ブログ アンディスコードレスクリッパーで最先端のパフォーマンスを! 理容よもやま話
FC2ブログ
滑らかなフェードやテーパーを作るために開発された、
アンディスコードレスクリッパーの一つが見本として入ってきたので、
さっそく撮影して、リポートしておきましょう!


このバリカン、いやクリッパーはフェードスタイルのための道具で、
見るからに、アンディス社の世界観が伝わってくるようです。
まずは、箱の外観から行きましょう!


20200319_1.jpg


20200319_2.jpg


アンディスは、1922年にアメリカで設立された会社で、
髪の毛のカットを始めとして、カール&ストレートアイロン、
ヘアードライヤーなど、日常ツールを製造販売する大手メーカーです。


多くのヘアースタイリストはもちろん、動物グルーマーにも愛され、
創業以来のルーツを忠実に守りながらも、新製品の革新を続け、
市場が望むものに耳を傾け、市場に真の価値をもたらし、
シンプルに人々の身だしなみと気分が良くなる製品を供給する、
こうしたことを目的としている会社です。


今回のクリッパーは、取扱いが始まったばかりの5機種の中の一つで、
コードレス可変式ブレードクリッパー73060LCLです。


さっそく開封してみました。


20200319_3.jpg


ビニールがかかっていて中が見えないので、開封します。


20200319_4.jpg


かなりエキゾチックな、まるで南米の昆虫のようなデザイン(驚)


20200319_5.jpg


20200319_6.jpg


裏から見ると、普通のバリカンらしいシンプルなデザイン。


20200319_7.jpg


このクリッパーはコードをつないだままでも、コードレスでも使用でき、
ACアダプターも小型なので、置き場所に困ることも無さそう。


20200319_8.jpg


20200319_9.jpg


モーターの回転速度は5,500spm、本体の重さは280g、全長は173mm。
また、ブレード、レバーで刈高を変えられる可変式となっていて、
0.2mm~0.5mmの超薄刈りに設定できるようになっています。


20200319_10.jpg


20200319_11.jpg


なお、アタッチメントは5コ入っていますが、1/2の下に1コ隠れてます(汗)


20200319_12.jpg


あと、大きな数字での表記はインチになっていますが、
一般的なミリ数で表示すると、1.55mm、2.25mm、3mm、4.5mm、6mmになります。
なお、本体中央には、1922年設立の文字がプリントされていて、
いかにも!という気分アゲアゲのデザインです(笑)


20200319_13.jpg


あと、箱には差し込みコンセントとして、イギリス、ブラジル、ヨーロッパ、
オーストラリア、アルゼンチンと書かれていますが、
実際に入っていたのは、日本の差込口に合うACアダプターだけでした。
というか、アメリカと日本はアメリカが120V、日本が100Vと、
電圧が違うだけで、差込口の形は一緒なんです♪


20200319_14.jpg


なお、お値段は税別15,700円と、思ったよりリーズナブル!
また、2020年4月末日までの限定になりますが、特別価格が出ているので、
気になる方は、FacebookメッセージかLINEトークからお問い合わせください。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品