ブログ 時間がないでしょ?って言われるけど、趣味の一つが読書なんです♪ 理容よもやま話
忙しくて時間が無さそうに見えるのか、
「読書が好きです!」って言うと、意外な顔をされる方が多いんですよね(笑)


いつ、どこで読んでいるかというと、一つは電車やパスなどの移動時間で、
もう一つが毎日のお風呂タイム。お風呂はシャッターフタと呼ばれている、
端からクルクルと巻いていくタイプのものを使っているので、
これを途中まで巻いて、その上にタオルと本を置いて読んでいるんです。
だから、買ってくる本の殆どが、傷んでも気にならないに中古本にしてます(笑)


20160102_1.jpg


先日もそんな本で、「あっ、これはお顔そりの仕事にも通じるな!」と思ったのが、
こんな一節でした。


伸吾は、父のことを尊敬していた。重機を扱うメーカーの技術者だった恵介は、
「科学を制するものは世界を制す」を口癖にしていた。

オリンピックが良い例だ。ただ身体を鍛えるだけでは勝てない。
健康管理にトレーニング、テクニック、戦術、道具、スパイク、水着…
スポーツ科学を極めた者にしか勝利は与えられない。

根性論や精神論なんてナンセンスだ。
いや、精神さえも突き詰めれば脳科学の話だ。
逆に言えば、科学を味方につけたものは、無敵だ。どんな夢さえも叶う。


自分が日頃考えていることをこの言葉で表してみたら、こんな感じかも?


ただ技術レベルを上げるだけでは、お顔そりビジネスは成功しない。
皮膚構造を理解して、皮膚の勉強をし、お肌を傷めないお顔そりテクニックの習得、
技術が自己流にならないようにするための練習会や講習会への出席。

さらには、お顔そり専用化粧品を始めとして、
女性お顔そり専用に使うタオルやカミソリ、まゆハサミなどの準備。

こうして作り出したお顔そりの価値を、あらゆる媒体を使って発信し、
そして、ご来店いただくお客様に忘れられないよう、関係性を維持すること。
こうして、お顔そりを極めたものにしかビジネスの成功は与えられない。


なんてね(笑)


つまり、技術、化粧品、道具、お顔そりの持つ価値の発信、
そして、あなたやあなたのお店を気に入ってくださるお客様との、
あの人に任せておけば安心という、ゆるい関係性を維持することで、
お顔そりビジネスは、成功に近づいていくのではないかな?って思っています。


お顔そりのお客様を増やしたいと思っているのに、
自分の思うようにはお客様が増えていかないという方は、
足りていないものがないかを、ぜひ見つめなおしてみてくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示