ブログ 大和理器では、商品をこんな感じで撮影しています 理容よもやま話
FC2ブログ
新製品であったり、皆さんにブログで紹介したい商品など、
カタログだけでは伝えにくいな~という時に、
実物商品をテーブルに置いて、自分で撮影したりしています。


この時に使っている照明用機材一式は、
使える機材のセレクトショップ「パンプロダクツ」という、
撮影に関する機材を色々扱っている会社から発売されている物で、
高演色LEDと50cm各ソフトボックス、そしてライトスタンドの組み合わせ。


そちらのホームページからお借りしてきたイラストだけど、
こんな感じにして、商品を撮影するようにしています。


20200524_1.jpg


ちなみに、作品例として載っていたのが、美味しそうなハンバーガー。
ねっ!プロがライティングを組んで撮影しているような美しさでしょ?!


20200524_2.jpg


大和理器でも、ミーティングテーブルを使ってこんな風に、
即席の撮影コーナーを作ってやってます。


手前に立ててあるのは手作りのレフ版で、
暗くなりがちな、商品の下に出来る影を消す目的で使っています。


20200524_3.jpg


これで、実際にコンパクトデジカメで撮影した貯金箱がこちら。


20200524_4.jpg




影も出ずにキレイに撮れているでしょ?!
カメラは数年前に2万円くらいで買ったコンパクトデジカメで、
多分、皆さんが使っているスマホカメラの方が画像レベルは上のはず💦


背の高さが15cmくらいまでのものなら、この撮り方が出来るけど、
理美容商品というと、シャンプーやジェット式トニックなど、
細くて、背の高いものも少なくないので、これが上手に撮れません。


例えば、先ほどのセットのまま、ひんやりシャツシャワーを撮ってみると、
斜め上からの撮影になるので、商品がこんなに歪んでしまうんです。


20200524_5.jpg


手前のレフ版を外して撮ってみると、上が明るくて下が暗い。
今回の邪悪な顔をしたひんやりシャツシャワーなら、これでも良いけど、
可愛い顔のひんやりシャツシャワーレギュラーになると、
イメージの悪い写真になってしまうのです。


20200524_6.jpg


こんな時は、照明機材をを上から当てるのではなく、
横に置いて斜め前から当ててみたりします。
右側に置いてあるのは、先ほどの手作りレフ版です。


20200524_7.jpg


すると、上も中間も下も均等に光が当たるので、
可愛い顔のひんやりシャツシャワーもこんなにキレイに撮れました♪


20200524_8.jpg


最後は、背景を取り除いて商品だけの写真にすると、
こんな感じの仕上がりになります。
これなら、皆さんがブログやLINE公式アカウントからの発信でも、
キレイな写真として載せることが出来ますよね♪


20200524_9.jpg


こうして、商品の写真を撮り、Adobe Photoshopで切抜き画像を作り、
Adobe IllustratorというPOPやポスターなどを作るアプリケーションで、
お客様に伝えたい文章に添えて、商品の写真を入れると、
こんな感じのPOPを作ることが出来ます。


20200524_10.jpg


つまり、キレイな写真は、プロが使うような機材を使えば、
素人であっても、ソコソコのレベルの写真が撮れるようになるし、
プロのイラストレーターが使うようなアプリケーションを使えば、
素人でも、ソコソコのレベルの作品に仕上げることが出来るんです♪


興味がある方がいらしたら、機材は会社に置いてあるので、
休みの日にでも、撮りたい商品をお持ちになって遊びに来てくださいね!
カメラは、あなたのお持ちになっているスマホで大丈夫です♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと