ブログ 理容サロン向けLINE@勉強会を開催しました 理容よもやま話
先日、とあるセミナー会場で女性理容師さんから頼まれたのが、
個人用LINEに対して、店舗用LINEと言われる「LINE@」を教えてほしいということ。


自分だって、色々と調べながら何とか使っている状態だけど、
個人用LINEには組み込まれていない一斉配信メールと、
私が毎月送っている500円割引クーポンの抽選システムの、
作り方を教えて欲しいらしい。


う~ん…ここはやっぱり「頼まれごとは試されごと」と思い、
それじゃ、当社事務所に来てもらって勉強会をしましょうということに。


20160927_1.jpg


募集枠は事務所に座れる人数ということで8名だったけど、
直前で一人の追加があり、合計9名という大所帯(笑)
LINE@は個人LINEと違い、パソコンがないと出来ないこともあるので、
参加者の皆さんには、ノートPCをお持ちいただくことになり、
それこそ机の上は、大混乱状態。


20160927_2.jpg


20160927_3.jpg


LINE@の説明を始める前に、皆さんにお伝えしたのは、
なぜ、理容室の方々はお客様とLINE@でつながると良いのかの理由。


FacebookやTwitterなど、SNSの基本はネット上のコミュニケーションだけど、
ここで大切になるのが「誰に読んでもらいたいのか?」ということ。
例えば、私のFacebook友達は、その多くが理容師さんであって、
同業者の理容ディーラーさんは、ほんの数人しか友だちになっていない。
それは、自分の発信は理容師さんに読んで欲しいから。


ところが、Facebookをされている理容師さんの多くは、
理容師さん同士、理容関係のお友だち同士でつながっている人が多く、
仮に、今から来店されるお客様とのつながりを増やしても、
あなたから発信される言葉は、同業者に伝えたいと思っているのか、
それとも、来店されるお客様に伝えたいと思っているのかがあやふやになり、
結果、差し障りのない、メッセージ性のない投稿になりがち。


そこで、情報発信のために、お客様とつながるツールとして、
LINE@の活用をしていきましょうというのが今回の趣旨。


ここからは、現在の携帯電話、スマホなどの情報通信機器の普及状況や、
年代別のインターネット利用状況、そしてFacebook、LINE@、Twitter、
Instagramなどの年代別利用状況などを勉強し、
その上で、LINE@の活用方法をいくつか提案させていただきました。


個人用LINEは、1対1のやりとりに特化したアプリで電子メールの進化型。
東日本大震災の時、被災地の親戚と連絡を取りたくても電話は一切つながらないし、
メールをしても、返信がないことから安否の確認が取りづらかった。
それをを解決するために「既読機能」を開発し、読んだメッセージに「既読」が付く。
返信を打つ余裕はなくても、メールを読んだことが分かると安心感が違う、
という話には、皆さん、真剣な顔をして頷いていたな~。


これに対して、店舗用LINE@は、個人用とは違った使い方があり、
その一つが、多数の人への情報発信できる一斉配信メール。
友達同士であれば、FacebookグループであったりLINEグループで、
仲間同士で情報を共有することが出来るけど、
お店とお客様は1対1の関係でつながっているので、
知らないお客様を一緒にまとめたグループというのは出来ないしね(笑)


そこで、ここからは実践練習の開始!


まずは、パソコンからもLINE@を使えるようにして動作確認。
お互いのLINE@を参加者の皆さんに登録してもらうのに、
IDをメールで送ったり、QRコードを表示して読み込んでもらったり。
私からも、LINE@紹介カードの事例や、名刺の作り方をご紹介。


20160927_4.jpg


20160927_5.jpg


お互いに一斉配信メールがどんな感じに届くのかを一人一人試していく。
この後は、個人用LINEと同じような1対1トークも練習し、
LINEでの予約受付が可能であることも、実践の中で理解していく。


このあたりまで来ると、参加者の皆さんも頭の中が大混乱(笑)


20160927_6.jpg


続いては、抽選でクーポン券が当たるシステムの説明と、
その作り方、使い方を説明し、底から皆さんにも実践してもらう。


中には、抽選で一部の人に送られるはずのクーポン券が、
登録してくださっている方全員に送られてしまった参加者もいて、
こんなのが実際の運用上で出てきたら、大変だよね(笑)


と、こんなドタバタ騒ぎであっという間の4時間!!


集合写真を撮ってなかった!と思い出し、終了直前に、皆さんで記念写真。
4時間もの長時間の勉強会でヘトヘトなはずなのに、
予想以上に楽しそうにしていたのが印象的でした!


20160927_7.jpg


ここからは懇親会に場を移して、そこでも楽しいLINE勉強会。
時間の許す人は、3次会までお付き合い。ここでも勉強は続く~(笑)


20160927_8.jpg


20160927_9.jpg


でもね、大事なのはLINE@の使い方を覚えることではなくて、
ご来店いただけるお客様との、緩やかなつながりをキープするために、
そのときに考えられるツールで、お客様とつながり、
お店をご利用いただけるお客様に、精一杯喜んでいただけるよう考えること。


居酒屋さんのこんなメニューも、お客様の笑顔のための一品ですよね♪


20160927_10.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示