ブログ レプレカラー体験サロンからレポートが届きました 理容よもやま話
ちょうど1週間前のこと。
こんなブログ記事を書いたところ、多くのサロンからお申し込みをいただき、
この週末からレプレカラーの体験セットを貸し出しを始めました。


それなら!と思いついたのが、宅配便を利用した体験会キットの貸し出し。
つまり、お取引サロンの体験会が無いときや土曜日から月曜日を利用して、
遠方のお客様にご希望の色味とアルカリクリーム、バッファークリームをお送りし、
使い終わったものを、翌日に送り返していただくという方法なんです。

ジアミンかぶれがあって、一般的なヘアカラーがお使いになれない方、
ヘアカラーをすると、地肌がピリピリして沁みる方など、
ヘアカラーでお困りの方にぜひお試しいただきたいと思っています。



最初にお申し込みをいただいた方とのやり取りはこんな感じ。


40~50%の白髪、明るめに染めたいんですが。


20160201_0.jpg


意外なくらいに白髪が多いんですね!
地毛が暗めに見えますけど、地毛もリフトアップしないと、
カラーだけ明るめに染めても、かえって色ムラに見えてしまいそうです。
地毛を少しだけ明るめにしながら、白髪にカラーを入れますか?



そのレシピでお願いします。
私的には江沢さん位のカラーにしてほしいのですが、
本人は明るめが好みでいつもは8トーンの白髪染めしてますから、
既染毛は退色してかなり明るめです。



メンズで8レベルは明るい!
では、私より一段明るい色味でいきましょうか!
レプレカラーのブラウンを50g、オキシ6%を50g、アルカリクリームを10gで、
7レベル仕上がりくらいです。日曜日に到着、翌日にそちらを発送でよろしいですか?



ということで、実際に染めていただいたのがこちらの写真。


20160201_1.jpg


白髪はしっかりと染まり、地毛も適度にリフトアップしているのが分かりますよね♪


レプレカラーの染め方の中に「10対10対1」という法則があって、
レプレカラーとオキシ6%、アルカリクリームのクリームA20を上記の比率で混ぜると、
地毛を6レベルまでリフトアップし、白髪にはレプレカラーが入ります。


今回は「ブラウンを50g、オキシ6%を50g、アルカリクリームを10g」なので、
比率で言うと「10対10対2」になり、地毛の仕上がり明度は8レベル。
同じように、「10対10対3」で地毛が10レベルまで上がることになります。


ただ気をつけなければいけないことが一つ。


ジアミンアレルギーは、強烈痒み、頭皮や顔が赤くなるなどですが、
もうひとつヘアカラートラブルで多いのが、頭皮が沁みる、ひりつくというもの。
こちらは、ジアミンアレルギーとは別に、オキシとアルカリが反応することで、
頭皮がトラブルを起こしていることです。


そのため、レプレカラーはノンジアミンなのでアレルギーは出ないけど、
オキシとアルカリを混ぜて地毛のリフトアップをすると、
お肌が敏感な方の中には、沁みるという声もあるということです。


せっかく、ジアミンアレルギーの方に安心してお使いいただくための体験なので、
まずは、安心して白髪染めが出来ることを確かめてくださいね。
いきなり「10対10対3」で染めて「頭皮が沁みる!」となっては、
本来の目的も果たせなくなってしまいますので(笑)


また、お試しの結果はブログやFacebook、メッセンジャーなどで、
私までお知らせいただけると嬉しいです。


よろしくお願いします♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示