ブログ 女性理容師さんがお顔そりを頑張るには、ご主人の協力がとっても大事です 理容よもやま話
お顔そりビジネスが、理容室の大きなメニューとして定着してきて、
サロンの中でも、女性お顔そりが大きな売上を占めるようになってきました。


中には、売上の半分は女性お顔そりというご夫婦サロンもありますよね!
さすがに、ここまで売上が大きくなってくると、
奥様は、ご主人のアシスタント的なお仕事ばかりはできなくなるので、
自然と、ご主人が、洗い物、片付け物など、お手伝いをされることが増えてきます。


ところが、ここまで来るには大変な苦労があるんです(笑)
私のところには「お顔そり美容法を始めたいんです」というご相談が多いけど、
そんな中でも目立つのが、「ご主人や両親が協力してくれない」というお話。


お顔そり美容法で考えているお顔そりビジネスは、
ご夫婦サロンの中で、現在はあまり使われていない理容椅子1台を、
奥さんが経営者となり、月に100万円の売上を目指していこうと言う、
そんな考え方で始めていくものであるけれど、お顔そり美容法を始めるためには、
化粧品やタオル、関連の道具などの先行投資をすることが必要になります。


そのことをご主人や両親に相談をすると、
「そんな話は都会だけでしょ?顔そりなんて月に5~6人しか来ないよ!」とか、
「そんなに何万も先行投資しても、元が取れないよ!」なんて言われて、
せっかく奥さんが頑張りたいと思っているのに、話が進まないことも多いのです。


そこをなんとか説得して、ようやくお顔そりビジネスを始めても、
お客様も気持ち良さそうに顔そりをされていると言うのに、
カーテンを開けて「あと、何分で終わる?」と、
あからさまにお客様にも聞こえるような声で聞いてくる(汗)


新規客だから、カウンセリングタイムを長めに取って施術したら、
「1時間15分もかけて3,500円なの?とさりげなく嫌味を言われ、
土曜日にお顔そりの予約を問い合わせてくる電話でお客様と話をしていたら、
「その時間に男性客が来たら、店が廻らないよ?」と小声で圧力をかける(爆)


これ、不思議ですよね?
だって、奥様は自分も頑張って売上を伸ばしていきたいと考え、
お顔そりの売上が伸びれば、お店全体の売上も伸びていくことになるし、
お店全体の売上が伸びれば、生活も豊かになっていくじゃないですか?
それなのに、なぜか、奥様が頑張らなくて良い方向に話を持って行ってしまう。


お顔そりビジネスで売上を伸ばしたサロンの中には、
今年1年間で、売上が240万円も伸びたので、家族と双方の両親を連れて、
海外旅行に出かけたという例もあったし、
お顔そりでご来店いただく女性客が、お顔そりだけでなくリンパマッサージや、
ヘットスパ、カラーリングなどのメニューも買われることで、
女性客の売上が月に50万円を超えているご夫婦サロンだってあるんです。


だから、奥さんがお顔そりビジネスで頑張りたい!と言っているいるなら、
ご主人には、ぜひ奥様を応援してあげて欲しいな~♪


もちろん、今ご紹介したようなサロンでも、
ご主人が最初から協力的だったわけではないんです。
でも、お顔そり売上が少しずつ伸びてくることで、少しずつ変わって来たんです。
その境目は、月に10万円くらいの売り上げから。


ご夫婦サロンで年間売上1,000万を超えるというと、全体では忙しい方のお店になります。
その中で、月に10万円、年間120万円の売上となると、10%以上の伸び率。
ほとんどのサービス業が、売上が横ばい、または下がっている中にあって、
前年比で10%以上の伸び率というのは、とんでもない実績なんです。


この数字に気づいたダンナの態度が変わります。
「洗い物は俺がやっておくよ」、「子どもたちの夕飯は俺が見ておくから」、
「講習に行くの?懇親会?うん、いいよ♪」。


でもね!月間売上10万円までに行く前に、
ご主人からの協力が得られず、心が折れてしまう女性理容師さんも多いんです。
ご主人には、良き協力者として、奥様をバックアップして欲しいな!


そして、講習や、シェービングアカデミー、勉強会、懇親会に、
笑顔で送り出してあげてください。


20151222_1.jpg


20151222_2.jpg


20151222_3.jpg


20151222_4.jpg


20151222_5.jpg


20151222_6.jpg


そうすれば、来年は、月に20万円と言わず、
30万円も50万円、そしていつかは100万円を頑張ってくれますよ(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示