ブログ 新規のお客様は、サロンの発信情報に沿った客層が集まってくる 理容よもやま話
お顔そりビジネスでは、お客様数がほとんどないところから始まるから、
新規集客とリピーター作りは、当たり前のように行っているけど、
理容室を何十年も経営していると、ご来店客のほとんどがリピーターで、
新規客は月に数人というお店も珍しくないものです。


そうしたお店で良くお聞きするのが、
「もう何年も客単価が上がらないし、値上げも出来ない」、
「オプションメニューを勧めたって、そんなのをやる客はいないよ」、
「男性は、調髪料金ちょうどしか持ってこないから、オプションなんて無理」、
「店販シャンプー?奥さんが買ったシャンプーで済ませるから売れないよ」など、
出来ない理由、やらない理由、やれない理由のオンパレード(汗)


でもね、これってどうなのかな?って思うんです。
同じ町の中でも、オプションメニューが売れているお店もあるし、
500mlで4,000円のシャンプーが月に何本、何十本も売れているお店がある。


最近、特に感じるのは「お客様はあなたの発信に合った客が集まる」ということ。
つまり、「新規の方は30%OFF」という発信をしているお店に集まるのは、
料金の割引が好きなお客様だということ。


同じように、お客様はちょうどの料金しか持ってこないとか、
お客様は新しいメニュー、オプションメニューはやらないと思っている店には、
普通の調髪しかしたがらないお客様が、集まってしまうように思えるんです。


逆に、季節ごとにオススメメニュー、オプションメニューが変わったり、
新しい化粧品があると、お勧め商品として紹介してくれるお店には、
そうしたことが好きなお客様が集まっているしね!


例えば、今日のメールでこんなことがありました。


商品やPOPに興味があるのはもちろんのこと、
長らくブログ、FBを愛読させていただいているファン的心理から、
一度江澤さまと取引させていただきたいと思っていました。



ここには、「他で扱ってない商品だからとか、他より安いからとか、
オリジナルPOPがあるからという理由だけではないです」と書かれています。
つまり、私の発信に共感した方からご連絡をいただけたことになります。


これって理容室でも同じだと思うんです。


サロンの方が、新しいメニューや新しい化粧品を面白いと思い、
売れるか売れないか、売上が伸びるか伸びないかでなく、
面白いか面白くないか、楽しいか楽しくないかで選ぶことで、
それに共感したお客様が集まってくるんじゃないかな?


例えば、今ご紹介しているメニューでこんなのがあります。


20170309_1.jpg


これは、「月に一度は肌メンテ」というキャッチコピーのもと、
クリエステマッサージクリームを使い「クリームでパック」を行うものです。


今回は、マッサージクリーム1本のご注文に、
コピー用紙の2倍の大きさになるA3サイズのメンズ向け、レディース向けPOP枚と、
施術工程をマンガにしたA4サイズPOPの3枚をクラシエが用意してくれます。


シェービングを終え、蒸しタオルで一度ふき取ったところで、
クリエステマッサージクリームをマスカット粒2コ分を手のひらに取り出し、
両手で撹拌してから、図のように軽くマッサージしながらお顔に広げ、
蒸しタオルを載せて、45秒~1分ほど蒸してからふき取りをします。


20170309_2.jpg


こうしたメニューを「面白い!」と感じ、取り入れるお店もあるし、
「うちの客はやらないよ!」というお店もあります。


でもね、マッサージクリームって1本、〇〇〇〇円でしょ?(笑)
それに、1回5gだから、1本あれば、40人以上使えるんです。
そう考えると、やらないより、やった方が楽しいと思うんですよね!


そして、「月に一度は肌メンテ」は季節ごとに内容を変えていけるし、
もっと上のコースが欲しいという方に向けては、
本格的なマッサージを足すことで、ワンランク上の提案だって出来る。


儲かるか儲からないか、売上が上がるか上がらないかじゃなくて、
お客様とのやりとりや仕事を、もっと楽しんでやってもいいんじゃないか?
と思う今日この頃です(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示