ブログ お顔そりのお客様が目を閉じているときは、小さな音にも気配りを 理容よもやま話
先日、大阪で行われた「お顔そり美容法体験会」での出来事です。


この日は、エステベッドがセミナー会場に4台設置され、
アカデミー卒業生が、お顔そり美容法体験希望者を施術するという流れで、
一人の持ち時間は、カウンセリングタイムを入れて70分の時間配分。


自分のサロンで、お客様と二人だけでいる空間とは違い、
隣でも、向かい側でもお顔そりが行われていて、
いつもと違う独特の緊張感と、会場内に流れるヒーリングBGM。


カウンセリングから、ポイントメイククレンジング、クレンジングジェル、
そしてAPエッセンスを塗布してから、ほわほわのレディースフォームをお顔に乗せ、
リンパの流れや筋肉の方向に沿ったお顔そりが行われています。


そんな中、お顔そり工程を終えたお一人の技術者が、
次に使うF22コンディショニングパックを持ち上げ、キャップを開け始めた。


20160708_1.jpg


あれ?この容器は親指1本で口が開けられるワンタッチキャップになっていて、
こんな感じに開けて、必要量を小鉢に取り出す使い方けど、
この方はなぜか、スクリューキャップをクルクル廻して、キャップを開けている。


20160708_2.jpg


20160708_3.jpg


パック塗布が終わって、身の回りのカップなどを片付け始めたところで、
気になったので、ご本人に質問してみました。


どうして、ワンタッチキャップで開けず、キャップを外すんですか?


帰ってきた答えが意外だったな~


キャップを閉めるときにパチッ!って音がするでしょ?
お客様がお休みになっている時だと、そんな音も気になるんです。



なるほど!お客様は半分夢うつつになりながらも、
こうした「パチッ!」という音を不快と感じる人もいるかもしれない。


中には、足音を気にされる女性理容師さんもいらっしゃって、
お顔そりの施術に入るときに、サンダルだと足音が気になるからと、
スリッパに変えてみたけど、それでもまだ音が気になり、
結局は、裸足で施術されている方もいるほどです。


裸足での施術にしてから、お顔そりの最中に爆睡される方が増えたのだとか(笑)


人は目を閉じていると、その分、耳から聞こえる音に敏感になるので、
こうした細かな点までの心配りが出来るとイイですね!


そうそう!


お顔そりの毛取り紙を胸元に置かれる方もいらっしゃるけど、
剃ったうぶ毛を紙に移す時は、胸に置いたままでなく、
紙を手で持ち上げてくださいね!


また、エステベッドをご利用の方は、毛取り紙を耳の横に置くこともあるけど、
耳のそばで、ガサガサとした音が聞こえやすいので、
紙を持ち上げて、カミソリを拭き、それから耳の横に戻してくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示