ブログ うちの客は年配者が多いから、HPやブログは必要ないよ!は通用しない 理容よもやま話
先日のこと、女性理容師さんからこんなお声をいただきました。


江沢さんが使っているLINE@ありますよね?
あれで毎月抽選で500円の割引クーポンが当たるじゃないですか?
あれは、江沢さんが抽選して、当選者に当たりを送っているんですか?



うん?なんか大きく勘違いされているみたい(笑)
あれは、個人用LINEにはなくて、LINE@が持っている機能の一つなんだけど、
クーポン券とある当選率で当たりを出す抽選を行う仕組みを組み合わせ、
登録いただいているお客様に一斉送信しているものなんです。


そんなことから、休日の月曜日を利用して、
当社の事務所に数人のお客様にお越しいただき、
何となく分かりにくいLINE@を一緒に勉強することになっているけど、
そのための資料をまとめているんですね。


そこで改めてインターネットやスマホの利用状況を調べてみると、
ここ数年での変化の大きさに驚かされます。


まずは、こちらが主な情報通信機器の世帯ごとの普及状況です。
(出典)総務省「平成26年通信利用動向調査」


20160918_1.jpg


平成19年以降、7年連続で携帯電話、PHSを持っている家庭は、
ほぼ上限となる95%と高止まりしている一方で、
固定電話の普及率は75.7%と、4軒中1軒は固定電話を置いていないらしい。
確かに、うちの娘夫婦も固定電話は置いてないし(汗)


その一方で、スマホは5年前の平成22年の10%からスタートして、
平成26年度末で64.2%の普及率まで伸びてきているし、
最近では中高年の方もスマホを持っているのをよく見かけるから、
さらに増えていっているんでしょうね!


そして、Yahoo! JAPANが発表した、
「2016年 ガラケー&スマートフォン利用率・満足度調査」の結果では、
平成28年4-6月の調査時点で、60~64歳は2人に1人がスマホユーザーであり、
65~69歳でも3人に1人、70~74歳も4人に1人が所有していたとか!
そして、昨年からの伸び率を見ると60代を中心にシニア層が伸びているという。


20160918_2.png


さらに、スマホだけでなく、家庭でのインターネット利用状況を見ると、
世代別インターネット利用率(出典)総務省「平成26年通信利用動向調査」では、
40代までは、ほぼ100%がインターネットを利用していて、
50代でも91.3%、60代前半で80%、60代後半で70%、
そして、驚くことに70代以上でも50%、つまり2人に1人はネットユーザー。


20160918_3.png


こうしたことを見ていくと、
「うちの店はご年配のお客様が多いから、HPなんか必要ないよ!」、
「ブログなんか書いたって、読んでくれる人はいないよ!」というのは、
これからの時代、通用しなくなってきそうです。


今までは、お顔そりでの新規集客の基本というと、
まずは店頭での情報発信となる、のぼり旗、ポスター、A型看板の活用、
次に、新聞折込チラシを活用した、お店の前を通らない人へのアプローチ、
そして、それ以上の距離をカバーしていくブログやホームページという、
距離別の3段階のアプローチ方法が中心でした。


でも、こうしたデータから読み取れることは、
店の前を通る人や、また店の前を通らない地元の人という近距離の方でも、
ブログやホームページで自分がどんな人なのかを発信し、
ご来店いただいたお客様とは、LINE@などを通じて、
緩やかな関係を維持することが有効な方法になってきそうです。


ちなみに、コミュニケーションツールとして普及してきているLINEですが、
国内での利用者は2人のうちの1人、5,300万人が使っているそうだけど、
中高年の方でも60~64歳は3割が利用し、65~69歳は2割弱、
70~74歳は1割が使っていて、その数字は、毎年伸びつつけているのだとか。


そう言えば、うちの娘から送られてくる孫の画像や動画は、いつもLINEから。
そのうち、孫と直接やり取りする時期も来るのかな~?(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示