ブログ 新規のお店は、情報発信が少ないと入りにくいものです 理容よもやま話
近所のディスカウントストアまでお買い物♪
お風呂場の入り口に珪藻土バスマットを置いているんだけど、
布製のバスマットと違い、2~3分でカラカラに乾いてくれるから、
2番め以降にお風呂に入る人も快適に使えるのが便利なんです!


20160417_1.jpg


ところが、使い始めて4ヶ月めくらいからかな?
最初は足裏の水分が、ググッと吸われるような乾きの速さだったのに、
最近は、いつまでも表面に水分が浮いているような感じ。


こんな時は、紙やすりの400番くらいで表面を軽く磨くのがオススメ!
まるで新品の様な吸い込みが復活します♪


さてさて、ディスカウントストアまで行ってみると、
スポーツバッグを肩に掛けた女性がエレベーター待ちをしている。
そう言えば、このビルの5Fに24時間型フィットネスクラブが出来たんだっけ。


20160417_2.jpg


20160417_3.jpg


プールやエアロビクスといった施設はないけど、
有名ブランドのフィットネスマシンを設置しているスタジオらしい。


オープンした時から気にはなっているんだけど、何となく入りにくい。
ポスターと置き看板はあるけれど、持ち帰りが出来るようなチラシも無いし、
もちろん、新聞折り込みチラシも入らなかった。
ホームページも、5ページほどで構成された簡単なもの。


近くにスポーツクラブが出来たら行きたいな!と、
ずっと前から思っていたのに、いざ出来てみても、あまり行きたいと思わない。
う~ん、何でだろう???と思って考えてみたんです。
これってもしかして、「お顔そりをしたいと思っている女性」が、
今までに行ったことのない理容室に入りにくいな…と感じるのと一緒かも。


それじゃ、どのように価値の発信をすれば「行きたい!」と思えるのかを、
ざっと考えてみました。


まず、ディスカウントストアの5Fに24時間型フィットネスが出来るを知ったのは、
買い物に行った奥さんが偶然に見つけたもの。
ただ、この時は、近日オープンの看板だけだったみたい。


その後、自分も買い物のついでに店頭のポスターと置き看板を見たけど、
持ち帰りが出来るようなチラシが置いていない。
仕方がないからスマホでウェブサイトを探してみたら、
かな~りシンプルなものがあるだけで、あまり興味を引かれない(汗)


写真は外人さんのイメージショットで、実際にこんな人がいるわけ無いし、
どんな年代の人が、どんな目的?つまりダイエットしたいとか、
運動不足を解消したいとかで利用して欲しいのかも伝わってこないし、
ランニングマシンやエアロバイクがどんな感じで置いてあるのかといった、
中の様子が分かるようなものも無いのが残念。


そして、ウェブを検索しても、公式サイト意外では、
「高円寺に24時間型フィットネスがオープンしました!」と、
数人の人が個人ブログで取り上げたくらいで、中の様子も分からない。


そう考えると、不安があると人は新しいお店には入らないってことなんでしょうね!


それじゃ、どうすれば、不安を減らすことが出来るのかというと、
それは、徹底した情報発信なんですよね!


例えば、持ち帰りが出来るチラシや新聞折込チラシ。
ここでは、そのフィットネスクラブを選ぶべき理由が伝わることが大事。


まずは、どんな人に利用して欲しいのか?という顧客ターゲットを明確にし、
その人に向って、情報発信していくこと。
そして、5Fという、エレベーターで上がらないと中が見えないからこそ、
どんなマシンがどのくらい置いてあるのかも知りたいし、
どんな年代の人が利用しているのかを、ターゲット合ったモデルを用意し、
それを写真で伝えることも大事。


そうしたことを考えると、理容室の中のお顔そりルームも同じかも。
外からは見えにくいからこそ、中がどんな感じになっているのか、
どんな内容でお顔そりコースをしてくれるのか、
そのためには、どんな形で問い合わせや予約ができるのかなど、
お客様が不安と思う部分を解消していきたいですよね!


のぼり旗やポスター、A型看板を活用した店頭での情報発信、
続いて、持ち帰りや新聞折り込み型チラシを利用した半径500m地域への発信、
そして、店頭やチラシでお店に興味を持った人が、
不安を解消するためにさらに自分で情報を集めるための、
ホームページやブログでの情報発信と組み合わせていきたいですね♪


折込チラシを見て、それで興味を持ってブログを読むようになり、
施術してくださる方の人柄を気に入り、ご来店に繋がるケースって、
実はすご~く多いってご存知でした?(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示