ブログ 女性お顔そりに使いやすいシェービングペーパーのイチオシはこれ! 理容よもやま話
FC2ブログ
女性理容師さんから時々問い合わせをいただくのが、
顔そりをする時に使いやすいシェービングペーパーはありませんか?ということ。


昔は、ゴム製のお皿とかテックスと呼ばれる合成繊維マットを使っていたけど、
最近の主流は、使い捨てのシェービングペーパー。
そんな中で、理容室内のお顔そりルームやお顔そり専門店でも使われている、
人気の商品がこちら。


20180615_1.jpg


20180615_2.jpg


繊維を織らずに絡み合わせた、織らない布と呼ばれる不織布なので、
顔そりの泡と剃ったうぶ毛を、しっかり拭き取ることが出来るのはもちろん、
カミソリの刃を痛めることがないよう設計された繊細なオモテ面と、
シェービングクロスやタオルの上でも滑りにくいウラ面を持ち、
とにかく、拭い取りやすい!そして取り回しが便利!という優れたペーパー!


と言っても、新製品でも何でもないです。
ずっと前からあるのに、意外と知られていないんですね~♪


20180615_3.jpg
オモテ面


20180615_4.jpg
ウラ面


大きさは130mm×90mmとした余裕のサイズなので、
お顔にたっぷりと載せたフワフワの泡をすべて拭い取ってもはみ出さないし、
もちろん、防水加工がされているから、水分が裏側に滲み出る心配もありません。


以前は、女性お顔そりにはリードクッキングペーパーを半分に切って、
それを使うようにすると、タップリの泡も裏側に染みないからと、
手作業でペーパーを作っていたこともあったけど、
これなら、1箱200枚入で、1枚ずつスッスッと取り出せるから楽だしね!


そうそう!女性お顔そりで、シェービングペーパーはどこに置くのか?と、
たまに話題になったりすることがありますよね!


男性の場合は、シェービングクロスをかけた胸の上が多いけど、
女性の場合は、胸の上というのは失礼ではないかということから、
頭の左右の空いたスペースに置くという女性理容師さんもいらっしゃいます。


ただ、これも耳元でガサガサという音が聞こえやすくなってしまうので、
胸元ではなく、肩の辺りに置いておくというのが最近は多いかな?
もちろん、泡を拭うときには、ペーパーを肩に載せたままでなく、
左手でペーパーを持ち上げ、泡を拭ったら戻すというのが心配りですよね♪


なお、こちらのシェービングペーパーは200枚入りで、1枚3円ほどのコストです。
女性のお客様はもちろんのこと、男性のお客様にも大変に使いやすいので、
ぜひ一度、試しになってくださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



お顔そり美容法