ブログ 【2018ニチリBIGフェスタin神田】で最新理容情報の発信を感じる 理容よもやま話
クラシエ&フェザーコーナーでは人気の女性メニューとして、
レディースシェービング導入・成功の秘訣を知るお顔剃り体験が出来、
ニチリコーナーでは、メンズメニューの充実として、
スチームタオルで目を温めドライアイに働きかけるアイスパを始め、
耳をキレイにマッサージ、臭いの悩みも解消し、癒し効果も抜群の男の耳洗い、
お肌の汚れをオフしてスキンケア効果アップ!顔メンクリーニングなど、
これからのサロン作りに役立つ展示会が行われました。


会場に到着してみると、人気メーカーさんの展示ブースも人だかりで、
展示会場は来場者で満杯!


20180416_1.jpg


20180416_2.jpg


今回は展示会と並行して6つの人気セミナーが開催されるので、
展示会場とセミナー会場を行き来してみる。
ただ、同じ時間に2会場で行われいるから、全部を見られないのは残念。
まずは、美容皮膚科医の赤須玲子先生のセミナーへ


20180416_4.jpg


赤須玲子先生と言えば、北は仙台から南は福岡まで廻り、
全国で顔そりスキンケアの講習をされているという人気の先生で、
この先生の話を聞いていると、お顔そりの良さを再認識できるとともに、
皮膚トラブルの数々も理解できるので、ものすごく勉強になる。


そして、この会場で参加者に質問してたのがこんなこと。


20180416_5.jpg


今まで、全国で1,500名以上の理容師さんにこの質問を投げかけているけど、
未だに一人として、顔そりして毛が濃くなったお客様はいないそうです。
単純に、そう見えるだけの都市伝説ということが証明されているようです♪


続いては会場を移して、白髪ぼかし&白髪シャドウせみなーへ。
白髪ぼかしは理容業界で20年以上売れ続けている人気メニューだからこそ、
20年前に白髪ぼかしを始めたお客様は、それなりに高齢になっているわけで、
どうしてもメニューの持つイメージが年配の方向けになってしまいます。


だからこそ、白髪が出始めたばかりの男性にアプローチするための、
白髪ぼかしよりも、より若い人に向けた白髪シャドウが求められるんですね!
「白髪シャドウって、少し濃く染めるだけでしょ?」という人もいるけど、
なぜそうするのか?を理解している人は少ないから、画用紙を使っての説明。


黒画用紙に髪の毛を見立てたスリットを白髪50%ほどで作ってきて、
後ろに入れた白い画用紙を、スライドしながらうっすらグレーの紙に替える。


20180416_6.jpg


この時、あまり濃い色のグレーだと、髪全体がかなり黒く見えやすいので、
初めて白髪ぼかしをされる方は「黒くなり過ぎ!」と感じ、
結果として「もう白髪ぼかしはしたくない」ということになってしまいます。


こうして、色の違うグレーの画用紙を何枚か使うと、その意味が分かります。
同じように、白髪が全体の10%程度のスリットを使うことで、
白髪シャドウの場合は、同じグレーの画用紙でも見え方が違うことで、
白髪ぼかしと白髪シャドウの色の濃さの違いを感じられたね!


20180416_7.jpg


そして、白髪ぼかしの実技も塗布から3分間で洗い流しをするこことで、
先ほどのほんのりとしたグレーを意識した仕上がりを目指します


20180416_8.jpg


また別会場に行くと、こちらは地元で愛され、コアなファンが遠方から通う、
平川康次郎先生による、こだわりの技術とこだわりの世界観を表現。
う~ん、これはもう、どの店と比較してお店を選ぶとかじゃなく、
この人だから通うという独自化の世界。
表現方法は色々あるだろうけど、独自の表現の大切さを実感します。


20180416_9.jpg


20180416_10.jpg


20180416_11.jpg


20180416_12.jpg


そして、今回のセミナーで一番人気だったのが「眉形成技術実践セミナー」。
2005年、まだまつエク専門店でさえも出始めだった頃に、
「プロによる眉デザインを普及していきたい!」と取り組みを始め、
今では、眉専門店もプロデュースし大成功させている、
日本で唯一の眉専門スクールが「ジャパンブロウティストスクール」。


20180416_13.jpg


20180416_14.jpg


意外と知られていないけど、眉専門サロンは毎年増え続けていて、
大手の眉専門サロングループでは、毎年120名のスタッフを新規採用し、
眉デザインの提案、ワックスによる脱毛、眉エクステなどで、
お客様の平均客単価は5,000円にもなり、来店頻度は3週間に一度らしい


20180416_15.jpg


このスクールに通って、眉デザインをしっかり学ぶことが出来れば、
女性お顔そりのお客様に提案することで、客単価アップにもつながりそうだね!


そして注目なのが、メンズ向け眉専門店の人気ぶり!
現在は4店舗あるけど、毎月500名の男性が予約が取れずお断りしてるとか!
一番売れているメニューが60分で5,300円だというから、
この技術をしっかりと勉強し、理容室でのカットに追加オプションで売るとか、
美容室に通っているメンズ向けに、眉デザインだけでのリピートも良さそう!


20180416_16.jpg


20180416_17.jpg


またまたメニューが増えていきそうで楽しみです!
今後、実技セミナー開催なども、随時お知らせしていくことにしますね!


20180416_18.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示