ブログ レプレカラーはボリュームの出ない方、艶感や手触りを気にされる方にも人気です 理容よもやま話
ノンジアミンのレプレカラーは、
ヘアカラーをすると頭皮の痒みが出たり、フケが止まらなくなるといった、
ジアミンかぶれなどのアレルギーをお持ちの方であったり、
繰り返しのヘアカラーによる、髪の痛みが気になるという方に人気のヘアカラー。


こういう話を聞くと、かぶれる方、髪の痛みのひどい方という、
特別なお客様だけのヘアカラーというイメージになりがちだけど、
レプレカラーをお使いのサロンが一番便利に使っているのが、
アルカリカラーとレプレカラーを合わせた「ハイブリッドヘアカラー」。


レプレカラーはヘアカラーかぶれの心配もなく、また髪も傷まないことから、
とても便利で使いやすいヘアカラーではあるけれど、
アルカリカラーに比べると色持ちがやや短い、色味がやや薄いという、
欠点もまた併せ持っています。


そこで、レプレカラー導入サロンで一番使われているのが、
お店でお使いの白髪染め用アルカリカラー剤で白髪を、
レプレカラーで、色味とツヤ感、ハリ・コシ・ボリュームを出すという、
アルカリカラーとレプレカラーの両方の良さを持った方法。


もちろん、この方法はヘアカラーでかぶれる方には使えないので、
いつもは、アルカリカラーで白髪染めをしているけど、
手触りや艶をもっと良くしたい!というお客様に使ってくださいね!


それじゃ、ハイブリッドカラーの基本をおさらいしましょう!
というのも「ハイブリッドカラーって色々混ぜるから面倒だよね?」という、
お問い合わせをいただいたのですが、基本さえ覚えてしまえば、
こんなにしっかり染まってくれて、艶も髪の手触りも抜群なので、
サロンでは一番使いやすいヘアカラーになるんです。


まず、こちらが基本チャートになります。


20160719_1.jpg


これがちょっと分かりくいと思われている原因かも知れないけど、
なぜ、2色を混ぜなくてはいけないか?が難しく見えるのかな?
その辺りを解説しておきましょう!


アルカリカラーは、1剤と2剤を「1対1」でミックスして染めるものです。
この時に、仮に1剤と2剤を50gずつ使うとすると、
50gの1剤に含まれる染料を使って、
白髪を染めながら、必要な明るさにリフトアップするという仕事をします。


ところが、ハイブリッドカラーの場合は、
アルカリカラー剤の1剤とレプレカラー、そしてオキシ6%の3つを、
「1対1対1」で混ぜていくものとなります。


この時に、合計を100gで作るとすると、100g÷3=約33gになり、
アルカリカラー1剤は33gという少ない量の中で、
50g使う時と同じだけの白髪を染め、必要な明るさにリフトアップするという、
難しい仕事を求められることになるんです。


そこで、仮にナチュラルブラウンの6レベルで白髪のおしゃれ染めをするなら、
白髪を染める力の強い5レベルの白髪染めと、
髪をリフトアップする力の強い10レベルを混ぜる必要が出てきます。
ここは、混ぜるということだけ覚えておいて、
希望明度とミックスするカラー剤は、先ほどの配合表を壁に貼ってください(笑)


これに混ぜるレプレカラーは、これらファッションカラーの中から選ぶか、
または、ナチュラルブラウンのままで良い時は、クリアを併せます。


20160719_2.jpg


ということで、今までナチュラルブラウンの6レベル100gで染めてい方を、
ハイブリッドカラーにする場合のレシピです。


アルカリカラーのナチュラルブラウン5レベルを17g
アルカリカラーのナチュラル10レベルを17g
レプレカラー(クリア)を33g
オキシ6%を33g
-------------------------------
合計 100g



とします。


また、8レベル仕上がりで、赤味の少ない白髪のおしゃれ染めにする時は、
こんな感じかな?


アルカリカラーのナチュラルブラウン5レベルを17g
アルカリカラーのナチュラル12レベルを17g
レプレカラー(ヴァイオレット)を33g
オキシ6%を33g
-------------------------------
合計 100g



こうしたものは、お客様ごとにカルテがあるでしょうから、
そこに記録しておけば、同じ混ぜ方なので簡単です!


なお、ハイブリッドカラーを試すために、
レプレカラーのファッションカラーを注文されるときには、
ご希望のプロステップカラー2本と、
ハイブリッドカラーの簡単な取扱説明書をサービスでお付けします。


この時に、特にご指定がない場合には、6レベルの白髪のおしゃれ染めが出来る、
GS5という白髪染めと、N10というファッションカラー剤をお付けいたします。


20160719_3.jpg


20160719_4.jpg


もちろん、ご自身がお使いになっているアルカリカラー剤でも、
ナチュラルブラウンをお使いいただければ大丈夫ですが、
その時は、赤味に寄りがちとか黄味に寄りがちなどクセを持つものでなく、
なるべくニュートラルな色のナチュラルブラウンをお使い下さいね♪


ハイブリッドカラーは、頭で考えるよりも、まずは実際にやってみることが一番です。
今までのアルカリカラーだけの仕上がりとはまったく変わる艶と髪の手触りに、
お客様も感動されるはずです



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示