ブログ マウカウイ・シェービングスクール(1日コース)を見学してきました 理容よもやま話
「女性お顔そりを、みっちりと勉強したい!」という、
東北の一人の女性理容師さんのリクエストから急遽決まったのが、
マウカウイ・シェービングスクール(1日コース)。


と言っても、一人ではモデルを入れての実践練習も出来ないし、
どうややるなら、エステベッドは2台あるしということで、
4名の受講生を迎えて行われることとなりました。


20170215_1.jpg


普通なら、数回に分けて行っている講習だけど、
今回は、中身を凝縮して1日にまとめたものになったことから、
事前に宿題の含まれたテキストを郵送して勉強をしてきてもらい、
まずは、答え合わせと補足説明が行われる。


20170215_14


皮膚の構造について
ターンオーバーとは
美しい肌の条件
お顔の筋肉について
お顔のリンパ
集客について
まゆげの整え方
電話の出方


20170215_2.jpg


20170215_3.jpg


筋肉の位置を確認して、クレンジング工程の手の動きの説明をしたり、
身体の60%が水分から出来ていることから、古い水を溜めず、
新しい水に入れ替えていることの重要性を説明して、
リンパの働きや主なリンパ節の位置を知っていったりと、
クレンジングやお顔そり一つ一つの工程の持つ意味について、
かなり突っ込んだ勉強をしていく。


途中、ホントに電話が鳴り、お客様との実際のやり取りを聞くことも出来、
これは、かなり参考になったんじゃないかな?


20170215_5.jpg


ランチを挟み、午後からはいよいよ実践練習会!
まずは、お顔だけのウィッグを使い、クレンジングとタオルワーク。


20170215_6.jpg


クレンジングを塗布する時は、反対の手でお客様に触れることなど、
細かいところまで説明が入る。


20170215_7.jpg


20170215_8.jpg


クレンジングの拭き取りは、お肌への負担を最小限にするために、
なるべくタオルに吸わせてから拭き取りするための工程の確認。


20170215_9.jpg


いよいよ、カミソリ走行の確認です。ここで確約するのがメトロノーム!
ゆっくり、大きく、音に合わせてカミソリを動かしていく。


20170215_10.jpg


さて、いよいよ相モデルによる実習です。
最初のタオルターバンを巻くところでモタモタすると、
お客様が不安になるので、ここはしっかりと練習し、1回で決めること。
そして、クレンジング剤の塗布からクレンジング工程へ。


20170215_11.jpg


20170215_12.jpg


その後はカミソリを使ってのお顔そり実習を一人1時間半とたっぷり!


20170215_13.jpg


20170215_14.jpg


20170215_15.jpg


相モデルはお互いの技術を評価シートに記入したものを提出し、
ここに、佐藤妃美嘉先生が気がついたことを書き加え、
一人一人のまとめをしてから、アドバイスシートとして後日郵送になります。


最後は、ディプロマというか可愛い受講証がプレゼントされ、
シェービングスクールも楽しく終了♪


今回、自分が特に感じたのは、お顔そりと筋肉、リンパの関係。
クレンジングにしても、拭き取りにしても、
お顔の筋肉とリンパ節を意識して行うことがとても大切だということ。
そして、一つ一つの工程に意味があることを理解しながら、
お顔そりの施術することの重要性かな?


佐藤妃美嘉先生がボソッと言っていたけど、
「みんなも筋肉が見えるようになるとイイんだけどね~」の一言。


これは噂ですが、先生がお顔そりをしているときには、
お客様の顔が、マンガの「進撃の巨人」のように見えているんだって(笑)


ちなみに、


今後も、こうしたシェービングスクールの開催もお考えのようなので、
これからの発表も楽しみにお待ちになってくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示