ブログ 祝日の月曜日なのに、朝からタオルスチーマートラブル! 理容よもやま話
祝日の月曜日ということで、久しぶりにセミナーや会議も入っていない1日。
用事といえば、午後にちょっと建物の検査立会があるだけなので朝はゆっくり。
そんなところに、お取引先からFacebookメッセージが着信!


おはようございます。朝早くからすみません。
今日○○○製品の修理は可能ですか?
スチーマーのカルキ取りを昨夜から今朝にかけてやったら、
偶然かもしれませんが、多分ヒーターが破れているようなんです。



今のタオルスチーマーは電気ヒーターでお湯を沸かすものが多く、
お湯を貯めるタンクの中に電気ヒーターが通っていて、
そこに通電することでヒーターが高温になり、お湯が湧くという原理。
そのかわり、1年中水の中にヒーターが浸かっているので、
水道水に入っているカルキが付着してしまうのです。


20151123_3.jpg


もちろん、このように付着したカルキを分解するクリーナーも販売されていて、
毎年、今頃の季節になると「タオルスチーマーの大掃除をしてくださいね!」と、
お声掛けをしながら、メガチェンジという商品をお勧めしています。


20151123_2.jpg


水アカや湯アカが付着してヒーターを包み込んでしまうと、
熱効率が低下して、タオルが蒸しあがるのに時間がかかるようになったり、
何年も掃除をしないでいると、カルキがヒーターを完全に包み込んでしまい、
ヒーター故障の原因にもなったりする。


そこで、年に1回で良いので、メガストップで大掃除!
始めに、タオルスチーマー電源を切り、本体のお湯をすべて捨てます。
続いて、メガチェンジ(500ml)を5~10倍に希釈し、お水の代わりに入れます。
何倍に薄めるかは、ヒーターの汚れ具合にもよりますが、
石灰化したように白く固まっている場合は、3~5倍くらいがお勧めかな?


続いて、タオルスチーマーの電源を入れ、80度以上まで加温し、
温度が十分に上がったところでスイッチを切り、そのまま漬け置きをします。
この時間は最低でも1時間以上、汚れがひどい場合は数時間とちょっと長めに。


十分に冷えたところで、タオルスチーマー内部のメガチェンジを捨てます。
この時には、カラン(蛇口)から流すのではなく、スチーマーを流し場に持って行き、
本体を逆さまにして捨てるのがポイントですよ!
お湯取り用のカランから流すと、剥がれた汚れが狭い排水口に流れ込み、
カランを詰まらせてしまうことがあるので要注意。


この状態で汚れが残っているようなら、柔らかいスポンジでこすってください。
取れないからと、ドライバーなどでガシガシするのはダメですよ~
あとは、スチーマー内部をお水で十分にすすいで汚れを取ってください。
これは3回くらい、お水を入れ替えた方が良いかも。


話を戻して、先ほどのお客様の場合、話を詳しく聞いてみると、
10年近く使っていたタオルスチーマーだけど、
メガチェンジで本格的なカルキ取り掃除をしたことがないらしい。


確かに何年お使いになったタオルスチーマーでも、効果はあります。
完全に石灰化したものでも、メガチェンジの濃度を濃くしてみたり、
1回でなく、数回繰り返すことでキレイに落とすこともできます。


20151123_4.jpg


ただ、この時に心配なのがヒータートラブル。
一番心配なのが、電気ヒーターの周りをカルキが完全に覆い切ってしまい、
ヒーターと水が触れ合えない状態になっているケース。


こうなると、ヒーターは高温になっているのに水に触れていないから、
空焚きという状態に近くなっているんですね!
すると、ヒーターの一部が破損したり穴が空いたりするんです。
ところが、カルキが完全に固まっていると、外から見ても分からない。


こんな状態にまでなっている時に、メガチェンジで大掃除をすると、
カルキがすべて取れた時に、ヒーターの破れや穴あきというトラブルに気づくんです。
なるべくなら、メガチェンジでの大掃除は1年に一度くらいは行ってくださいね!
ちなみにメガチェンジは500ml入で税別2,800円です。
一年に1回でこの値段なら、タダみたいなものだしね(笑)


今日のところは祭日でもあり、メーカーの修理も新品購入も出来ないので、
まずは明日からのお仕事に差し支えないようにと思って会社に行き、
倉庫から貸出用タオルスチーマーを出してきて、お客様にお渡し出来るように。


20151123_1.jpg


小さいサイズのものしか貸出用がないので、ご不便をおかけしますが、
理容まつりも来週にはあるので、お得な買い物でもしてもらえればいいな(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示