ブログ 金色の大銀杏 理容よもやま話
FC2ブログ

金色の大銀杏

2006/10/04 Wed 20:56

皆さんは大相撲をご覧になりますか?
道具屋は朝のニュース番組で見るくらいなんですが
今場所では大銀杏に関連してちょっとした話題がありますね。

東欧のエストニアから日本に渡り
入門からわずか8場所で関取に昇進した把瑠都(ばると)
生まれつきの金髪なんですが、大銀杏が金髪になるとかならないとか。

本来は関取になれば大銀杏を結うと言うが決まりだけど
昇進が早すぎて髪の伸びるスピードが間に合わず
大銀杏を結える長さになっていないんですね~

でも、これからどうなるのかは気になりますよね? (*≧m≦*)ププッ

欧米人と日本人の髪にはかなりの違いがあります。
欧米人は細くて柔らかいのにパーマがかかりにくいという特徴があるし
毛が細いために長く伸ばしていくと先端で切れてしまうと言われています。

あと、頭蓋骨の骨格の形も影響しているんです。
日本人はあまり奥行きのない頭蓋骨なんですが
欧米人は後頭部が張っていて上から見ると楕円形なんです。

その分、後ろから結い上げて大銀杏を前に出すためには
日本人以上の髪の長さが必要になるんですよ~
何となくイメージできます? (*≧m≦*)ププッ

今までも外国人力士はいましたが金髪は把瑠都が初めてですね。
ブルガリア出身の琴欧州、モンゴル出身の朝青龍
そしてハワイ出身の小錦、曙も比較的、黒に近い髪色でした。

あっ、かなり前の話ですが
アイロンでのストレートパーマをかけた力士は
小錦が初めてだったとかって聞きましたけど真相はどうなんだろう?

話を戻して ε=(ノ‥)ノオカエリ

金髪での大銀杏が見られたらキレイでしょうね。
道具屋も楽しみにしているんですが
果たして無事に髪が伸びてくれるのかどうかが微妙なところ。

まあ、どうしても伸びなかったら
金髪のエクステンションを付けるという手もあるけど
これって日本相撲協会が許可してくれるんでしょうか (*≧m≦*)ププッ

それとも・・・時代劇風に殿様カツラとか ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡☆



更新の励みになります♪
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking
↑↑↑ランキング応援をお願いできますか? フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

スポンサーサイト



日々のこと | コメント(4) | トラックバック(1)
コメント
金髪は今までいなかったですもんねー。
私も是非見たいです。
あっ!ハワイの力士たちは
ストパかけてましたよね。
伸びてくると生え際うねってました(*≧m≦*)ププッ
外人
へええ~
ちょっとためになりました。
知らなかったですね、欧米人と日本人は、髪質も違う。
当たり前なんでしょうけれど、考えたことが無かったです。
細くて、切れやすい・・・・わたしと同じだなあ。
わたしも長く伸ばすのは難しく、パーマもいまいち。
今日の話、おもしろかった~~。
以前錦糸町近くに住んでいたとき、結構力士を見かけました。
生力士は、で幕下でもかい!!携帯電話がすごく小さく見えたし、ボタン押しづらそうでした・・・。
>mirireさん

ハワイ出身の力士はクルクルの天然パーマだから
伸びてくるとすぐにうねりが見えちゃうんですよ~
多分、本場所ごとにストパーをかけたんじゃないかと思いますよ。

>寿司屋のおかみさん小話さん

道具屋も気にしていなかったんだけど
いざ大銀杏が近づいてきたら妙に気になってしまって (*≧m≦*)ププッ
おかみさんも見るからに細くて柔らかそうな髪ですね。
パーマをゆるくかけるとすぐに取れてしまうし
持たせようと思ってかけると、クルンクルン ヾ(;´▽`A``アセアセ
道具屋も一緒です~ (・_・、)

>nap hirakuさん

スポーツ選手は相撲もプロレスも野球選手も大きいんですよね。
ただ、同じ体格の人が並んでいるから目立たないだけ。
確かに今の携帯電話・・・
う~ん、3つくらい一緒に押してしまいそう ( ̄m ̄*)ププッ

管理者のみに表示
トラックバック
江戸時代、まだ力士も月代を剃っていた時代は今とは逆に髷の後ろを真上から見た時に銀杏の葉の形に似ているためにこう呼ばれていた。本来は銀杏髷と呼ばれる結い方のバリエーションで、髷の部分が大きいものを大銀杏と呼び、江戸時代の武士に好まれた結い方であった。当時の