ブログ 美容皮膚科医が教えるスキンケアセミナーに顔出ししました 理容よもやま話
発表から数日で、200名の定員が埋まってしまったという、
大人気セミナーを見に行ってきました。
会場で目につくのは女性理容師さんの姿!男性は200人中、10人くらい?(笑)


20151208_1.jpg


本日の講師は、皮膚科、美容皮膚科専門の赤須医院を経営される赤須玲子先生。
2009年には「赤ちゃん肌に変わる顔そりスキンケア」という書籍も出版され、
お顔そり女子にはお役立ちの本の定番ともなっていますね!


20151208_0.jpg


さらには、顔そりに関することでは、雑誌からの取材も多く受けられて、
特に今年に入ってからは、顔そりに関する取材が急増していて、
お顔そりブームが来ていることを実感しているのだとか!


そんなエピソードを交えながら、セミナーがスタートです。


まずは顔そりのメカニズムから。


20151208_2.jpg


1、毛がとれる
2、角質がとれる
3、ウイルス、微生物を排除する
4、皮脂がとれる
5、角栓がとれる
6、埃、汗、化粧品の汚れがとれる



お顔そりは毛だけがなくなるのではなく、
お顔そりをすることで、それ以上に多くのメカニズムがあることを紹介していく。


20151208_4.jpg


その中には、ニキビダニの話なんかもあったりしたけど、
自主規制で、画像は小さめにしておきます(笑)


20151208_5.jpg


続いては、お顔そりのメリット。


20151208_6.jpg


1、ニキビができにくくなる
2、くすみが取れて肌に透明感が出る
3、メイクののりが良くなる
4、肌がスベスベになる



20151208_7.jpg


5、化粧水の浸透が良くなる
6、アブラの臭いが減る
7、てかりやメイクくずれがなくなる
8、メイクのむらがなくなる
9、肌荒れしにくくなる
10、毛穴が小さくなる



そんな中でも、あれっ?これはメニューにできるかな?と思ったのが、
中高生の思春期ニキビへのアプローチ。


20151208_8.jpg


思春期ニキビは、お顔を剃るだけ改善する!と美容皮膚科医が言っているので、
これを上手に伝えてみたらいかがでしょう?
母親は「まめに顔を洗いなさい!」という言うけれど、
それ以上に大切なのが、顔の毛を剃ることだと言っているんですね!


20151208_9.jpg


20151208_10.jpg


20151208_11.jpg


20151208_12.jpg


もちろん、他のメリットも分かりやすく紹介があって、
こうしたことを頭に入れ、お客様からの質問にもお答えできるようになると、
お顔そりのプロとして、信頼感もアップしますね♪


20151208_13.jpg


20151208_14.jpg


ただ、良いことずくめのお顔そりでも、正しいお顔そりでないと、
かえってお肌を痛めてしまうので注意点の紹介もありましたね。


1、深く剃らない
2、清潔にする
3、保湿する
4、紫外線に注意
5、こんな皮膚病には注意



20151208_16.jpg


その他、よく聞かれるお顔そりの疑問点も役立ちそうでしたよ。


Q.お顔そりをすると、皮膚は薄くならないの?
A.皮膚は新陳代謝を繰り返しているので薄くなることはない。

Q.ケミカルピーリングは良いの?
A.皮膚の新陳代謝を高める有効な治療方法です。

Q.お顔そりをすると、肌の薄い人でも大丈夫?
A.大丈夫です。

Q.お顔そりをすると、日焼けしやすくなるの?
A.お顔そり直後の1~2日はしやすくなるので、日焼け止めを使ってください。

Q.お顔そりをすると、シミができやすくなりませんか?
A.そんなことはありません。

Q.お顔そりをすると、毛は濃くなりませんか?
A.月に1回程度ならば問題ありません。
毛の断面がはっきり見えるので、そう感じるだけです。



などなど、60分のセミナーはあっという間に過ぎてしまう中身の濃さ。
これは、女性理容師さんにはお役立ちのセミナーでしたね!


なお「関西でも開かれませんか?」というお問い合わせもいただき、
主催元のニチリでも先生にお願いをしているそうです。
まだ正確なお話は決まっていないそうですが、
また、進展があったら、こちらでもお伝えするようにしますね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示