ブログ お顔そり集客は、新聞折込チラシでの成功事例が圧倒的に多い 理容よもやま話
最近では「集客のためにはSNSの有効活用だ!」という言い方もあり、
「新聞折込チラシと言っても、新聞を取っていない家が多いよ」と言われるけど、
お顔そりビジネスに関して言えば、やっぱり、新聞折込チラシが一番なんです。


20170503_1.jpg


お顔そり美容法ビジネスでは、お客様としてご来店いただきたい方は、
若い女性でなく、ある程度年令のいった方で、
出来れば、50代、60代、70代、80代で考えています。


というのも、若い人がお顔そりでご来店いただいても、
その方がリピーターとして定着するかというと、あまり続きません。
おしゃれな洋服も来たいし、友達と遊びにも行きたい、
もちろん、美味しいお店にも行きたいし、エステだって行きたい。
ネイルだって、アートメイクだって大事だし、スマホ料金だってかかる。
つまり、若い子にとっては、お顔そりの優先度が非常に低いのです。


その点、ご年配の女性は、毎月ご来店される方が多くなります。
エステやネイルやアートメイクする人は少なくなるし、
スマホだって、基本料金で足りてしまうくらい。
だから、月に一度くらい、自分のお肌がきれいになることに対して、
1回1万円くらいまでだったら、使うことが出来るんです。


なので、お顔そり美容法では40代以上の方を意識して集客していきますが、
お顔そりの良さを伝えるためのツールとして、
店頭での情報発信の次に行うのが、新聞折込チラシと考えています。


というのも、そうした年代の方には、どのような情報が届きやすいか?と
考えることが、とても大切なのです。


例えば、こちらのグラフはFacebookの年代別ユーザー数です。


20170503_2.jpg


50代では32.5%、60代では28%の方が利用されているのが分かります。


続いてTwitterです。


20170503_3.jpg


50代では25.5%、60代では20%の方の利用にとどまっているので、
Facebookに比べると、この年代の方には、情報が伝わりにくいことが分かります。


続いて、新聞の利用です。


20170503_4.jpg


40代の女性では40%、50代の女性は56%、さらに70代でも54%あります。
つまり、お顔そりでご来店いただきたい方に情報を届けるには、
新聞での情報発信が効果的ということが分かります。


ただ、FacebookやTwitter、またはLINE@などには、
新規集客だけでなく、ご来店いただいているお客様に忘れられないために、
緩やかな関係を維持する、つまりお店を忘れられないようにするという、
また別の効果もあるので、出来ることなら、新聞折込チラシだけでなく、
こうしたSNSで自分の近況を発信することも大切ですよね♪


なお、お顔そり美容法で集客するには抜群の効果を出すという、
こちらの新聞折込チラシをご考えの方は、
こちらの記事をご覧になり、ご検討されてなってくださいね♪


よろしくお願いします。


お顔そり美容法、新聞折込用セミオーダーチラシの受付を開始します




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示