ブログ メーカー欠品でご迷惑をお掛けてしていた今治ムシタオルが入荷しました! 理容よもやま話
当社取扱いムシタオルの中でも一番の人気商品といえば、
愛媛県今治市のタオル専門メーカーでオリジナル生産しているムシタオル。
目印は、赤線が2本入っているものです。


最近では、値段のお安い中国製タオルを見かけることが多いけど、
そんな中、お客様のお肌に直接触れるものとして、
また、理容室で一番気持ちが良いと言われるシェービングに使うタオルとして、
ぜひともオススメしたいのが、この2本線の今治製ムシタオル。



今治タオルってあちこちで名前を聞くのでご存じの方も多いけど、
意外にも、理容室で使えるような、ちょうど大きさ、重さのタオルがない。
そこで、オリジナルで作ってもらって販売しているのがこちら。


20161227_1.jpg


20161227_2.jpg


ヒゲと顔をアチアチのムシタオルで蒸すのには理由があります。
しっかりと蒸されたヒゲは毛自体が柔らかくなるので、
カミソリへの抵抗を減らすことができることから、カミソリ負けを防ぎ、
また、毛穴を開かせ、毛穴に埋まっているヒゲを起こすことで、
ヒゲの剃り残しも減らすことができるんです!


また、温度と湿度を与えるスチームサウナ効果により、
お肌全体の血行が促進され、リンパの流れが良くなりムクミが減ったり、
毛穴が開くことで、スキンローションや美容液の浸透を高めたりと、
色々なメリットが指摘されていますが、
最近注目されているのは、眼精疲労や疲れ目の解消などもありますね!


そして、ムシタオルの使い方で、一番気持ちが良い~と思うのは、
最初に適温のムシタオルを乗せ、その上に、もう一枚熱めのものを乗せ、
そして、その上に乾燥した薄手のタオルを一枚乗せるという方法



これをやられると、温かさが次から次へと送られてくるので、
目をつぶっているお客様は、あっという間に夢の中へ!


ちなみに、このムシタオルのもっとも大きな特徴は「吸水性」


今治タオルは、使う前に洗濯しなくても、しっかりと水を吸うタオルであり、
柔軟剤を使用する必要がないほど、しなやかで柔らか!
その吸水性テストは、小さく切ったタオル片を水にそっと浮かべ、
5秒以内に水に沈むかどうかを見るという方法で行われていて、
それも、未使用品、三回洗濯したものでテストするなど、
厳しい審査を行っています。


そして、もう一つのオリジナルムシタオルが女性用に使いやすいピンク色。
こちらは赤線ムシタオルと同じ糸を使い、同じ織り方をしているけど、
染料に「スレン」を使用しています。


20161227_3.jpg


20161227_4.jpg


カラータオルって洗濯を繰り返しているうちに色抜けしますよね?


ところが、こちらのカラームシタオルで使っているのスレン染料は、
日光や繰り返しの洗濯にも強い染料なので、
作業用ユニフォームやGパン、そして店頭ののれんなどに使われています。


ところが、スレン染料は水に溶けないことからムラになりやすく、
特殊な染色加工に手間がかかる上、原料コストが高いことから、
染色コストが高くなり、結果、タオルが高くなるのが欠点なんです。


と言っても、理容師さんのお手元にあるセールカタログで比べてみても、
他社の同じ大きさ、同じ重さ(310匁)のタオルと比較しても、お値段も高くはなく、
逆に少しお得なくらいの価格設定なので、心配はありません(笑)


タオルって傷んで来ていることに気づきにくい商品だけど、
乾燥した状態で自分のお顔にタオルを押し当て、
ガサガサとした硬さを感じたら交換のタイミングです。


理容室で一番気持ちが良いのはムシタオルというお声も多いので、
この機会に見直しされてはいかがでしょうか?


お値段は、白地に赤線が2本入った310匁ムシタオル(12枚入り)が3,650円、
ピンクの310匁ムシタオル(12枚入り)が4,300円です。
あっ!価格表記は税別ですので、よろしくお願いします♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示