ブログ この2種類のパックハケはどう違うのかを調べてみた 理容よもやま話
お顔そり美容法では、お顔そりを終えたお客様全員にパックをするけど、
これは、美白効果とか美容成分といった効果を求めるものではなくて、
お肌にカミソリを当てたことで活性化したお肌細胞を、鎮静させるためのもの。


パック剤をお顔に塗るために大切な道具がこんな感じのパックハケ。
実は、当社でおすすめしているのは、下の黒い柄のものなんです!


20151124_1.jpg


お肌の鎮静には、F22コンディショニングパックをチューブから取り出し、
精製水を少し混ぜて伸びやすくしたものをハケで塗っていくのですが、
この時に、パックハケに使われている毛の種類によっては、
毛自身がパックを吸ってしまい、お肌に塗りにくくなるものであったり、
お顔に毛が残ったりするものがあったりします!


その点、こちらの黒い柄のハケはパック剤をほとんど吸わないんですよね♪
ところが、見た目だけで言うと、上の白い柄のパックハケの方が可愛い(笑)


ということで、こちらも試してみました!
こちらのパックハケはパウダー用になっているけど、見た目はそれほど違わない。


20151124_12


よく見ると、毛の色が違うのと、長さが3mmほど短いか?
毛の素材はどちらも「山羊毛」と書いてあるけど、肌触りがちょっと違う。


白い柄の毛は色がかなり白く、毛の長さも3mmほど短い感じだけど、
試しに、両方のハケを手に当ててみると、白い柄の方がずっと柔らかい。
それなら、お顔そり直後のお肌は超敏感肌になっているから、
そこで使うなら、毛が柔らかい方が良いのかな?と思いながらも、
製造元に毛の違いを問い合わせてみました。


白い方はパウダーパック用になっていて、山羊の毛の中でも柔らかい部分を使い、
肌触りを良くしてあるのに対して、黒い方はオイルタイプパック用になっていて、
毛にハリがあり、表面もやや硬さがあるので、パック剤を吸収しないのだとか!


ということで、白い柄の方が可愛いとは思いつつも、
F22コンディショニングパックとの組み合わせなら、黒い柄の方がオススメかな?
ただ、人それぞれの感触もあるだろうから、気になる方は両方お試しくださいね♪


なお、山羊と書いて「やぎ」と読み、「やまひつじ」ではありません(汗)
また、こちらの熊野筆シェービングブラシを手にとって、
「熊の毛にしては柔らかいね♪」と言った女性理容師さんがいたけど、
これも山羊の毛であって、熊の毛ではありません(爆)


20151124_3.jpg


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示