上の理美容商社に出すケースがあります。


例えば、クラシエ製品は、理美容商社のニチリで扱っているとか、
F22化粧品シリーズは、理美容商社のリビックが扱っているというように、
特定の理美容商社でのみ、取り扱いをすることになります。


これとは逆に、一社で作った商品を複数の理美容商社が扱うケースがあり、
例えば、パナソニックのリニアモーターバリカンであれば、
ニチリもリビックもまた、他の理美容商社も扱っているという形です。
つまり理美容商社は、複数のメーカーから商品を甲単位で商品を仕入れます。


さて、続いては、我々ディーラーの説明です♪
もう一度、先ほどの説明図を載せますね。


20200819_1.jpg


理容ディーラーは、理美容商社と取引をして商品を仕入れます。
例えば、F22APエッセンスを24本とか仕入れると在庫に溜まりすぎるので、
必要な本数だけ仕入れ、他の化粧品や器具などと合わせて、
理美容商社から、最低単位2万円以上で商品を送ってもらいます。


クラシエも仕入れたい、F22も仕入れたいとなると、
それぞれを扱う、ニチリから2万円以上、リビックから2万円以上と、
1回の注文ごとに、2万円を超えるように発注していきます。


ここで皆さんも思い当たることがあると思うのですが、
理容サロンに来てくれるディーラーに急ぎの商品注文を入れても、
実際に届くのが、2週間後とか、3週間後になることってありませんか?!


急いでいるのに、届かないということが起こる一つの理由が、
理容ディーラーから、理美容商社への注文金額が2万円に足りていない…
ということであったりします(汗)


例えば、女性理容師さんから、ディーラーに注文が行ったとします。
F22シリーズAPエッセンス200mlををお客様が欲しいと言っているから、
早めに持ってきてほしいってこともありますよね?


ところが、F22APエッセンスを在庫に置いていないディーラーだと、
理容室様から注文が入ってから、商品を取り寄せます。


こんな時は、リビックに対して、F22APエッセンス200mlの注文を出すけど、
F22APエッセンスを含め、発注金額が2万円以上にならないと、
リビックは発送してこないということが起こったりします。


これはリビックに限らず、どの理美容商社でも同じです。
すべての理美容商社が、1回の発送は2万円以上でないと送ってきません。
ディーラーは、いろいろな理美容商社と取引をすることで、
取扱商品の幅をなるべく広げたいと思っているので、
1回の発送ごとに、2万円以上で発注しなければいけないというのは、
なかなか大変だったりします(汗)


化粧品を注文しても、時間がかかるときには、
そんなことがあるんだな~と思っていただければ幸いです(笑)


あと、上の図でも書いてあるけど、
どの取引であっても、商品と情報が必ずセットでなくてはいけません。


商品は届けるのはもちろん、その商品に関しての質問をしたときに、
しっかりとした答えが返ってきて欲しいですね!
というより、商品を届けるだけの、メーカーや理美容商社、
そして、理容ディーラーであってはいけないということかと思ってます。


理容ディーラーは多くの理容サロンと取引をしているので、
それだけ、多くの理容サロン経営を知っています。
だからこそ、自店の悩みや経営上の相談などが出来るような、
そんな経営パートナーであってほしいな!と思っているし、
また、取引をする理美容商社に対しても、同じことを言っています♪


他で、どんな商品が売れているの?とか、
何か面白いことをやっている理容ディーラーさんとか無い?とか、
いろいろと質問して、そのたびに意見をもらっています。


商品が届くのは当たり前だし、新製品説明も当然のこと!
大切なのは、それ以上の何かがあるか?が、
理容ディーラーや理美容商社を選ぶ理由だったりしますよね♪


なお、今回の話は、メーカー → 理美容商社 → ディーラー という、
一般的な、「メーカー、卸問屋、小売店」の話をしたけど、
ルベル、ウエラ、アリミノ、デミといった化粧品メーカーのように、
メーカー自身が、自社製品専用の商社を兼ねることで、
理美容商社を通さずにディーラーと取引している形態もあるので、
今日のお話は、理美容商品の一つの流れとして知っていただければと思います。


それでは、またね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと