ブログ プラス言葉とマイナス言葉では、同じことでも伝わり方が変わる 理容よもやま話
この年になると、持病というか、ずっと飲み続けている薬があって、
4週間に一度は、かかりつけの医者と処方薬局へ行っています。


いつものように検査が終わり「はい、それじゃいつもの薬で!」と言われて、
お馴染みの薬局へ向ったところ、薬剤師さんが一言…


江沢さん、お薬手帳はお持ちじゃないですよね?
4月からは、お薬手帳をお持ちにならないと薬が高くなるので、
今日、新しく発行しておきますから、次からは必ず持ってきてくださいね!



20160415_1.jpg


奥さんもそんなことを言われたと、2~3日前に言っていたから、
まあ、分かってはいたけれど、何だか上から目線で言われたようでイラッ(笑)


いつもと同じ薬を、いつもと同じ28日分受け取ったけど、
今までよりも料金が100円安くなっている!
なんだ!お薬手帳を持ってこないと、薬が高くなるんじゃなくて、
お薬手帳を持ってこないと、薬価引き下げが受けられないってことか。


それなら言い方を変えたほうが良くないですか?


今月から薬価引き下げで、お薬手帳をお持ちいただくとお薬代がお安くなります。
江沢さんはお薬手帳はお持ちではありませんよね!
それじゃ新しく発行しておきますので、次回からは必ずお持ちくださいね♪



お薬手帳のあるなしで、薬の値段が変わるということを伝えるにも
「持ってこないと薬が高くなる」と「持ってくると薬が安くなる」では、
受ける側の印象が全く違います。


どう伝えれば、相手がもっと喜んでくれるのかを考えて、
伝える言葉を選ぶことも大切ですね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示