ブログ A型看板を買ったはイイけど、何を書いたらいいの? 理容よもやま話
お顔そりビジネスで成功するためには、まずは店頭での情報発信が基本で、
その内訳と言えば、のぼり旗、ポスター、持ち帰りチラシ、A型看板となるけど、
こちらのサロンでは、通販でA型看板をお求めになったらしい。


伺った時はちょうどお手空きで、A型看板に何を書くかを考えていたらしく、
お店に中にA型看板が持ち込まれていました。


20180510_1.jpg


どんなメニューを書いたら良いかと思って…


と言っていたけど、情報を出す時に考えなくては行けないのは、
お店が何を伝えたいのかではなく、お客様は何を知りたいのか?ということ。


こちらの女性理容師さんが言うには、これから売りたいメニューがあるから、
それをA型看板に書くことで、お客様に知ってほしいということだけど、
A型看板の目的は、初めてのお客様が、お店に入る際のハードルを下げること!


そこで私がお伝えしたのは「まずは自己紹介しましょうよ!」ということ。
文章は頭に浮かんだことをサラッとお話したけど、こんな感じ。


----------------------------------------------------------------

こんにちは!ヘアーサロン○○○の△△△△△です!
昭和○○年生まれの○○才、経験○○年になる女性理容師です。

当店は昭和○○年にこの地に開業し、おかげさまで創業〇〇年、
私の代で三代目として、理容師という仕事を楽しんでいますが、
その中でも、特に女性お顔そりという仕事が大好きで、
女性のお肌のこと、リンパの流れのこと、表情筋のことなど、
女性がをいつまでも若々しいお肌でいられるお手伝いが出来るよう、
日々、理論勉強や技術練習を続けています。

お顔そりは、うぶ毛剃りだけでなくお肌の美容法です。
毎月1回の集中ケアを続けていくと、お肌が見違えるほど変わっていくので、
ぜひ体験してみてくださいね!

お顔そり美容法が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。
TEL 〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇

こちらのチラシはご自由にお持ち帰りください♪

----------------------------------------------------------------


ま、簡単に言うと、お店の前を通りかかる人にお届けする、
自己紹介のお便りのような感じにします。


お客様が初めてのお店に入るとか、電話問い合わせをするのって、
実のところ、かなり勇気がいることなんです。
だからこそ、メニューを売る前に自分を売ることが大切になります。


ほら、道路を車で走っている時、歯医者の看板を見かることがありますよね?
よく見ると、ほとんどの看板に自分の顔写真をバーンと出しています。
歯医者以外では、あまり顔の出ている看板て見ませんよね?


つまり、歯医者は何となく怖い…という深層心理が働いているので、
その入りにくくさを感じるハードルを下げるものが「顔出し付き看板」です。
理容師の皆さんも、慣れてきたら顔出しすることをお勧めします(笑)


私もブログでは、あまり顔出しはしてないけれど、
Facebookでは、こんな写真とかもアップしています(汗)


20180510_2.jpg


ブログを書いていても、顔が見えなければ、どんな人か分からないけど、
写真を見れば、何となくイメージも感じてくるし、
慣れてくると、言葉まで聞こえてくる人もいるらしいですよ!
初めて会った時に「声がイメージと違います」って言われたりするし(瀑)


大切なのは、初めての人の不安を取り去り、お店に入るハードルを下げるのが、
こうしたA型看板の大切な目的でもあるので、上手に活用してくださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示