ブログ ノンジアミンのレプレカラーによる白髪のおしゃれ染めとファッションカラーを体験 理容よもやま話
当社の営業さんは自分を入れて全部で5人。
今まで、商品特徴や使い方については私から説明してあったけど、
今回は、レプレカラーを開発された美容師さんにお願いして、
レプレカラーの体験勉強会を開いていただきました。


今回のテーマは白髪のおしゃれ染めとファッションカラーのリタッチ。
まずは白髪のモデルさんです。


20160116_1.jpg


20160116_2.jpg


白髪はサイドの刈上げ部分と、前髪の生え際に集中した白髪スポットがあり、
普通に染めるのならば、色味はダークブラウンかブラウンが合いそうな感じ。
ただ、今回の体験会では、ブラウンをお求めになったサロンから、
「ブラウンが思っていたより暗かった」というお声があったからと、
あえて白髪染めでは一番明るい「ライトブラウン」に挑戦!


20160116_3.jpg


使用するヘアカラーの準備です。
まずは、レプレカラー(ライトブラウン)にアルカリクリームのクリームA20を、
10対1の割合、例えば、レプレカラーが50g使用する場合には、
アルカリクリームは5gという配合でしっかりと混ぜます



塩基性カラーには、アルカリ側に傾むけてカラーリングした方が、
染まりやすく、色持ちも長くなるという特徴があるので、
レプレカラーにアルカリクリームのクリームA20を加えます。
これが10対1の法則になります。


白髪染めをするときのポイントは、ドライヘアに塗布すること、
ヘアカラーは、たっぷりと白髪に貯める感じで乗せること、
そして、30分間の放置タイムを守ること。


20160116_4.jpg


レプレカラーは温熱との相性が良いので、電熱線入りのキャップや、
赤外線促進器、また、ドライヤーで加温するなどをすると、
染まりが良くなり、特に2週間後、3週間後の色持ちに違いが出るそうです。


20160116_5.jpg


はい、こちらが染め上がりです。
今回は、あえて8レベルのライトブラウンを選んでいるので、
他の部分に比べて、明るく染まっていますね!
白髪に入ればこうした色になりますが、黒い毛に入った部分は黒いままなので、
それが、全体としてみた時に「ブラウンで黒かった」というお声だったのかも。


20160116_6.jpg


20160116_7.jpg


続いてこちらのモデルでは、ノンジアミンヘアカラーを使いながら、
地毛のライトアップも同時に行うという応用編を勉強することに。


ベースは3ヶ月前にアッシュ系カラーを入れたのが最後のヘアカラー。
根元から3cmの新生毛、毛先は9~10レベルに退色しているという社員。


20160116_8.jpg


使用したのは、レプレカラー(バイオレット)とオキシクリーム6%、
そしてアルカリクリームとなるクリームA20で比率は10対10対3



今回使うのは、10対10対2の法則
これはレプレカラー、オキシ6%、クリームA20を混ぜた時の比率で、
レプレカラーの希望色を使って、8レベルまでリフトするカラー剤になります。
これを基準にして、クリームA20を「1」に変えると6レベルになり、
「3」に変えると10レベルのヘアカラーになります。
今回は、モデルさんが既染部をあまり暗くしたくないという希望なので、
10レベルにする10対10対3でカラー剤を作ります。


これにより、頭皮がかぶれやすい人やアレルギーを持っている方でも、
地毛のリフトアップも可能な、ノンジアミンカラーとしてお勧め出来るんですね!


まずは新生毛にカラーを塗布して、塗り始めから10分経ったところで、
既染部にカラー剤を載せ伸ばしていく。


20160116_9.jpg


仕上がりはアッシュブラウンなんだけど、トリートメントもしていないのに、
とにかくサラサラの手触りとキラキラとした艶感の良さ!
オシャレな営業さんの出来上がり(笑)


20160116_10.jpg


20160116_11.jpg


ノンジアミンでかぶれやすい方、アレルギーをお持ちの方にも安心・安全に使える、
新しい白髪染めのおしゃれ染めとしてお使いになれるのはもちろんのこと、
新生部の黒い毛をしっかりリフトアップしながら行うファッションカラーも、
ノンジアミンで出来る時代になったんですね♪


20160116_12.jpg


現在、カラートリートメント市場は、急速な高まりを見せています。
一般市場では、今でのアルカリ酸化染料ヘアカラーからトリートメントカラーへの移行が進み、
売り場面積で言えば、酸化染料とカラートリートメントが半分半分を占めるほどまでに!


ところが、サロンメニューとしてのカラートリートメント剤は、定着していないのが現状です。
酸化染料ヘアカラーまでは行かなくても、かぶれる方、アレルギーをお持ちの方にも安心し、
そして、繰り返しのヘアカラーでも髪の痛みを気にすることなく染められ、
ご来店のお客様に満足していただけるカラーメニューとして開発されてきたのが、
カラートリートメントをベースにした、今回のレプレカラーです。


また、品質を高めるために、一つ一つの成分にも気を配り、
香り一つでも精油のラベンダーを使用するなど、オーガニック素材にこだわり、
オーガニックカラーとしてのご提供も可能となっています。
ぜひ、あなたのサロンでも、新しいメニューとしてお役立てくださいね!


まずは、基本の白髪染めから初めて、応用編まで取り組んでみてください!
最初の基本セットとしては、こちらの内容がオススメです♪


20160116_13.jpg


レプレカラー(ダークブラウン) 1リットル 6,500円
レプレカラー(ブラウン) 1リットル 6,500円
クリームA20 1リットル 6,000円
ACクリーム 1リットル 6,000円
-----------------------------------
合計金額 25,000円(税別)



また、最初からファッションカラーも含めて導入したいという方は、
こちらの全10色からお選び頂くことが出来ます。


20160116_14.jpg


20160116_15.jpg


なお、導入キットのお求め、ご相談、問い合わせは、
Facebookメッセンジャー、LINE@トーク、または、ブログのサイドバーにある、
メールフォームよりご連絡ください。


当社が訪問していない地域や遠方のサロン様につきましては、
北海道、沖縄、離島など一部地域は覗いて送料はサービスさせていただき、
宅配業者に代金をお支払いをいただく商品代引きにて発送を承ります。


よろしくお願いします♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示