ブログ 出雲大社と足立美術館、そして松江城を楽しむ神話の国 理容よもやま話
10年くらい前のことだったかな?
夏休みを利用して、山陰の名所巡り二泊三日のツアーに出かけたけど、
時間で区切られる中で、なるべく数多くを回ろうとするから、
どうしても、忙しい旅行になってしまうんですよね!


そうした中でも印象に残っていたのが、出雲大社と足立美術館、そして松江の町。
出来たら、ここだけでももう一度行きたい!と思っていたので、
今回は、往復の飛行機とお宿、レンタカーを手配してお出かけしました。


出発前に、羽田空港でインカメ!


20170306_0.jpg


そうそう!今、テレビCMで頻繁に流れているのが、
JAL国内便で、無料Wi-Fiが使えるという気になるサービス。
衛星接続サービスを利用した、機内インターネット接続サービスなんですね!


飛行機に載る時はスマホの電源を切るか機内モードにするのがマナーだけど、
飛行機が離陸後、機内モードのまま、Wi-FiだけをONにしてブラウザを開くと、
メールアドレスとパスワードを登録して、普段通りのネットが使えるように!


飛行機の中で撮った山々の写真も、こんな感じにFacebookに上げられるし、
フライトマップを開けば、こんな感じで、現在の飛行位置だって見られます。


20170306_22.jpg


20170306_23.jpg


9月以降は有料になるようだけど、どうせなら、ずっと無料ならいいのに(笑)


さてさて、


離陸から1時間10分後には出雲空港に到着し、レンタカーを借りて出発。
まずは第一の目的地でもある出雲大社へ。


20170306_1.jpg


出雲大社と言えば、縁結びの神様。
今年で二人めの娘が片付いたこともあったので、その報告とお礼を兼ね、
合わせて、お取引先の皆さんが、良いお客様とご縁が生まれるようにと、
しっかりとお願いしてきました♪


20170306_2.jpg


20170306_3.jpg


20170306_4.jpg


20170306_5.jpg


ちなみに、神社の拝礼は二礼二拍手一礼が一般的だけど、
ここ出雲大社は、二礼四拍手一礼がという独特の方法で行います。
また、手を合わせる時は、「節合わせ(不幸せ)」にならないよう、
右手を少しずらすのも、ポイントなんだとか。


縁結びの神様ということもあって、出雲大社の中でも女性の姿が目立ちます。


20170306_6.jpg


娘達の家も家内安全が一番なので、お守りをお買い求め。


20170306_7.jpg


参拝を終えたら、ランチ。
出雲でランチと言えば、名物の出雲そばですよね!


わんこそば、戸隠そばと並び、日本三大そばの一つと言われていて、
蕎麦粉を作るときに、ソバの実を皮ごと石臼で挽くため、
そばの色は濃く黒く見え、香りが強いのが特徴です。


20170306_8.jpg


あと、変わっているな~と思ったのが、その食べ方。
関東地方では、だし汁にお蕎麦をちょこっと漬けて食べるのが一般的だけど、
出雲そばは、割子そばの丸い容器にだし汁をかけて食べるんですね!
それも、ちょっと甘めのだし汁はとても新鮮でした♪


午後は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星評価の足立美術館へ。
三つ星と言えば、「わざわざ旅行する価値がある」という評価なので、
山陰にお出かけの際は、絶対に外せないですよね!


20170306_9.jpg


20170306_10.jpg


いちばん有名なのが、こちらの窓枠を通して庭を見る風景。


20170306_11.jpg


皆さんが足を止めて見入ってしまうほどの美しさです。
今の時期は、芝の色もまだまだ寂しいけど、10年前は夏休みだったから、
ほら、こんなにキレイな色になるんです。


20170306_21.jpg


また、お庭を見渡せるカフェからの景色も美しく、
奥さんが頼んだ抹茶ラテは、自分で抹茶を注ぎ入れるスタイルでオシャレ♪


20170306_12.jpg


二日目は、松江城と城下町を楽しむため、のんびりと街歩き。
今現在、天守がそのまま現存するお城は全国で12城あると言われていて、
その中で国宝に指定されているのは、兵庫県姫路城、長野県松本城、
滋賀県彦根城、愛知県犬山城、そしてここの島根県松江城の5つです。


まだ、他の4つのお城も行ったことがないから、これから制覇を目指します(笑)


またまたランチがお楽しみ!
旅行中は、糖質制限も一時的に解除して、美味しいものをいっぱい食べる!


20170306_13.jpg


20170306_14.jpg


そして最後に訪れたのが、出雲八重垣神社にある鏡の池。
この池は、稲田姫命が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の難を避けるため、
森の大杉を中心に八重垣を作り隠れ住んだ時に、
日々の飲料水として、また姿を写した鏡の池だということから、
縁結び占いの池として信仰されています。


20170306_15.jpg


20170306_16.jpg


池に浮かべた占い用紙に100円玉か10円玉をそっと乗せ、
15分以内に紙が沈むと良縁が早く、30分以上かかると縁が遅く、
近くで沈むと身近な人と、また遠くで沈むと遠方の人と結ばれるのだとか。


さっそく試してみたら、わずか5分ほどで、すぐ近くで沈みました!


20170306_17.jpg


20170306_18.jpg


20170306_19.jpg


奥さんはというと、そっと10円玉を載せるつもりがポトンと置いてしまい、
紙の真ん中に穴が空いて、池の中に沈んでしまい、紙はいつまでも浮いたまま(汗)
これって、縁がないのか???


20170306_20.jpg


と、ツアーのように時間を気にすることもなく、
行きたい場所へ行き、満足するまでその場で過ごし、
食べたいお店で美味しい食事を楽しんだ、一泊二日の夫婦旅。


お任せでどこへでも連れて行ってもらえる、旅行会社のツアーも良いけど、
こうして、自分で飛行機、お宿、レンタカーを手配しての旅も、
また、違った楽しみがありますね!


また、次の旅行に出かけられるように、お仕事も頑張ります(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示