ブログ お顔そりビジネスは、いつ始めるか?いつスイッチを入れるかが大事なポイント 理容よもやま話
お顔そり商売を頑張る女性理容師さんが年々増えてきています。
3年半前の春、東京で初めて「リビック女性お顔そり交流会」が開催され、
関西のお顔そりサロンオーナーから「お顔そりは儲かりまっせ!」という、
とっても怪しい話を聞いたのが、そもそもの始まりでした。


今にして思えば、お顔そりビジネスをする上で大切な、
「余っている理容椅子一台を使い、一人でお顔そりルームを経営する」という、
お顔そり美容法では「意識改革」と呼んでいる話なんだろうけど、
あの頃は、参加者のほとんどが理解できていない雰囲気だったような(笑)


その後、夏にはスマイルフェイスの寺越店長による、
お顔そり美容法デモンストレーションが行われたことで、
多くの女性理容師さんが、お顔そり美容法の施術方法であったり、
F22お顔そり専用化粧品の特徴や使い方などを学び、
こうして「お顔そり美容法」に興味を持った12人の女性理容師さんで、
秋口から、シェービングアカデミーが開催されていったんですね。


こうして考えてみると、関東地方でお顔そり美容法が広がり始めてから、
まだ、たったの3年しか経っていない。
でも、3年前に「本気のやる気スイッチ」を入れた女性理容師さんの中には、
月に70~80人を施術し、客単価も10,000円を超えている人もいる。


もちろん、2年半前にスイッチを入れた人、2年前に入れた人、
そして、1年前、半年前にスイッチを入れた人、さらには、
つい先日の1ヵ月前に本気スイッチを入れたばかりという人もいるけど、
大事なのは「いつ、本気で始めるか?」ということ。


お顔そりビジネスは、たった3年間頑張るだけで、
男性理容師さんに負けないというか、それ以上にもなる大きな売上を、
女性理容師一人で上げられるようになる、魅力溢れる商売です。


そして、お顔そりビジネスを始めると、
最初は新規でご来店いただいた方が、2回目、3回目のご来店となり、
そこにまた新規来客が加わることで、月間来客数が少しずつ増えていきます。
スタートして3か月ほどで、客単価4,000円、客数20名くらいまで行き、
1年後には、客単価5,000円、客数50名というOL並みの稼ぎを目指していきます。


さらには、3年で客単価10,000円、客数100名が目標ではあるけど、
いよいよ、この数字に近づいてきた人も出てきています。


このことから分かるのは、
お顔そりビジネスは、1年頑張ればこんな感じ、3年頑張ればこんな感じという、
先輩方がたくさんいるってことなんです。


だからこそ、あなたが理容の世界で、今以上に稼いでいきたいと思うのなら、
どこかのタイミングで「よし!お顔そりで稼いでいくぞ!」と、
本気のやる気スイッチを自分で入れないければダメなんです。


そして、そのスイッチが早く入った人ほど、早く稼げるようになります。
だって、わずか1年頑張って、客単価5,000円、客数50名という数字が出来ると、
月間売上金額にして25万円でしょ?これは年間売上にして300万円です。


さらに、この300万という年間売上を生み出すために、
新しく店舗を契約することも、内装工事や新しい設備投資をすることもなく、
今ある環境の中で出来てしまうんです。


その上、今までその理容室で生活をしているのだから、
店舗の家賃や光熱費といった経費は、今までの売上で出ているので、
お顔そりビジネスを新しく始めたからと言って、
家賃が増えるわけでも光熱費が増えるわけでもない。


ということは、化粧品やタオルといった材料費だけしか費用が増えないので、
売上金額のほとんどが利益になりやすいという構造なんです。


大事なのは「いつ、本気のやる気スイッチを入れるのか?」です。
そして、スイッチを入れたら、3年間は頑張ること。
必ず結果は出ます!というか、多くの女性理容師さんが出しています。


今日も、一人の女性理容師さんとメールしてました。
あの時に「お顔そりで稼ぐ!」と決めて良かったね!って(笑)


あなたは「本気のやる気スイッチ」、いつ入れますか?
今始めれば、今から1年後、3年後に結果が出ることが分かっているのだから、
大事なのは「いつ始めるか?」ってこと!


半年後に始めれば、そこから1年後、3年後だし、
1年後に始めれば、さらにそこから1年後、3年後。
それだったら、今始めるのが一番若くって、一番頑張れるよね?(笑)


それがお顔そりビジネス、成功のための第一歩なんです♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示