ブログ サロンに置くだけでCafeの雰囲気になるシェービングカップが入荷! 理容よもやま話
FC2ブログ
置いてあるのはコーヒードリッパー?と一瞬思ってしまうほど、
アンティークでオシャレ心を感じるシェービングカップが入ってきました。


元々は、年明けから配り始めたセールチラシに記載されていたり、
理美容商社の営業さんからサンプルを見せてもらったりはしていたけど、
ようやく商品としての流通が始まったようです。


シェービングカップと言えば、白というイメージが強いけど、
今回の色展開は、モノトーンのホワイト、ブラックに加えてブルー。


20190125_1.jpg


20190125_2.jpg


20190125_3.jpg


20190125_4.jpg


20190125_5.jpg


サイズは、横幅が14cm、奥行きが11cm、高さが8.5cmと、
一般的な角型に比べると、一回り小さい感じ。


そして、注目すべきはその製造方法。


「1300℃ RF22HR」


この数字が表すのは焼き方で、1300℃の還元焼成という方法を使用し、
22時間しっかり焼成した磁器土は完全に焼き締まり、
磁器の中でも最も強度があるものとなります。


ちなみに焼き方には、酸化焼成と還元焼成があり、
酸化焼成とは、燃料が完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれ、
還元焼成とは、酸素が足りない状態でいわば窒息状態で燃焼が進行します。
こちらは、燃料の種類や供給のタイミングが難しいため、
特に高度な技術が必要だと言われています。
それだけ、こだわりを持って色を表現しているものだといえるでしょうか。


また、もう一色のオススメが深みのあるグリーンで、
見た感じは、スターバックスコーヒーをイメージするような、
ブリティッシュグリーンのカップ。


20190125_6.jpg


20190125_7.jpg


20190125_8.jpg


ブルーとグリーンは、アンティークな雰囲気を出しバーバーに合わせやすく、
また、お顔そりサロンやお顔そりルームでは、ホワイトがピッタリです♪
なお、ホワイトかブラックなら、どなたのお店でも合わせられるので、
ぜひ、お使いになってみてくださいね!


なお、こちらのカップは手作りでの生産となっているため。
タイミングによってはお届けまでお時間をいただくことがありますので、
余裕を見て、ご発注されると良いかと思います。
ちなみにお値段は、各色とも税別3,800円となります♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品