ブログ 買いたくなるPOPはどう作るんですか?って言われても~ 理容よもやま話
この時期になると急激に売れ始めてくるのが、
理容室で人気の日焼け止め「リアルUVウォータリープロテクト」。


やっぱり人気の一番の理由は、無着色、無香料、無鉱物油、パラベンフリーという、
安心・安全設計だということで、これが大事なポイントなんだけど、
もう一つ、忘れては行けないのが、お肌への優しさ!


一般的に、SPF50+、PA++++という、真夏の日差しがピーク時にも使えるような、
防御力の強い日焼け止めは、お肌への負担も多いというのが相場だけど、
この日焼け止めは、紫外線吸収剤がマイクロカプセル化されているので、
お肌に直接触れることなく、刺激が少ないというのが大きな理由なんだと思うんです。


お顔そり美容法では、うぶ毛はもちろんのこと、
老化と共に、厚く固くなってくる不要な老化角質を優しく丁寧に取り除くので、
お顔そりをした直後は、特に紫外線からお肌を守ってあげたいんです。


何と言っても、肌老化の原因の80%が紫外線だと言われているから、
せっかく美容法としてお顔そりしているのなら、なおさらですよね!


ほら、同じ日本でも、秋田美人と言われるような東北や北陸の女性に比べると、
沖縄や石垣島のオジイ、オバアは肌のシワがグンっと深くなりますよね!
これも、紫外線の影響だと言われているそうです。


ちなみに、気象庁が発表している紫外線インデックスを調べてみると、
東京では日焼け止めが必要な期間は3月から10月までなのに、
秋田になると4月から9月まで、でも、沖縄は1月から12月まで(驚)


だからこそ、こうしたことをお客様にお伝えして、
お肌に優しい日焼け止めを今の時期からお使い頂きたいですよね!


さてさて、今年はオリジナルPOPを少しだけリニューアルしました。
今回変えてみたのは、このPOPの一番上にあるキャッチコピー。


20160310_0.jpg


去年は「この日焼け止め、サラッとして使いやすい!」と、
この商品の品質というか性能というか、品物の説明にしていたのだけど、
今年は、こんな風に変えてみました。


20160310_1.jpg


「うちの家族は全員これです!もう他の日焼け止めは使えません!」


今回は、どれほど品質が素晴らしいかという、モノの説明は止めて、
この日焼け止めを使うと、どんな体験が得られるかということを伝えてみました。
「モノを売るのではなく、コトを売る」という言葉があるので、
それをキャッチコピーに入れてみたんです。


この写真のように、商品をディスプレーボックスに入れて並べ、
お気軽にお客様が試せるようにテスターを用意し、
そして、目に入るところにPOPを貼っていただければ、
説明しなくて、お客様が勝手に買っていくと言われた、通称「神POP」(笑)


ご自身のお店にある他の商品でも、こんな感じのPOPを作られるのなら、
こんな点に気をつけながら、書いてみてくださいね!


全体を大きく3つのゾーンに分けて考えること。


一番上には、誰に使って欲しいのかという、ターゲットを明確にしたり、
「知ってましたか?!」みたいに問いかけの言葉を入れて、
お客様の関心を引くことを考える。


今回は、家族全員という言葉を入れることで、
日焼け止めは女性が使うものというイメージになりがちなのを、
男性も子供にも使えると伝えて興味を引いています。


このキャッチコピーでお客様の関心が引ければ、
2番めのゾーンで、お客様が知ることで役立つことを、しっかりと伝えていきます。
ここは、キャッチコピーでしっかりと気持ちが引けていれば、
多少、小さい文字や、細かな説明でも読んでもらえます。


そして最後の3番めが、初めて商品名と価格になります。
これ、何も考えずにPOPを書くと、商品名と価格から出てしまうんです(笑)
お客様が知りたいのは商品名でもお値段でもないので、
まずは、自分にとって必要かどうかを判断してもらう材料を並べて、
最後の最後に商品名と価格を伝えます。


あっ!このPOPでは、商品名の前に一言入れています。
それは「今、お客様がこの商品を買ったほうが良い理由の説明」です。
背中をひと押しというということかな?


こんな流れでPOPを書かれると、お客様に伝わるものが出来ますよ!
ぜひ、試してみてくださいね!


また、こちらの日焼け止めは、ご注文本数に応じて、
お客様にお試しいただけるテスターをご用意できるお得なセットもあるので、
詳しくは、お問い合わせくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示