ブログ お顔そりに行ってみたいけど、どのお店に行けば良いのか選べないという方へ 理容よもやま話
FC2ブログ
このブログは、理容室を経営されている方を始めとして、
お店の奥様やご家族の方、そしてスタッフとして働いている理容師さんに向け、
少しでも理容という商売に役立てればいいな!と思いながら書いています。


そんなブログではあるけれど、誰が読んでいるかはこちらでは分からないので、
他業種の方や、一般の女性の方々も読んでくださっているようで、
たまに「お顔そりに行ってみたいけど、どのお店に行けば良いですか?」という、
素朴な疑問をお問い合わせいただくことがあります。


個別のご相談には、FacebookメッセージやLINEトークなどでお答えするけど、
中には、自分でお店を探して行かれている方も多いようです。
今日の記事は「お顔そりするのに、どのお店が良いのかわからない」という方へ、
こんな感じのお店を選ぶと安心ですよ!というコトをお伝えしたいと思います。


まず、女性お顔そりはどこで受けることが出来るかと言うと、
理容師の国家資格を持った人が働く、保健所から理容所登録を受けたお店…
という、堅苦しい言い方をすることになります。


これはある意味、当然ですよね!
人の肌にあの鋭利なカミソリを当ててうぶ毛を剃るのだから、
技術はもちろんのこと、消毒衛生にも細心の注意を払うことが必要となります。
だって、人の肌に刃物を当てるのは医者と理容師さんくらいでしょ?(笑)


逆に言うと、理容室では理容師の国家資格を持った人しか働くことは出来ないので、
全国のどこの理容室、床屋さん、散髪屋さんであっても、
「こちらのお店では、女性お顔そりしてますか?」と質問すれば、
100軒中100軒のお店が「女性お顔そり?出来ますよ♪」と答えてくれます。


これは、中華料理屋に行って「ラーメンありますか?」と聞くのと一緒だし、
医者で「ここでは薬の処方だけでなく、注射も出来ますか?」と聞くのと一緒(笑)
つまり、美味しい、美味しくない、上手、上手でないということを除けば、
全国、どこの理容室でも受けることが出来るのが女性お顔そりなんです。


それじゃ、そんな星の数ほどあるお店からどこを選べば良いかと言うと、
今の時代だと、まずはネットで検索する人が多いかな?
探し方としては多分「自分の住む地名+お顔そり」という探し方が多いかも。


ここで、いくつかのお店がヒットすると思うけど、
そこで出てくるのは、お顔そりというメニューが存在するお店だけなので、
その中かから、お店選びをすることが必要になってきます。


お店選びの一つの基準としては、自分のお店のホームページやブログがあり、
そこに女性お顔そりメニューについて記事が載っていたり、
女性お顔そりに特化した、ポータルサイトにお店が登録されていることかな?


女性お顔そりを知ってほしい!そして、自分のお店を知ってい欲しい!という人は、
お顔そりに対して熱心に取り組んでいるので、技術にも化粧品にも期待が持てます♪


ただ、一つ気をつけてほしいのは、「お顔そり」というキーワードでヒットしても、
実際にお店を見てみると、女性向けの広告がまったくないというケースもあります。
こういうお店は、まず一番に外したほうが安心です。


理容室は地域密着型の商売なので、まずは店頭での情報発信が基本となります。
お店の前に、お顔そりに関するのぼり旗やポスター、タペストリーの他、
A型看板でお顔そりの良さを伝える努力をしているなど、
ひと目見て「このお店で女性お顔そりをしている」と分かるお店でないと不安です。
例えば、こんな感じです。


20180419_1.jpg


20180419_2.jpg


そして、A型看板やのぼり旗のそばに「お顔そりチラシ」があればもっと安心です。
ぜひ、お持ち帰りになり、予約の際に必要になる電話番号をゲットします。


20180419_3.jpg


あっ!お顔そりに行くときは、まずは電話で問い合わせや予約をしてくださいね!
というのも、お店側からもお肌についての質問があったりするので、
突然のように「これからお顔そり出来ますか?」と行くのは、あまり歓迎されません。


あと、予約の時に「これからすぐでも大丈夫ですよ!」とか、
「○○日なら空いているので、お好きな時間でお取りできます」という場合は、
あまり、多くのお客様をお迎えしていないお店なのかも知れません。


美味しいラーメン屋なら、いつも何人かのお客様が座っているだろうし、
人気店ともなれば、外まで並んでいたりします。
逆に一人もお客様の入っていないラーメン屋さんを見たら、どう感じますか?
なるべくなら、日頃から、女性客の出入りが目立つお店だと安心ですよね!


ということで、お店の選びのポイントとしては、
女性向けのぼり旗やポスターが目立つように店頭に出ているお店や、
A型看板でお顔そりの良さを発信しているお店、
また、持ち帰りの出来るチラシがあれば、そこはお顔そりにかなり熱心だし、
新聞折込チラシが入るくらいのお店であれば、なお安心です。


20180419_4.jpg


とにかく、お顔そりをお客様に伝えたい!という事が感じられるお店を選ぶことが、
失敗の少ないサロン選びになるので、活用してくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示