ブログ ファーストグレーカバーは理美容師からの提案がカギ! 理容よもやま話
FC2ブログ
この秋、新製品としてホーユーから発売になるのが、
気になる白髪をさりげなく馴染ませる、メンズシャドーカラー「H.E.」


20190921_1.jpg


「H.E.」とは「he(彼)」という言葉を使うことで、
男性向けブランドであることを端的に表したネーミングで、
清潔な印象で魅せる、髪色への意識向上を目指した商品となります。


メンズシャドーカラーを提案していきたいお客様は、
30代半ばを過ぎてからの、白髪が増えて気になりだしたオトナ世代。


これは白髪への意識と染毛率のグラフですが、
白髪が気になっている人と実際に染めている人の比率です。


20190921_2.jpg


ここから見えてくるのが、30代後半で白髪を気にしている人は、
男性客3人のうち1人に相当する35%もいるにも関わらず、
白髪カバーをしているのは、その半分程度。
これは、40代に入ってからも同じ傾向が続いていき、
白髪は気になるけど、染めないという人が半分いることになります。


その理由として言われているのが、白髪染めは面倒くさいとか、
自分はまだ、染めるには早いという気持ち。


だからこそ、大切なのが、髪の毛のプロである理美容師の提案になります。
30~50代の男性へのアンケート調査によると、
男性客で理美容師からのアドバイスが欲しいと答たのは「64%」。


来店されるお客様の3人のうち2人はアドバイスを求めています。
髪のプロとして信頼しているからこそだと思うんです。


「お客様に、より一層、魅力的であって欲しい」と思うからこそ、
初めての白髪染め、ファーストグレーカバーは、
髪のプロからの提案であってほしいと自分は思っています。


それをしないと、お客様は自分で調べ、自分でドラッグストアに行き、
どれを選べば自分らしくいられるのかも分からずに購入してしまいます。


こんな時に、ちょっと一言のお声かけはいかがでしょうか?


白髪を濃いグレーに染めて、黒髪と馴染ませることで、
さりげなく目立たなくするメニューが15分ほどで出来ますよ!
カットのついでに、やってみません?


20190921_3.jpg


男性は、自分のイメージが急に変わることを極端に嫌います。
ところが、女性はイメージを変えるためにパーマであったり、
ヘアカラーをしたりと変化を楽しみますよね?
これが、男性と女性の心理の大きな違いとなっています。


だからこそ、いきなり白髪が一本も無くなってしまうことで、
白髪染めしたな…ということに、職場の女性に気づかれるのも嫌だし、
また、色が抜けてきたときに、伸びてきた白髪との境目が目立ったり、
また、赤茶けた色になっていくのも嫌なものです。


このイラストがイメージとして分かりやすいかと思いますよ!


20190921_4.jpg


だからこそ、染め切らないという考え方のもと、
メンズシャドウカラーでのファーストグレーカーバーを提案しましょう!


さて、ここまでご説明してくると、理容師の皆さんが感じるのは、
それって白髪ぼかしと同じじゃないの?ということ(笑)


確かに、使用している染料は「4APE」という成分で、
白髪ぼかしで使われているものと同じですが、
実は、この20年間で白髪ぼかしの製品処方はまったく変わっていません。


つまり、20年前より今の方が研究が進んでいて、
毛髪保護成分のタウリンや海藻エキスを配合することで、
髪への負担を減らすことが出来るようになってきています。


また、放置時間は8分で仕上がる処方になっているため、
カットのついでにとおススメしやすくなりました。


色身も、ナチュラルなニュートラルグレーのシャドーモノクロームと、
クールでスタイリッシュなくすみ感のあるスモーキーアッシュというように、
比較的、若い方になじみやすい配色になっているので、
ファーストグレーがバーに、特に使いやすくなっています。


なお、発売は2019年10月18日の予定になっています。


今まで、白髪ぼかしではちょっとおススメしにくいな…と感じていた、
スタイリッシュで30代までの男性客のご来店が多い理容サロンや、
30代後半の男性客も来店される美容室などでは、
新しい提案として、魅力ある商品ではないかと思いますよ!


男性は、なかなか自分から悩みを切り出せないものです。
髪のプロであるあなたから、こんなのがあるのでやってみませんか?と
アドバイスしてくれるのを待っているかも知れません(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品