ブログ エミューファンデカラーを継続試験中です 理容よもやま話
ヘアダイかぶれする方や、繰り返しのヘアーカラーによる髪の痛みが気になる方に、
一度使ったら手放せない!と人気のノンジアミン「レプレカラー」。
そのレプレカラーにホームカラーとしても使える、
「エミューファンデカラー」を継続テストしています。


開発元の話では、レプレカラー+アルカリクリームA20(10%配合)に比べると、
市販のカラートリートメントに比べれば、圧倒的な色の入りだけど、
それでもレプレカラーより薄く、色持ちもやや短めという話だったけど、
いやいや、予想以上に色の入りも良いし、色持ちも長めです。


最初のエミューファンデカラーで染めて2週間ほど経ったところで、
2回目のファンデカラーを入れてみました。
ファンデカラーも2週間ですべてが取れるわけではないから、
段々と濃くなっているかも知れないけど、
2回目の方が色の入りもしっかりしているし、色持ちも長めです。


これは、2回目のファンデカラーで染めてから2週間半の18日が過ぎた髪色だけど、
自分で見ている限りでは、色が薄くなったという感じはないみたい。


20160816_1.jpg


それよりも、2回めの方が色持ちが良いような印象があるから、
おそらくは、前回のファンデカラーが残っている上から載せているので、
それだけ色持ちが良くなっているんだろうね!


髪をめくってみても、それほどの退色は感じないみたい。
自分の白髪率は30~40%だから、もっと白髪が目立ちそうなもんだけどね♪


20160816_2.jpg


これは想像だけど、エミューファンデカラーは店販用ということもあり、
2週間に1回程度の間隔で染めていくことを前提にしていて、
それがたまたま、前回のカラーが残った所に色を重ねて足していくが、
良い結果につながっているのかも知れませんね!


あと、レプレカラーの場合、ブラックは5レベルの黒、
ダークブラウンは6レベルの青味系、ブラウンは7レベルの赤身系、
ライトブラウンは8レベルの黄味系と色の違いがハッキリしているけど、
エミューファンデカラーに設定せれているプラチナブラウンは、
青味にも赤味にも触れていないナチュナルな色調なので、
退色してきても、青っぽくならないのが良いかも!


もし、今までのレプレカラーをお使いの方で、
このプラチナプラウンを作るときには、ダークブラウンを10に対して、
ブラックを3、モカを0.5の割合でミックスしていただくと、
ほぼ、プラチナプラウンを再現することが出来ます。


例えば、私くらいの髪で染める時は、60gほどのカラー剤を作るけど、
ダークブラウンを45g、ブラックを15g、モカを3gにすると作れます。


なお、エミューファンデカラーをお客様に販売する場合には、
こちらの塗布用ブラシをご用意することになりました。
ただ、このブラシでは根元がやや浮くので、
生え際や、髪の毛の分け目は、ハケや筆などをご利用いただくと良いかと思います。


20160816_3.jpg


今まで、白髪染めは気になるけど、一度染めたら止められないから、
なかなか染めずにいたという、初めてのグレーカバーの方を始め、
サロンでレプレカラーをされている方で、伸びてきた白髪を家でケアしたい方、
そして、今まで、ドラッグストアでカラートリートメントをお求めの方、
何よりも、ヘアカラーによる髪の痛みが気になる方にこそ、
ぜひ、おすすめしたい商品です!


-------------------------------------------
エミューファンデカラー(プラチナプラウン) 200g入り
小売価格:3,500円(税別)
-------------------------------------------




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示