ブログ ブログ記事を書く時に自分が意識しているのはこんなこと 理容よもやま話
FC2ブログ
ブログを書こうと思いながらも、なかなか筆が進まない?という方から、
ご相談があったので、自分なりの書き方とか意識していることとかを、
お伝えしようかなと思います♪


お話を伺って感じたのが「書き方って人それぞれだな!」と言うこと。
というのも、こんな質問があったんです。


ブログを書く時には、話題として書きたいことが見つかった時に、
文章を少しずつでも書いておき、あとでまとめる書き方ですか?


これ、自分にとっては、とても意外な事でした!
というのも、自分はテーマを決めたら1回で書いてしまうから(笑)


ブログ記事を書く時には、まず大きなテーマを決めます。
それが講習会や催し物などのイベント、新製品や話題の商品など、
「これは皆さんにお伝えしたいなっ!」と思ったことが一つ。


そしてもう一つが、お客様から聞かれたこと、質問されたこと。
特に、お二人以上のから質問された事柄があれば、これは大チャンス(爆)


二人から聞かれたことは、多くの人が知りたいと思っていることだから、
これをテーマにして書くと、興味を引くブログ記事になります。
なので、お客様と会話のやり取りをすることが大切です。


それから、お仕事に関するブログを書いた方が良いと思いながらも、
なかなか書けない人に多いのが、文章の完成度を意識しすぎること。
書き手がどれほど意識しても、読む人は気にしていません(笑)


なので、90点、100点の記事を書こう!とは考えず、
まずは60点で十分!と、自分の文章を認めてあげることも大切です。


あと、自分の好きなブログ作者がいれば、その方の文章の組み立てから、
言葉の選び方などを参考にするのも良い方法です。


そして、完成度を上げるより、より多くの記事数を意識します。
お仕事につなげるためのブログであれば、最低では週に1本ですが、
なるべくなら、週に2~3本書いた方が発信力はアップします。


発信力という言葉は自分なりの表現なので、ちょっと説明しますね!


例えば、ブログ記事を読んでいた方が「その商品が欲しい!」と感じ、
メールやFacebookメッセージ、LINEトークなどを通じて、
問い合わせをしてくれたり、実際に注文してくれるなど、
買う気の無かったお客様の心を揺り動かす力…といったら通じますか?!


これが、理美容室やお顔そりサロンのブログ記事であれば、
その記事を読んでそのお店を利用したいと感じ、
問い合わせをしたり、予約しようと行動につなげる力かも知れません。


あと、時間のある時にブログを書こうと考える方も多いけど、
ブログを書くことは、チラシ広告と同で価値を伝えることなので、
余裕のある時でなく、仕事の一部として時間を作る工夫をしていきます。


こんなことを書いている自分であっても、
1本の記事が20分で書けることもあれば、1時間以上になることもあるし、
たった5行の文章が、言葉としてなかなかまとまらず、
書いては消し、書いては消しを繰り返したりもします(涙)


あと、記事の組み立て方を聞かれたので、それもお伝えしておきますね!


テーマの見つけ方は、この記事の最初に書きましたね!
次は、その記事で発信するために必要な写真やイラストを用意します。
この時、なるべくなら自分で撮った写真がベターです。
ネットにあったから…と、無断で画像を使った場合、
最悪のケースでは、著作権侵害で警告を受けることもあります。


次に、テーマに沿ってブログ記事を書き連ねていき、
画像を貼りこむ場所も決めて行きます。


そして、ブログ記事が書きあがったら、記事を公開設定にし、
皆さんが読める形になったら、ブログ記事をアップしましたよ~と、
Facebook、Twitter、LINEホームなどでにシェアしてきます。


以前は、Internet Explorerなどのウェブブラウザの中にある、
「お気に入り」に登録し、読みに来てくれる方が多かったけど、
最近では、FacebookやLINEホームから来る方が多くなっているので、
SNSにシェアしないと、読者が増えないという現象も起きています(汗)


ということで、長々と書いてきましたが、
大切なのは、より多くの自分という価値を発信することです。
自分には、そんな特別な価値があるわけじゃないという人もいますが、
優れているから選ばれるのはありません。


だって、タレントさんなど芸能界でお仕事されている人は、
イケメンだから、美人だから選ばれているのではありませんよね?
他の人と違う価値が伝わっているから選ばれているだけです。


何となく、伝わってますか?(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと