ブログ お取引先でのレプレカラー練習会にお呼ばれしました 理容よもやま話
レプレカラー導入キットをお届けしてから2週間。
ジアミンアレルギーの店長をモデルにして練習会を開くというので、
営業終了後の午後8時半にお取引先へ電車でGo!


モデルは店長と呼ばれているけど実際はサロンオーナーさん。
何年か前にヘアカラーをしたら、直径5cmほどのフケがボロッと取れて、
その後、2ヶ月もフケが止まらなかったという、立派なジアミンアレルギー。
プレ状態でもほとんど白髪は目立たず、実質的には5%未満なので、
今回は染めて色を見るというよりも、頭皮トラブルの検証ですね!


20160219_1.jpg


元々の地毛が黒くて、白髪が少ないので、
ここにダークブラウンやブラックだと、さらに黒くなりそうな気がしたので、
白髪が明るめになるのは承知のうえでブラウンをチョイス♪
カラーレシピはレプレカラー(ブラウン)とアルカリクリームA20を10対1。


そして、レプレカラー塗布後はラップの上からドライヤーで5分ほど加温し、
アルミ保温キャップをかぶせてメンズシェービング。


20160219_2.jpg


ジアミンタイプのヘアカラーだと、ちょっと考えてしまうけど、
ノンジアミンのレプレカラーなら、安心して寝かせられるのでイイですね!
シェービングを終え、トータルで30分放置でお仕上げしたのがこちら。


20160219_3.jpg


見るからに髪が艶々!そしてハリ・コシも出てふんわりボリュームアップ♪
髪を乾かしているスタッフさんも「サラサラで~す♪」って嬉しそう!


20160219_4.jpg


そうそう!カラーを始める頃だったかな?
缶ビールが何本か入ったコンビニ袋を下げた近所の理容師さんがやってきて、
こちらのお店からヘアマニキュアをもらって帰っていったけど、
どうやら、マニキュアのお客様はすべてレプレカラーに代えてしまうので、
使わなくなったマニキュアとビールを物々交換しているらしいです(笑)


今まで、ジアミンアレルギーでヘアカラーが使えないお客様の場合は、
ヘアーマニキュアで対応させていただくことが多かったけど、
刈り上げ部分やもみあげなど、髪が短いところは、思い切って塗れなかったんです。
でも、ノンジアミンのレプレカラーなら安心して塗布出来ますね!
それに、万が一地肌についても、普通のアルカリカラー程度の取れやすさだしね♪


続いては、メンズショートヘアーの理容師さん。
こちらの方は白髪が20%くらいで、ヘアカラーを弾きそうな毛質かも?
それほど濃くは入らないような印象だったので、あえてメッシュ仕上げを狙って、
ブラウンとダークブラウンを2対1で合わせ、そこにアルカリクリームA20を10%。


20160219_5.jpg


今回は、今まで試したことのなかった加温テストとして、
スチーム湿熱のナノプレッソ2分に乾熱のローラーボール5分にチャレンジ。


20160219_6.jpg


20160219_7.jpg


仕上げてみると、思っていたよりは色が入ったかも(笑)
もうちょっとメッシュっぽく薄いブラウンが出るかと思っていたけど、
意外なくらいに入ってしまった(笑)スチーム湿熱が良かったのかな?


20160219_8.jpg


プレの写真と比べると、髪はもちろんだけど、もみあげから刈り上げ部分が、
しっかりと入っているのが分かりますよね?
メンズのショートヘアーでも、これくらい入れば、お客様も満足ですね♪


ということで、まだまだ色々とお試しをしながらのレプレカラーだけど、
加温をするのとしないのでは、色の入り方がまったく違うのを感じています。


自然放置だけだど、やや濃い目にカラートリートメントが入ったくらいで、
サロンメニューという言い方はちょっと出来ない仕上がりだけど、
ドライヤーやナノプレッソ、ローラーボールなどを使ってしっかり加温すれば、
誰が見ても、白髪は見えないところまでの染まりを感じるはずです。


もし、身近にジアミンアレルギーで毛染めが出来なくて困っている方、
ヘアカラーを塗ると、頭皮がヒリヒリするのを我慢している方、
そして、繰り返しのヘアカラーで髪の痛みが気になる方がいらしたら、
ぜひとも、こちらのレプレカラーをお試しになってみてくださいね!


お使いになりやすい導入セットはこちらです。


ノンジアミンのレプレカラーによる白髪のおしゃれ染めとファッションカラーを体験



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示