ブログ レプレカラーの短所もお客様にしっかり伝えましょう! 理容よもやま話
使い込むほどに仕上がりの良さを感じ、
ヘアダイかぶれやカラーが頭皮に染みるという方以外にも、
繰り返しのヘアカラーの痛みを気にされるお客様に広がっている、
ノンジアミンのレプレカラー。


長所ばかりが目立って見えるけれど、
お客様にしっかりとお伝えししないといけない短所もあるんです。


レプレカラーの基本構造はカラートリートメントに近いので、
その特徴も欠点も似通ったものになります。


その一つは、一般的なヘアカラーに比べると退色があること。
例えば、普通の白髪染めでしっかり染めた髪はいつまでも暗いままで、
染めた部分が明るくなるということは少ないけど、
レプレカラーの場合は、カラートリートメントと同じように、
日数が経ってくると、少しずつ色落ちして元の髪色に戻っていきます。


これは欠点でもあり、また長所でもあって、
普通の白髪染めならば、染めて1ヶ月ほどで白髪が1cmほど伸びてきて、
染めたところと、染めてないところがくっきりと別れてしまいます。


ところが、レプレカラーの場合には染めた色が少しずつ薄くなり、
最後は元の髪色に戻るので、境目が出にくいというメリットにもなります。


ただ、この色落ちも気をつけなければいけない点があります。
それは、染めて3日間ほど、シャンプーで3回めくらいまでは、
シャンプーするたびに、シャンプーの泡や流すお湯がうっすらと色づくので、
真っ白なタオルで髪の拭くと、タオルに色がついてしまうんです。


そこで、お客様にはこんな感じでお伝えしておきます。


今日お染めしたのは、カラートリートメントに似た特徴なので、
シャンプー3回目くらいまでは、うっすらと色のついたお湯が出ます。
なので、タオルは色付きや柄の入ったものをお使い下さいね。
また、白いタオルで色が付いてしまった時は、すぐに洗濯してくださいね。


また、寝汗をかくと枕に色が移ることがあるので、
色物のタオルなどを敷いて寝られると色も気にならず良いですよ!


あと、汗っかきの男性の場合は、真っ白なハンカチで額の汗を拭くと、
これも色がつくことがあるので注意です。
ま、男性で真っ白なハンカチを持っている人ってあまり多くないけど(笑)


そうそう!お客様の写真を送ってこられた女性理容師さんがいらっしゃるので、
ご紹介させてくださいね!


20160225_1.jpg


20160225_2.jpg


アルカリカラーから2ヶ月、ネコ毛。
今回レプレカラーでさせていただきました。
80代の方ですが後ろ姿、艶髪で若々しく帰って行かれました♪



こうした、繰り返しのヘアカラーで髪の痛みを気にされるご年配の女性にも、
レプレカラーはおすすめですね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示