ブログ 横浜スパークリングトワイライト2018花火大会に行ってみた! 理容よもやま話
FC2ブログ
ここ数年は、休みが合えば花火の撮影に行きたいと思っていて、
1か月前の熱海花火大会に続き、今回は関東エリアでも大人気となっている、
「横浜スパークリングトワイライト2018」にお出かけしてみました!


事の始まりはというと、お友だちの女性写真家さんが、
Facebookに、とってもキレイな花火の写真をアップしていたんです。
この方は、デジタル一眼レフの撮影講座も開いているから、
「休みが合えば、花火撮影に行きたいんです!」とお声掛けしたら、
「7/15(日)に横浜花火大会を撮る講座がありますよ♪」と教えてくださいました。


ということで、さっそくの下調べです。
7/15に横浜で行われると言えば、「横浜スパークリングトワイライト2018」。
横浜に“海” と“港”に親しむ場を、という思いから7年前にスタートし、
昼間のイベントに続き、夜は3000発のスパークリング花火が堪能できるらしい。


横浜と言えば、やっぱり海辺の夜景がポイントですよね~
花火だけを撮っていたのでは、どこの花火からも分からないからと、
画面の下には、横浜の大さん橋、マリンタワーが入る構図を教えてもらい、
花火撮影用のカメラ設定も、明るいうちにしっかりとセットアップ!


開始15分前には、すべての設定を終えて、あとは打ち上げを待つばかり。
テスト撮影もこんな感じで、いよいよ秒読みへ。


20180716_1.jpg


「横浜スパークリングトワイライト」は関東エリアでも特に人気があり、
人気花火大会ランキング…関東第1位、行ってみたいランキング…関東第1位、
行ってよかったランキング…関東第1位と、びっくりするほどの人気ぶり!


それでは、お仕事でお出かけになれなかった皆様にも、
少しだけでも感動をおすそ分けしますね!


20180716_2.jpg


20180716_3.jpg


20180716_4.jpg


20180716_5.jpg


20180716_6.jpg


20180716_7.jpg


20180716_8.jpg


20180716_9.jpg


20180716_10.jpg


20180716_11.jpg


横浜の花火はいかがでしたか?
自分が感じたのは、他の花火大会と比べ、昔ながらの丸い花火が少なくて、
ハートやドラえもん、ネコなどデザインされたものが特に多かったかも。
時代と共に変わってきているのかも知れないな~


そうそう!
これは、皆さんのお仕事にも通じることなので、お伝えしておこうと思うのが、
お顔そりをもっと上達したいと思ったら、上手な人のお店に行き、
自分がお客様になってお顔そりを体験し、勉強会があれば参加するのと同じで、
写真撮影をもっと上達したいと思ったら、好きな人の作品をじっくりと見て、
その人が開催する勉強会があれば、そこに参加することが大事。


この時の「好きな人」というのは、必ずしも有名カメラマンという意味ではなく、
自分が「この人みたいな写真を撮りたいな!」という思う人のことです。


そして、その写真を見て、自分がその写真を見て良いと思った時に、
「写真のどの部分に心が惹かれたのか?」を考えてみています。
そして「心が惹かれた部分」が分かったら、それを少しずつ真似していきます。


つまり、写真の良さって、数値や性能では表せないものが多いから、
「何を習うか?」ではなくて、「誰から習うか?」の方が大事なんだと思うな♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



写真のこと