ブログ お顔そり美容法自主練習会(東京チーム)がスタートしました 理容よもやま話
今日から始まったお顔そり美容法自主練習会。
大阪チームでは、毎月のように練習会が続いているけれど、
東京で、こうした集合型の練習会が行われるのは初めてなんですね!
練習会を始めるにあたり、発起人の女性理容師さんがごあいさつ。


020170221_1.jpg


この練習会の目的は、個々の技術のレベルアップはもちろんだけど、
1年後には、お顔そり美容法体験会を開きたいということ、
そして、さらなる高みを目指す方には、
東京講師会会員としての活動も目指していきたいというもの。


今日は、一番基本の行程となる、クレンジングとタオルワークから。
まずは、お顔のウィッグを使って、手順を確認していくが、
この辺りから自己流が出てきてしまう人もチラホラ(笑)


020170221_2.jpg


お互いが気づいたことをアドバイスしあい、全員のレベルを上げていく。


020170221_3.jpg


さて、手順の確認が出来たところで、相モデルでの施術です。
この時も、モデルになった方は寝ているわけには行きません!
指の動きと行程、施術のスピード、お肌への圧力など、
施術を受ける側として気づくことを伝えながら、技術を修正していきます。


020170221_4.jpg


020170221_5.jpg


そんな中、皆さんが不安そうにやっているのが、ふき取りのタオルワーク。
お顔そり美容法では、レーヨン100%のフワフワタオル2種類を使い、
ふき取りを行っていくけど、優しく拭くだけだと拭き残しを感じるし、
かと言って、しっかり拭こうとすると、お客様は不快に感じる。
だからこそ、優しいのにしっかり拭きとれる、技術が大切になります。


今回は、特にタオルワークでの技術不足を皆さんが感じていたみたい。


020170221_6.jpg


020170221_7.jpg


020170221_8.jpg


020170221_9.jpg


020170221_10.jpg


来月までに、今回勉強したクレンジングからタオルワークまでを復習し、
次回は、そこまでの行程を技術チェックからのスタートです。



なお、次回はクレンジング → タオルワーク を終えた後、
お肌を、カミソリによるお顔そりの刺激から保護するための、
F22APエッセンスの塗布工程のレベルアップを目指していきます。


参加者の皆様、お疲れさまでした。
今回の参加希望者が24名もあったので、
会場の広さの都合から、二日間の開催となりますが、
今日の一日目チーム参加者で記念撮影♪


020170221_11.jpg


お顔そりで集客を増やしていくためには、
新規ご来店客を増やしていくことが大切なのはもちろんのこと、
一度ご来店された方に、二度目、三度目と再来店していただくことが大切です。


のぼり旗、ポスター、A型看板、チラシなどの集客ツールを使うことで、
新規のお客様を集客していくことは出来るけれど、
お客様に再来店していただくために必要なのは、技術とカウンセリング力です。


間違っているところを直していけば、技術力は確実に上がります。
だからこそ、まずは間違いに気づくことが大切。


そのためには、お顔そり美容法DVDを毎日のように見て、
正しい技術イメージを頭に叩き込むことも大切です。
あとは、仲間との相モデルによる練習も、ぜひやってみてくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示