ブログ 月刊ニュースレターの大和通信が第400号に! 理容よもやま話
12月は、請求書の締めが通常の20日よりも5日ほど早い12月15日になるので、
今回のニュースレターの原稿入稿は今日が〆切なんです。
こんな感じで、Microsoft Publisherで作った大和通信の完成原稿を、
pdfファイルで作成して、ウェブから入稿。


20151204_1.jpg


これで1週間後には、キレイに印刷されたニュースレターが印刷されてくるので、
ホントに便利な時代になったものです。


ところで月刊で400号って分かります?
1年間で12号だから、400号を発行するのに33年4ヶ月がかかる計算です。


20151204_2.jpg


大和通信は、お取引先に毎月請求書をお届けするときに添えるニュースレターで、
もともとは、サロンがお忙しいなどゆっくりとお話できないこともあるので、
新製品や講習会情報を簡単にまとめて、ミニ情報誌として作られたものなんです。


これは初代の大和理器社長である父が始めたことで、
その頃は、一般の人が手軽にワープロを買える時代でもなかったから、
雑誌であったり、パンフレットを切り貼りして作っていたみたい(笑)


その後、ワープロで原稿を作れるようになって誌面が変わり、
更には、Microsoft PublisherやIllustratorなどを使うことで、
専門の印刷屋さんでなくても、版下が作れるようにになったり、
ネットプリント会社へ完成原稿を送信することで、
フルカラーの印刷物が、今までの数十分の一の価格で作れるようになったりと、
時代はどんどん進化して来たし、これからもまた変わって行くでしょう。


理美容サロンでもニュースレターを発行することで、
既存客の固定化に繋がることから、随分と増えては来ていますが、
それでも、ニュースレターは大変なので、続けられない方も多いかな?(笑)


当社の場合は、ブログ記事の蓄積もあることから、
ニュースレターの発行準備時期になると、ここ1ヶ月のブログ記事を見直し、
その中から、いくつかをピックアップして誌面の表面を作り、
裏面は、新製品記事の担当者が、おすすめ商品の記事をまとめている分業体制。


情報発信というと、ブログやFacebook、Twitterなどデジタルイメージがあるけど、
ニュースレターのようなアナログツールも実は大切なんです。
そして、続けることが一番大切です。


また、「Microsoft PublisherやIllustratorなんか使えない!」という方は、
一般的なワープロソフトのMiceosoft Wordでも構わないし、
それよりも、本当は手書きが一番なので、手書きで挑戦するのもおすすめです♪


サロンからの情報発信は、
店頭ののぼり旗、ポスター、A型看板、持ち帰りチラシと合わせ、
既存客に手渡し、または郵送する、ニュースレターにもチャレンジしてくださいね!


作り方がわからないとか、作ってみたけど、これで大丈夫?かなと不安な方は、
お作りになったニュースレターの表面と裏面をスマホで写真に撮って、
FacebookメッセージやLINEトークなどで、私に送ってくださいね!
気づいたことをアドバイスさせていただきます♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示