ブログ 代引き手数料改定のお知らせとお得な自動口座振替のオススメ 理容よもやま話
FC2ブログ
10月からの消費税率引き上げと飲食料品の軽減税率などで、
各業界から、いろいろな発表が続いているようです。


特にファーストフード関係は、まだまだ検討中という会社もあり、
すでに税率改定まであと1ヵ月を切っているのに、大丈夫なんだろうか?


例えば、「モスバーガー」は本体価格を据え置きにして、
店内飲食は10%、テイクアウトは8%の消費税を加えて販売すと発表。
でも、「ケンタッキーフライドチキン」(KFC)は、
店内飲食とテイクアウトの「税込価格」を同額とする方針。
ところが、「マクドナルド」は、今日現在も方針を発表していない。


これって難しいですよね!
例えば、モスバーバーだと店内で食べた方が、持ち帰りより2%高いから、、
レジでは「持ち帰ります」と言って支払いだけ済まし、
そのまま帰らずに、店内で食べるという例だって出てくる。


これを防ぐのが、ケンタッキーの店内飲食と持ち帰りの「税込価格同額」。
これなら、同じ税込み価格で販売して、内部処理として、
税率8%、税率10%とレシートに出すだけだけだから、比較的わかりやすい。


当社から理容サロン、お顔そりサロンにお届けする化粧品は、
軽減税率の対象になるものはないのでこうした混乱はないけど、
ただ、心配なのは、9月末の駆け込み需要での品切れ、欠品などの問題。


流通業は、納品日が9/30までは現行8%が適用され、
10/1お届け分からは新税率10%が適用されることになっています。
ということは、9月に注文してあった商品であっても、
ディーラーの在庫、商社、メーカーの発送の遅れなどによっては、
お届けが10/1以降にずれ込んでしまい、税率が10%になることもあります。


この辺りは、微妙なラインなので、9月末にいきなりまとめ注文すると、
月末までの商品お届けが間に合わないというトラブルになりかねないので、
多少は余裕を持たれておくと安心ですよ♪


そして、もうひとつ困ったのが、宅配業者からの代引き手数料値上げの連絡。
遠方のお客様で商品をお送りする際のお支払い方法の一つとして、
宅配業者が代金を受け取らせていただく商品代引きがあり、
この手数料が税別400円で行ってきましたが、これが100円値上がりし、
2019年10月1日より、税別500円とさせていただくことになりました。


お取引先の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、
10月1日(火)発送分からの適用となりますので、よろしくお願いします。


そこで、この値上げに対してのいくつかの回避方法をご提案します。


まず一つは、金融機関からのお振込みで手数料を抑えていくという考え方。
例えば、ゆうちょ銀行が行っているゆうちょダイレクトを使うと、
ゆうちょ銀行宛ての送金は月5回まで手数料が無料になります。


そこで、お客様のお持ちのゆうちょ銀行から、
当社の郵便振替口座への送金していただくという方法を取ると、
手数料無料での振込が可能になります。


ゆうちょダイレクトのお申し込み


なお、こちらは、お振込み確認後の商品発送となります。
ゆうちょダイレクトの送金確認が反映されるのが翌日になるため、
「今日、送ってほしい」というご希望には沿いにくくなりますが、
いつもお買い物いただいているリピーターのお客様については、
商品を先にお送りし、中に入っている納品書に記載された金額を、
後日、1週間以内にお振込いただくという方法も取れます。


いずれにしても、代金引換サービスを使わずに、
郵便振替口座への振込を希望される場合は、
「ゆうちょ銀行から振込します」とご注文時にお声かけくださいね♪


そしてもう一つ、これが一番便利な方法になりますが、
電機、ガス、水道代といった公共料金の支払いと同じように、
自動口座振替の手続きをしていただく方法です。


商品のお届けからお支払いまでは、こんな流れです。


今月の20日までに、当社から発送された商品があった月には、
その月の25日頃に請求書が送られていき、
その10日後となる、翌月5日にご指定の金融機関の口座から、
自動的に、手数料なしで口座振替が行われます。


なお、5日が土・日・祝日など金融機関休業日に当たる場合は、
翌営業日の口座振替となります。
これは、お買い物があった月だけの手続ぎとなるので、
お買い物の無かった月には、もちろん自動振替もありません。


なお、領収書がないので、帳簿に記録しにくいという話もありますが、
自動振替が記録された当社請求書を保存するか、
自動口座振替が記載された預金通帳が正式支払い証明になるので、
その形で、実際に多くのお客様にご利用いただいています。


それじゃ、自動口座振替にする場合の手続きのご紹介しましょう。


FacebookメッセージやLINEトークなどで、
「自動口座振替にしてください!」と一言ご連絡をいただければ、
こちらから口座振替依頼書と返信用封筒をお送りしますので、
必要事項をご記入の上、金融機関へのお届け印を捺印していただき、
返信用封筒に入れて、送り返していただくだけです。
なお、見本の書き方がついているので、迷うこともありません。


20190902_1.jpg


その後、自動口座振替の手続きが金融機関で行なわれます。
毎月末が手続きの締め切りとなっているため、
書類が25日くらいまでに当社に到着するように送っていただければ、
翌月21日以降のお買い物から自動口座振替となります。


こうすれば商品代引きと違い、代引き手数料の負担もなくなります。


ということで、今日は振込手数料が月5回まで無料となる、
ゆうちょダイレクトと自動口座振替のご案内をさせていただいたので、
ぜひ、便利な形でご利用区になってくださいね!


特に、自動口座振替は、一度ご利用すると便利を実感するので、
ぜひご利用になってくださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと