ブログ マーケティングコンサルタント藤村正宏氏のエクスマセミナーに参加してみた 理容よもやま話
お取引先サロンで偶然見かけたのが、エクスマセミナーのパンフレット。
東理同組教育部講師会外部研修会が主催するセミナーで、
組合員である理容室向けのものだったけど、
事務局に問い合わせをお願いしたら、ディーラーの参加もOKとのお返事♪


ということで、会場の代々木全理連ビル9Fの会場へGo!
開演30分前に会場に着いたけど、定員200名の会場はかなり埋まっている様子。
なるべく前で聞きたかったので、前から2列めをゲット!
そして、定刻になったころには立ち見も出ているほどの盛況ぶり。


セミナーというと、きちんとした講師が…というのが定番だけど、
登場したのは、レザージャケットに黒のタートルネック、
ブラックのダメージジーンズという、一見講師とは思えないような出で立ち。


20170328_1.jpg


読者の皆さんは、エクスマってご存じですか?
「モノを売るな!体験を売れ!」というキーワードで展開されている、
新しい考え方「エクスペリエンス・マーケティング」の通称なんです。


自分が「エクスマ」を知ったのは、一冊の中古本からでした。
タイトルに惹かれて買ったのは、2001年8月に創刊されたビジネス書、
「モノを売るな!体験を売れ!」という本。


20170328_2.jpg


その後、藤村正宏氏のブログを読み、Facebookで友達申請して、
ほぼ、毎日のように、エクスマの発信を読み続け、
自分が作る販促物にも、エクスマの考え方をなるべく取り入れて行きました。


世の中にはモノが溢れている、もう欲しいものはない。
だから、安売りに走る。同じ商品だったら値段が安い方がいい。
価格競争を避けるために、素材や道具への「こだわり」を発信する。
でも、こだわっているのは、あなただけじゃない、誰だってこだわっている。
だからこそ、あなたから買う理由が見つけられないと選ばれない。


多くの事例を挙げながら、セミナーはテンポよく進んでいく。
そして、合間合間に差し込まれる「伝わってますか?」という声掛け。
まさに、伝わる発信そのものというセミナー。


20170328_3.jpg


そして、ますます選ばれにくくなる中ですべきことが伝えられる。


人類の夜明けから2003年まで生み出された情報を
現代社会は1日で生み出している


という言葉を、インターネット検索サイトを運営している、
アメリカのグーグル社のエリック・シュミット会長が残しているんですね!


20170328_4.jpg


また、自分が子供の頃、デパートは今で言うテーマパークだった。
屋上遊園地も、おもちゃ売り場も大好きだけど、
一番楽しみにしていたのが、デパート最上階にある大食堂でのランチ!


ここでスパゲティーと言えば、ナポリタンが定番だけど、
それに加えてちょっと豪華なスパゲティーと言えば、ミートソース。
スパゲティーには、この2種類しかなかった。
だから、選ばれる確率も高かったけど、
今の時代、パスタ屋さんに行けば、何十種類ものパスタ、スパゲティーがある。
だからこそ、その中から選ばれるのは難しくなってきているという話は、
自分の子供時代を思い出し、実感として分かるのも年代が近いからかな?(笑)


そして、これは自分もよく使わせていただいている言葉だけど、
価値を伝えなければ、それはお客様にとって存在しないのと一緒という話。
これは、理容室やお顔そりサロンの場合、特に当てはまる言葉なので、
ここの部分にどうお手伝いしていけるのか?が自分の仕事なんですよね!


20170328_5.jpg


最後に、「決断より行動!」の言葉。
これも自分で実感していることだけど、セミナーを受けると感動する人がいて、
「よし!やってみよう!」と決断する人も多いけど、
実際に行動し、1年後に行動し続けているのは、100人のうち一人くらい。


20170328_6.jpg


この学びを仕事に活かしていきたいな!と思うとともに、
本棚のエクスマの本を全部引っ張り出し、もう一度読み直さないとね♪


もう一度、書いておきますね!


価値を伝えなければ、それはお客様にとって存在しないのと一緒です。
つまり、新しいメニューも伝わるように発信しなければ、やっていないのと一緒、
また、あなたのお店を知っていただけるよう発信しなければ、
それは、あなたのお店が存在しないのと一緒ということです。



伝わってますか?(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示