ブログ 新しい白髪染めを、自分の髪で3ヶ月使ってみて感じたこと 理容よもやま話
ノンジアミンなので、ジアミンアレルギーの方にも安心してお使いいただけ、
更には、頻繁に繰り返し染めてもダメージがあまり気にならない、
まったく新しいタイプのヘアカラーが、HC染料+塩基性染料のレプレカラー。


正式取扱いを始めるまでに3ヶ月ほど自分で試してきたので、
そこからユーザーとして感じたことをお知らせしますね!
その前に、この商材に出会うまでの経緯をご紹介しておきましょう!


自分は若い時からの白髪持ちで、白髪染めを始めたのは20代半ばから。
髪の毛は細くて柔らかいので、ヘアカラーのダメージにも弱い。
なるべくなら、痛みを抑えたいので、白髪染めの間隔を空けて行きたいけど、
年齢とともに、白髪率が高くなり、どんどん目立ちやすくなってきていたんですね。


今の状態では、白髪率は全体の30~40%。
白髪染めをまったくしないでいると、ゴマ塩頭に見えるという感じ(笑)


だから、白髪染めをするというのは、当たり前になっていて、
カットすると白髪が目立つから、カットをするたびに白髪染めするを繰り返していて、
だいたい、45日に1回くらいのペースでカットと白髪染めをしていたかな?


だから、自分自身も白髪染めにはすごく興味を持っていて、
色々なメーカーのヘアカラーであったり、カラートリートメントなど、
とにかく試せるものは、何でも試してきました。


その一方で、お顔そり美容法で理容室にご来店されるお客様というと、
50代以上が圧倒的に多く、特に60代から70代以上の方がかなり多い。
こうしたお客様のお声を聞いていると、よく話に出てくるのが、
「あなたのお店で、お顔そりのついでに白髪染めをしてくれないの?」という話。


詳しく聞いてみると、美容室でカットやパーマ、白髪染めをしているけど、
カットやパーマは数ヶ月に一度で済むのに、白髪は3週間ほどで目立ってしまう。
だから、ドラッグストアで市販品を買って、合間にも染めているというんですね!
ただ、自分で染めるのは、やっぱり面倒だというお声が多いんです。


そこで考えていたのが、お顔そりタイムを利用しての白髪染め。


ただ、一般的なジアミンを使った酸化染料剤を髪に塗ったまま、
寝かせてお顔そりをするというのは、ちょっと怖いというイメージがあるし、
かと言って、ノンジアミンのマニキュアなら安心とは思っても、
マニキュアを付けたまま寝かせてしまうと、マニキュアが地肌に付いて取れなくなる。


また、一部のサロンで導入しているような、天然100%のヘナでのカラーリングは、
植物成分で安心・安全なので、お顔そりタイムにも出来るのがメリットだけど、
放置時間が30分程度では、満足な色味が入りにくいというデメリットもあります。
そのため、時間を延長して放置タイムとしたり、
ヘナを塗ったままお帰りいただくという、お客様もいらっしゃるそうです。


そこで探していたのが、ジアミンを使わない安心・安全なヘアカラーでありながら、
それでいて、放置時間が30分程度でも、しっかりと白髪染めが出来るヘアカラー。
そして、地肌についても、簡単に落とすことが出来る便利性。


そんな時に出会ったのが、今回ご紹介するレプレカラーなんですね!
レプレカラーはカラートリートメントに近い成分で作られながらも、
1回で、しっかりと白髪染めが出来ることを目的に開発されたヘアカラーで、
その染まり具合は、カラートリートメントよりも白髪染めに近い仕上がり感。


それでは、今回のテストデータです。
レプレカラー(ダークブラウン)50gをヘアカラーカップに取り出し、
そこに、pHがアルカリ側の方が染まりやすくなるという特徴を活かして、
クリームA20というアルカリクリームを10%の5g加えてミックスし、
髪の根元を中心にしっかりと塗布していきます。


温度は30度を超えると発色が早くなるのですが、
家には赤外線促進器やスチームミスト発生器などは無いので、
お風呂場で30分ほど自然放置しておきました。


その後、シャワーのお湯で色が出なくなるまでしっかりとすすぎ、
続いて、シャンプーを2回した後、アルカリに傾いている頭皮と髪に対して、
ACクリームという、アルカリを弱酸性に戻す働きのあるバッファークリームを
トリートメントのように摺りこんで、1~2分置いて、洗い流しました。


まずは、染めてから11日めの状態です。
今までのカラートリートメントでも、1週間以上色持ちをするものもあったので、
それとの比較の意味で、このタイミングで写真を撮ってみました。


20151227_1.jpg


今までのヘアカラーと比べると、ダメージが少ないからなのか、
艶感がしっかり出ていて、髪にハリ・コシを感じます。


続いて、そこから1週間が過ぎた18日め。
色持ちするカラートリートメントでも、ここまで色持ちすることは無いので、
それと比較してみました。根元から新しい白髪は出てきていますが、
染まった部分は、それほど極端な色抜けは感じません。
でも、少しだけ薄くなってきているのかな?


20151227_2.jpg


そして、そこから1週間が過ぎた25日めになります。
全体に少しずつ色は抜けているのかも知れないけど、白髪が浮くという感覚はなく、
人と話す時の1mくらいの距離では、白髪はまったく見えません。
もちろん、髪の毛をめくって見れば、根元から白髪が7~8mmあるけど、
そこまでして覗きこむ人は理容師さんくらいなので(笑)


20151227_3.jpg


ここから想像出来るのは、お顔そり美容法と馴染みが良いのではないか?ということ。
お顔そり美容法では、お顔そりはただのうぶ毛剃りではなくて、
加齢により溜まりやすくなる老化角質を優しく丁寧に取り除くことで、
お肌の若返りを手助けする美容法なので、
うぶ毛が気になったり、まゆの形が決まりにくくなったから来店するのではなく、
お肌のターンオーバーに合わせた、28日ごとのご来店をお勧めしています。


ということは、この期間であれば、お顔そりと白髪染めを同じ日に施術することで、
いつも、キレイなお肌と髪色でいられるということです。


このカラーをするために必要なのは、レプレカラー4色からのご希望色と、
アルカリクリームのクリームA20、バッファークリームのACクリームの3種類。
色は、下記の4色が選べますが、オススメとしては、
女性にはダークブラウン、ブラウン、ライトブラウンで、
男性には、ブラックとダークブラウンになるかな?という感じです。


20151227_4.jpg


なお、ぜひお使いいただきたいのは、
ジアミンアレルギーがあり、白髪染めにはご苦労をされているという方や、
また、ちょっとでも白髪が出てくると気になるので、
なるべく頻繁に染めたいけど、でも、髪のダメージも気になるという方。
そして、お顔そりに白髪染めのオプションメニューを加えたい方、
また、新しいヘアカラーを使って、オリジナルメニューを加えたい方です。
まずは、その仕上がり具合を、ぜひご自分の目で実感してみてくださいね♪


レプレカラーにつきましては、こちらの記事で詳しくご紹介しています♪


次世代のヘアカラー「レプレカラー」のご紹介



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
レプレカラー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示